本校の学校経営

江原南小学校

1 教育目標

   一人ひとりの個性能力を伸ばし,人権を尊重し,自主創造的で,たくましい体力と意思力を持って,生涯にわたって自己実現を続け,社会に貢献できる人間性豊かな児童を育成する。

<念願する江南の子ども>
◇深く考え自ら学ぶ子ども
◇きまりを守り助け合う子ども
◇進んで働きやりぬく子ども
◇健康で明るい子ども
◇礼儀正しい子ども

(1) 学級経営・学年経営の充実に努める。
  ①明るく,楽しく,美しい学校の実現を目ざして,児童と教師が一体となって学年経営の充実に努める。
 ②全ての児童が学校生活を楽しめる好ましい校風の樹立に努め,教育目標の達成に努める。

(2) 学習指導の改善に努める。
 ①基礎的・基本的事項を身につけさせる指導法を改善し,学習効果の向上を図り,分かる授業の実践をする。
 ②物事をしっかり考え,創造する楽しさを味わうことのできる教育活動の充実を図る。
(3) 道徳教育の充実に努める。
 ①友だちや自分を取り巻く人と共に生きる生き方を常に考え,行動できる児童を育てる。
 ②豊かな体験を通して,内面的自覚の深化に努める。
(4) 生徒指導の充実に努める。 
 ①教師と児童との心のふれあいを密にし,信頼感にみちた生徒指導の推進を図る。
 ②心のこもったあいさつ運動を推進することにより,温かい人間関係の育成を図る。
 ③家庭・社会と協力して,いじめを許さない土壌づくりに努める。
(5) 学校の体育・保健・安全の充実を図る。
 ①健康の増進と体力の向上を図り,心身の調和的発達に努める。
 ②健康・安全の保持増進を図るとともに,明るく豊かで活力ある生活を営む能力や態度を育てるよう努める。
(6) 人権教育の徹底を図る。
 ①同和教育を人権教育の重要な柱として位置づけ,教育活動全体を通じて人権教育の徹底に努める。
 ②学習・生活について個に応じた支援と指導を徹底する。
 ③相互研修会を充実し,保護者への啓発に努める。
(7) 特別支援教育の充実に努める。
 ①交流学習の実践を通し,特別支援教育に対する保護者の正しい理解を深める。
 ②一人ひとりの個性を尊重し,能力,適性に応じた教育を推進する。
(8) 国際化・情報化教育を推進する。
 ①郷土やわが国の伝統や文化を尊重するとともに,国際理解・協力のための教育を推進する。
 ②情報化社会に対応できる児童を育成するとともに,情報手段を活用した教育の推進を図る。
(9) 環境,福祉,ボランティア教育を推進する。
 ①人と自然への共生をめざし,環境への責任ある行動が取れる態度の育成に努める。
 ②思いやりの心や共に生きる社会の実現をめざし,福祉の心を育てる教育の推進を図る。
 ③奉仕体験やボランティア活動へ自主的に参加し,行動する意欲を育てる。
(10) 家庭科教育の研究と教育活動の展開を図る。

3 指導計画作成にあたって配慮すべき事項
(1)学校生活全体を通して,言語に対する認識や関心を高め,言語環境を整え,児童の言語活動が適正に行われるように努める。
(2)各教科の指導にあたっては,経験的な活動を重視するとともに,児童の興味や関心を生かし, 自主的,自発的な学習が促されるよう工夫する。
(3)教師と児童相互の好ましい人間関係を育てると共に,児童理解を深め,生徒指導の充実を図る。
(4)各教科の指導にあたっては,学習内容が確実に身につけることができるよう児童の実態に応じ, 個に応じた指導の改善に努める。
(5)教師の特性を生かし,指導体制の工夫改善に努める。
(6)心身に障害のある児童などについては,児童の実態に即した適切な指導を行う。
(7)外国から帰国した児童などについては,学校生活への適応を図るとともに,外国における生活体験を生かす適切な指導を行う。
(8)視聴覚教材や教育機器などの教材・教具の適切な活用を図るとともに,学校図書館を計画的に利用し,その活用に努める。
(9)指導の過程や成果を評価し,指導の改善を行うとともに,学習意欲の向上に生かすよう努める。
(10)地域や学校の実態に応じ,家庭や地域社会との連携を深めるとともに,学校相互の連携や交流を図ることにも努める。基本的人権を尊重し、豊かな人間性を持ち確かな学力を身につけた、健康でたくましく生きる児童を育成する。

(1) 目指す児童像
① 深く考え自ら学ぶ子ども
② 決まりを守り 助け合う子ども
③ 進んではたらき やり抜く子ども
④ 健康で明るい子ども
⑤ 礼儀正しい子ども  

2 学校経営方針
(1) 伝統と校風・地域の実態をふまえ,教職員の共通理解のもと総意を結集して学校教育目標の達成に努める。
(2) 豊かな人間性の育成に努める。特に、生命を尊重する心、倫理観、正義感等を育成する。
(3) 知識や技能、さらに思考力・判断力・表現力などを伴う確かな学力を育成する。
(4) 分かる授業を展開し、指導方法の改善を行う。
(5) 必要な授業時数の確保に努め、評価を行い、教育課程の改善を行っていく。
(6) 徳島県人権教育推進方針に基づいて自校にあった人権教育を推進する。
(7) 学校評議員、保護者、地域等の意見を十分に汲み上げ、開かれた学校づくりをする。
(8) 校内研修の充実を図り、教職員の資質向上に努める。
(9) 児童・教職員の健康と安全に留意し、楽しい学校づくりに努める。
3 重点目標
(1) 地域社会や児童の実態に即し、知・徳・体の調和のとれた教育課程を編成し、実施する。
(2) 人間尊重の精神を基盤に、活力にあふれ、個性や能力を最大限に発揮し、自己実現できる環境や、児童を支援できる 教職員集団を創造する。
(3) 人権教育を柱にした、教育活動の展開をはかる。 
差別が現存し、「個人の尊厳」と「基本的人権の尊重」が、今なお確立されていない現状をしっかりと見つめ、差別を許さず、差別解消に努力できる人権教育を推進する。
(4) 校内研修の充実を図り、職員の資質の向上に努める。
(5) 体育・保健・安全教育の充実
① 心身の調和的発達を図り,明るく豊かな活力のある生活を営む能力や態度を育てる。
② 生命尊重の精神を養い,事故防止の徹底を図る。
③ 保健衛生についての望ましい習慣を養う。
(6) 国際化・情報化に対応する教育の推進
① 郷土やわが国の伝統や文化を尊重し,国際理解・協力のための教育の推進。
② 情報化社会に対応できる児童の育成と情報手段を活用した教育の推進。
(7) 福祉,ボランティア教育の推進
① 朝のボランティア活動,地域との交流を通して,社会の一員としての自覚を深める。
② 「花いっぱい運動」を通して,勤労体験を広げ,奉仕の精神を養うとともに,美しさに感動する心や思いやり・助け合いの心を育てる。
(8) PTA・地域社会との協力体制の推進