教育目標

豊かに学び合い,自立的・創造的に,たくましく生き抜く子どもの育成


1.校 訓  
長所に学べ

2.めざす学校像

   ○楽しく温かい学校
   ○進んで高め合う学校
   ○明るく生き生きとした学校
 
 
  


3.めざす児童:羽ノ浦小学校『
羽小っ子

    りきって、さいごまでやりぬく子
   っかり考え、進んで書く子
   さに学び、みんなのために働く子
   んと鍛えて、記録を伸ばす子
   ころを磨き、仲良く助け合う子
   


4.めざす職員
 
     ○子どもと共に成長する教職員
   ○規律正しく、情熱と愛情を持って取り組む教職員
   ○自ら研修に励み、創意工夫して実践する教職員
 

         

 

本年度重点目標と努力点


安心・安全な学校を創る

 ○児童一人ひとりの個性を生かし大切にするとともに,自他の生命の尊       
 厳性を理解させる。

 ○命や安全を脅かす危険性とその対処の仕方について学び,児童に
 「自分の命は自分で守る」という基本的な姿勢を確立させる。

 ○「自警団はのうら」やスクールガード等,地域の関係諸機関との 
 連携を密にし,児童の安全な登下校を確保する。
 ○外部講師を招聘して不審者等に対応するための研修を実施し,全教
 職員が共通理解のもと一丸となって児童の命を守る。

元気で楽しい学校を創る
 ○児童一人ひとりに元気で楽しい学校生活を実現させるため,教職員と
 児童相互の温かい人間的なふれあいを大切にし,指導に生かす。
  ○心をつなぐ挨拶の励行を推進する。(さわやかに,いつでも,ど
 こでも,だれにでも)
  ○不登校・いじめ・体罰のない(居たくなる,行きたくなる)学校づくりを推
  進する。
 ○家庭,地域との連携を密にし,健全育成の協力体制を築く。

美しい学校を創る
  ○教職員が一致協力して教育環境を整備するとともに,教職員自らが率
  先して清掃活動を行う。
 

  ○「無言清掃」を合言葉として児童の心を磨く清掃活動を推進する。 
 
○月1回,施設・設備の安全点検を行うとともに,施設・設備の効果的な
  維持活用を図る。
 ○進んで人のため,周囲の環境のために働き,奉仕できる喜びを体得で 
  きるような教育活動を推進する。

 

確かな学力の定着を図る学校を創る
    ○TTや少人数指導等,児童一人ひとりの学力に応じた指導方法の工夫
  改善を絶えず模索し,実践する。

 ○基礎基本の学力と思考力,判断力,表現力等を活用する力を身に付
  けさせるためのカリキュラムを構築する。

 ○教師の指導力の向上を図るための校内研修や授業研究会を実施し,
  わかる授業を創造する。

 ○児童のニーズに応じた指導に努めたり,個別の支援計画を作成したり
  することで,特別支援教育のさらなる充実を図る。


生き生きとした学校を創る

 ○児童が共にに支え合い助け合う学級を実現させるための児童理解と
   教育相談を重視し,何でも話せる学級を築く。
 
 
○その場(TPO)に応じた望ましい行動様式や生活習慣の定着を図る。
  
  ○児童の言語に関する関心や理解を深め,言語環境を整え,児童の言
  語活動を充実させる。

 ○学級・学年王国の枠を取り払い,全教職員で全児童に関わりを持つと
  いう姿勢を貫き,互いの信頼関係をより強固なものとする。

保護者・地域から信頼される学校を創る
 ○保護者・地域の願いを知ったり学校の情報を公開したりすることで,地
  域によって支えられる学校,学校によって活性化する地域を目指す。
 ○学校評価活動に理解を求め,得られた情報を学校経営に適切に反映
  していく。
    ○「学校は地域の宝」「子どもは地域の宝」という認識に立ち,地域の中
  核として学校を組織する。

   ○地域に根ざした教材開発と人材活用を積極的に行い,総合的な学習
   や人権教育,キャリア教育に生かす。

 

研究主題

「豊かにかかわり合い,考え,実践する子どもの育成」                  

主題設定の理由
 今日の各方面において急激に変動し続けている社会に対応した教育を推進するためには,社会の変化に主体的に対応でき,一人ひとりが個性や創造力を発揮して生き抜くことができる児童の育成が望まれる。
 本校の教育目標「豊かに学び合い,自立的・社会的・創造的に,たくましく生き抜く子どもの育成」には,校訓『長所に学べ』の精神を拠り所として,豊かな学びの中で確かな学力を身につけると共に,高度化した社会の中で自立的に,よりよくたくましく育ってほしいという願いが込められている。
 そこで,本年度は,社会の要請,地域・学校の実態をふまえ,これまでの研究成果を生かしつつ,教育目標のさらなる具現化をめざしたいと考え,本年度の研究目標を設定した。