学校紹介

 本校は、上勝町内の伝統校、福原中学校と高鉾中学校が統合して平成11年4月に開校した、山間へき地の小規模校です。教科の学習や部活動以外にも「ふるさと学習」や「環境問題学習」等に積極的に取り組んでいます。
統合前の両中学校の輝かしい伝統の上に、更なる新しい伝統を築き上げたいと考えています。
 福原中学校・高鉾中学校につきましては、「学校の沿革」でご確認ください。
 

学校の沿革

福原中学校 
昭和22年 4月    福原中学校創立(生実小学校に併設)
昭和38年 3月    東戸越の新校舎に移転
昭和38年 5月    特別教室完成 落成式挙行
昭和42年 1月    校歌制定(森 儀一 作詞  山口 豊 作曲)
昭和47年10月    文部省指定 道徳教育研究発表公開
              「自主性を育てる道徳指導」
昭和51年 7月    社会体育館完成(学校併用)
昭和56年12月    第3回藍青賞受賞 「総合的教育活動」
昭和58年10月    第23回四国へき地・第31回県へき地教育研究大会 開催
              「ふるさとを愛し、ふるさとに貢献できる生徒の育成」
昭和63年 8月    全日中特活研究発表
              「郷土を愛し、郷土に貢献できる生徒の育成~上勝タイムの実践~」
平成6年~平成7年  男子ソフトボール部大活躍
              県新人大会 優勝(H6・11)県選手権大会  優勝(H7・5)
              県総体 優勝(H7・7) 四国総体出場(H7・8)
平成10年 3月    創立50周年記念誌 福中時代 発刊
平成10年 4月    環境学習プログラム事業 県指定
平成11年 3月    高鉾中学校と統合のため閉校
 
高鉾中学校 
昭和22年 4月    高鉾中学校創立(正木小学校に併設)
昭和22年10月    校歌・校章制定
昭和37年 3月    新校舎完成
昭和44年 5月    体育後援会結成
昭和52年10月    県中社会科教育研究大会 会場校
昭和57年 4月    文部省指定 勤労生産学習研究
昭和60年10月    県中理科教育研究大会 会場校
昭和61年 4月    文部省指定 道徳教育推進校
              「学校・家庭連携推進」
昭和62年 4月    旧傍示小学校跡に移転
平成
 元年10月    定住センターとの渡廊下新設
平成
 3年  4月    県教委指定 「たくましく生きる力を育てる推進事業」
平成 7年10月    第43回県へき地教育研究大会 開催
              「ふるさとの良さを理解し、ふるさとの未来を拓く生徒の育成」
平成 8年 8月    保護者 校庭に炭焼き窯設置
平成10年 3月    創立50周年記念誌 発刊
平成11年 3月    福原中学校と統合のため閉校
 
上勝中学校 
平成11年 4月    高鉾中学校跡にて開校 開校式
平成12年 8月    福原中学校跡に新校舎完成 落成式
平成13年11月    県統計教育研究大会 会場校
平成16年 5月    県ソフトボール選手権大会 準優勝
平成16年12月    紙リサイクルジュニア大賞 優秀賞受賞
平成17年 8月    第5回全日本中学生男女ソフトボール大会 第3位
平成18年 2月    学校版環境ISO認定
平成19年 3月    薪ストーブ設置
平成19年11月    県ソフトボール新人大会 優勝
平成21年 5月    第4回都道府県対抗全日本中学生ソフトボール大会 県選手権大会 第4位
平成22年 8月    体育館耐震工事完了
平成22年 9月    太陽光発電システム設置 
平成27年 7月
    多目的室エアコン設置
平成27年 8月   徳島県学校合奏コンクール 器楽合奏小編成部門 金賞
平成28年 8月   徳島県学校合奏コンクール 器楽合奏小編成部門 金賞
平成28年10月   徳島県中学校道徳教育研究大会 会場校
平成28年11月   第5回日本学校合奏コンクール全国大会 アンサンブル部門 銀賞
平成28年12月   土砂災害防止作文コンクール 徳島県知事賞
             第1回書道創作グランプリ グランプリ賞

 

校区の概要

 勝浦川の上流に位置し、県の中央やや南東部にある上勝町全域が校区である。東西19㎞、南北12㎞と広域であるとともに、標高は100mから1400mまであり、高度差が大きい。その中で、本校は町の中央部に位置し、標高は277mである。
 以前は林業やみかん栽培で栄えていたが、近年は椎茸やゆこうの栽培、あめごやますの養殖、彩りの栽培加工などに取り組んでいる。また近隣市町へ職場を求めている人も多い。
 住民は勤労を愛し、人情豊かであるとともに、学校教育にも協力的である。
 町当局は、「世界に誇れるまちづくり・わが町は子どもや孫への贈り物」をキャッチフレーズにし、豊かなふるさとづくりと後継者の育成に努めている。また、ゴミの34分別や上勝町ごみゼロ(ゼロ・ウェイスト)宣言など、環境問題に熱心に取り組んでいる。
 

校章