三島小学校
 1 教育目標
  人間尊重の精神を基盤とし、調和のとれた心豊かな感性や自主的・創造的に生きようとする実践力を培い、心身ともに健康でたくましい子どもを育てる。
  ◎校訓 「 自主 協同 奉仕 」
 ・伸びる学校     ・楽しい学校      ・美しい学校
 ・進んで考える子   ・進んで助け合う子  ・進んで働く子

 
2  基本方針
   学校教育目標達成をめざし、全教職員の協力体制を確立し、本校の伝統と児童や地域の実態をふまえ、創意に満ちた学校運営を行う。
(1) 使命感に燃え、進んで研修し、一人一人の教職員の活力と創造力を結集した学校づくりをする。
(2) 自ら学び考える力やコミュニケーション能力を育て、児童と教師の温かい人間関係の中での感動ある学校づくりをする。
(3) 学校の施設・設備及び環境の整備を図り、うるおいのある学校づくりをする。
(4) 学校と家庭及び地域社会との連携を図り、地域に根ざした魅力ある学校づくりをする。

 3 本年度の重点目標
  教育目標達成のため、全教職員共通理解のもと、学校運営に参画する意欲と総意を結集し、全教育活動を計画・実践・評価・改善して「調和」と「統一」を図る。
(1) 学校運営の充実
   全教育活動の中で、教育目標の具現化を図る。
(2) 学習指導の工夫・改善と指導力の向上
   体験的な学習・問題解決的な学習を重視し自ら学び自ら考える児童の育成に努める。
   ア 励まし合い、支え合う仲間で学習する態度を養う。
   イ 個に応じた学習指導の工夫に努め、基礎・基本の定着と確かな学力の育成を図る。
   ウ 地域の教材化を図り、様々な体験的活動を取り入た学習を充実する。
(3) 人権教育の推進
   同和問題を人権問題の柱とし、人権に関する知的理解を深めたり、人権感覚を育たりする教育活動や、一人一人が大切にされ、共に生きるための教育活動の創造と実践に努める。
(4) 図書館教育の推進
   朝読・家読の活動をとおして、読書量を増やすとともに習慣化を図る。また、読解力や思考力の育成に努める。
(5) 心の教育の充実
   豊かな体験をとおして内面的自覚の深化に努め、日常生活における道徳的実践力を培う。
(6) 生徒指導の徹底
   ア 認め合い響き合う仲間づくりをする。
   イ 教師と児童の人間的ふれあいを密にし、信頼感に満ちた生徒指導の充実を図る。
   ウ 学校間及び家庭・地域と連携した指導体制の確立を図り、望ましい生活習慣の育成に努める。
(7) 特別支援教育の充実
   ア 全教職員の共通理解による支援体制をとる。
   イ 個々の児童の実態を把握するとともに、個に応じた指導と支援の方法を研究し、実践する。
(8) 体育・保健安全指導の充実と児童の安全管理の徹底
   ア 心身の調和的発達を促し、健康増進・体力向上に努める。
   イ 防災・不審者対応に関して、日常生活に生かせる安全・防災教育を進める。
(9) 国際化・情報化に対する教育の推進
    ア 国際理解学習や異文化交流などを行い、国際感覚を養う教育活動に努める。
   イ ICTの効果的な活用を行い、情報活用能力の育成に努める。
(10) 総合的な学習の時間の充実
   自らが課題意識を持ち、主体的・創造的に取り組む態度を育て、よりよく問題解決する力と生涯学習の基盤となる「生きる力」の育成に努める。
(11) 地域との連携によるボランティア教育・福祉教育の充実
   地域に根ざした活動をとおして、地域社会との協力体制を確立するとともに、主体性や思いやりの心・郷土愛を育てる。
 
  
 三島小の教育

 
憲法
教育基本法
学校教育法
学習指導要領
教育委員会指導方針




 
     教育目標



 

児童の実態

地域の実態
 

 
人間尊重の精神を基盤とし、調和のとれた心豊かな感性や自主的・創造的に生きようとする実践力を培い、心身ともに健康でたくましく生きる子どもを育てる。


 


 

 
 校  訓 
伸びる学校
楽しい学校
美しい学校
  
自 主
協 同
奉 仕
 
進んで考える子
進んで助け合う子
進んで働く子
  

 























  、















 、










 


























 、













 、























 、







本年度努力目標
 

  読書タイム・家読で
       低学年・・・100冊
       中学年・・・ 70冊
       高学年・・・ 50冊

  毎日ドリルで、漢字名人になろう
 
 教師の願い 社会の要請 地域や保護者の願い