学力向上に向けての取り組み

  1. 一人ひとりの漢字・計算力の向上
    朝の活動の時間等を利用し, ドリル学習や百マス計算, また各学年の漢字習得・小テストを行う。

  2. 読解力・記述力の向上
    様々な形態の文章問題に数多く取り組ませる。
    視写・作文・説明文・日記などの書く機会を多く設ける。
    朝の活動の時間に 読書の時間を設定し, 読書量を増やす。

  3. 基礎的知識・技能の習得
    体験的な学習をとおし,発達段階に応じて具体物の操作・イメージ化・図式化して, 言葉でも説明できるようにする。

    
   H29学力向上実行プラン(岩倉小).pdf

 

朝の活動 8時15分 ~ 8時35分

月曜日       朝  会
火曜日       ドリル 国語
水曜日        ふれあい活動
木曜日       読書の時間
金曜日       ドリル 算数
 

学力向上のための家庭との連携

基本的生活習慣の確立

  1. はやね はやおき 朝ごはん そして、うんこ!!
    朝ごはんを食べているほうが 学習の効率がよく, 学力向上につなることは知られている。本校の進める 「食育」と関連してこの運動を広げていく。
  2. あいさつ運動
    基本的生活習慣を身に付ける第一歩である「あいさつ運動」を徹底する。

    平成25年度 阿波っ子巣立ち宣言.pdf

    知・徳・体の調和のとれた子どもの育成をめざします。
           
           平成25年度 阿波っ子巣立ち宣言活動報告書.pdf