教 育 計 画

1 教育目標
  知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな生徒を育てるとともに,わが国および国際社会の 
 一員としての自覚にたち,豊かな心をもち,人権を尊重し,かつ自主的・自律的・創造的能  
 力に富んだたくましくすこやかな人間を育成する。

2 本年度の努力目標
  (1) 自他を大切にする生徒の育成
  (2) 自ら目標を立て,その達成に向けてひたむきに努力する生徒の育成
  (3) 互いに切磋琢磨し,たくましく生きようとする生徒の育成

3 経営方針
  教育目標の具現化を図り、その達成を目指して全教職員の共通理解と協力により創造的、
計画的な教育活動を推進し人権尊重の精神を中核に据えた楽しく魅力ある学校づくりに努める。

4 本年度重点目標
  (1) 道徳教育の充実
   ア 人に対する優しさや思いやりの心を育てる。
   イ 日々の生活における基本的生活習慣の定着に努める。
   ウ 困難なことがらに挑戦し,苦しさを克服する力を培う。

  (2) 教科教育の充実
   ア 基礎的・基本的な知識・技能の定着を図るとともに,課題を解決するために必要な
            思考力・判断力・表現力等の育成に努める。
    イ  自ら学ぶ意欲を育て,自主的・主体的な学習の仕方を身につけさせる。

  (3) 生徒指導の充実
    ア  生徒の人権に十分配慮するとともに,人間尊重の理念に徹し,心身ともに健全な生
            徒を育てるため,全教職員の総意を結集した生徒指導体制の確立を図る。
    イ  教師と生徒,生徒相互の人間的な触れ合いを密にして,一人ひとりのよさや可能性
            を生かし,個性の伸長を図る。
   ウ 家庭・地域・関係諸機関との連携を図る。

  (4) 進路指導の充実
   ア 生徒一人ひとりの能力・適正・興味・関心等を的確に把握し,自己実現できる能
      力や適正の伸長に努める。
   イ 自己の生き方を考え,主体的に進路が選択できる生徒の育成に努める。
   ウ 3年間を見通した計画的・継続的な進路指導を推進する。

  (5) 特別活動の充実
   ア 生徒が主体的に活動する場を多く設定し,学校生活全体に潤いと所属感を持たせ,
            自主性を育てる。
   イ 恵まれた施設・設備を活用し,積極的に部活動に取り組む生徒を育てる。

  (6) 人権教育の推進
   ア 「あわ人権学習ハンドブック」を積極的に活用し,同和問題を人権問題の重要な柱と
            した人権教育を教育活動全体を通して実践する。
   イ 全ての教職員の人権尊重の意識の高揚,使命感の確立を図り,研修と指導力の向
           上に努める。

  (7) 保健・安全教育の充実
   ア 生命の尊さを自覚し健康と安全に対する意識の高揚を図る。
   イ 生徒や教職員のメンタルヘルスの充実に努める。
  (8) 環境教育・情操教育の充実
   ア 自然愛や人間愛,感謝の心を大切にし,豊かな人間性の育成に努める。
   イ 環境問題を正しく理解し,自然を大切にする態度を養う。

  (9) 福祉・ボランティア教育の充実
   ア 社会福祉関係機関・施設等における体験活動を通して,奉仕と感謝の心を育てる。
   イ 助け合い,協力しようとする精神を培うとともに,様々な体験活動を通して,ボランテ
            ィア活動への理解と参加意欲を育てる。

  (10) 特別支援教育の充実
   ア 一人ひとりの能力や特性に応じた特別支援教育を推進し,基礎的な学力や基本的
            生活習慣,社会性の育成に努める。
   イ 特別な支援を必要とする生徒への正しい理解を深め,適切な支援をする。

  (11) キャリア教育の充実
   ア 一人ひとりが個性や能力を発揮し,自ら課題を見つけ,その解決に立ち向かい,解
           決する喜びを味わわせる。
   イ 職場体験学習を通して,望ましい職業観・勤労観を身につけさせる。

   (12) 図書館教育の充実
   ア 図書館資料の適切な利用と,そのための基礎技術を身につけさせる。
   イ 豊かな読書活動を推進し,望ましい読書習慣を身につけさせ,読書を通して豊かな
           人間性の育成に努める。

  (13) 情報教育の充実
   ア 情報の理解,選択,処理,創造などに必要な能力及び情報手段を活用する能力と
            態度を育成する。
   イ 情報社会において必要なルールやマナーを身につけさせ,様々な情報について責
            任をもって取り扱う態度を養う。