教育目標

豊かに学び合い,自立的・創造的に,たくましく生き抜く子どもの育成


1.校 訓  
長所に学べ

2.めざす学校像

   〇「自信・希望・誇り」の持てる学校
   〇あいさつ・歌声・笑顔があふれる学校  


3.めざす児童像

   〇「礼儀・規律・思いやり」のある児童
   〇発達段階に応じて、自ら学び・考え・行動できる自立した児童

      
4.めざす教師像
  
   〇「敬意・誠意・熱意」のある教師
   〇人として、子どもたちの見本になれる教師
         

 

本年度重点目標と努力点


安心・安全な学校を創る

 〇一人一人の個性を生かし大切にするとともに、自他の生命の尊  
  厳を理解させる。
 〇いじめ・不登校・体罰のない学校づくりを推進する。
 〇地域の関係機関と連携し、安全な登下校と確保するとともに
  環境整備に努める。
 
「礼儀・規律・思いやり」のある子どもを育成する
 〇礼儀=リスペクトを持った対応ができる子どもを育てる。
 〇規律=「時・場所・場合」にふさわしい言動のとれる子どもを 
  育てる。
 〇思いやり=友達を理解し、優しさと思いやりのある行動がとれ
  る子どもを育てる。 


自ら学び・考え、ともに高め合える集団を育成する
 〇基礎学力の徹底、学習習慣の定着、学習環境の整備を図り、学
  習意欲を喚起し学力向上を目指す。
 〇一人一人の学力やニーズに応じた指導を心がけ、確かな学力を
  身に付けさせる。
 〇個別指導と集団指導の両立を図り、学び合い高め合う集団の育
  成を目指す。
 〇音楽を通して表現し、伝え合うことの楽しさや繋がり合うこと
  の喜びを感じ、心響き合う集団活動の中で心情豊かな子どもの
  育成を目指す。

 


 

研究主題

「豊かにかかわり合い,考え,実践する子どもの育成」                  

主題設定の理由
 今日の各方面において急激に変動し続けている社会に対応した教育を推進するためには,社会の変化に主体的に対応でき,一人ひとりが個性や創造力を発揮して生き抜くことができる児童の育成が望まれる。
 本校の教育目標「豊かに学び合い,自立的・社会的・創造的に,たくましく生き抜く子どもの育成」には,校訓『長所に学べ』の精神を拠り所として,豊かな学びの中で確かな学力を身につけると共に,高度化した社会の中で自立的に,よりよくたくましく育ってほしいという願いが込められている。
 そこで,本年度は,社会の要請,地域・学校の実態をふまえ,これまでの研究成果を生かしつつ,教育目標のさらなる具現化をめざしたいと考え,本年度の研究目標を設定した。