三島中学校
 
教育目標

 第2次美馬市教育振興計画に基づき, 人権を尊重し 自ら学ぶ意欲と主体的に生きようとする力を備え、知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな生徒を育成する。
 
めざす生徒像

自ら学ぶ意欲に満ちた生徒
自他の人権を尊重する生徒
思いやりのある心豊かな生徒
心身共に健康で、たくましい生きる生徒
粘り強く、誠実に努力する生徒
 
平成29年度 努力目標
1 子どもたちの成長を全ての教育活動の中心において取り    
  組む。
2 保護者・地域との連携を一層推進する。
3 教職員の和を大切にし、常に資質向上に努める。

(1)人権教育の充実「自他の人権を尊重する心の育成」
○ 教育活動全体を通じて,徳島県人権教育推進方針に基づく人権教育を推進する。
○ 人権劇を通して,生徒及び保護者と共に人権問題解決に向けて取り組む。
○ 教職員が自らの氏名を自覚し,日常生活における人権上の問題点を見抜き,人権問題を自分の問題と捉え,自らの意識改革を図る。

(2)教科教育の充実「わかる授業の創造」
○ 基礎的・基本的な知識・技能の定着を図ると共に,それらを活用する力の育成につとめる。
○ 個に応じた指導を重視すると共に,ICTの利活用等指導方法の改善に努める。
○ 自ら学習計画を立て,意欲的に学習し,積極的に発表しようとする習慣を身につけさせる。

(3)生徒指導の充実
○ 教師と生徒の人間的な触れ合いを密にし,信頼感に満ちた生徒指導を推進する。
○ 「学校いじめ防止基本方針」に基づき,いじめを絶対許さない学校づくりに組織として取り組む。
○ 生徒理解を深める教育相談教育相談等を充実させるとともに,関係機関等との連携を図る。 
                              

(4)道徳教育の充実
○ 道徳の時間を中心に,全教育活動を通じて道徳的実践力を養う。
○ 豊かな体験を通して,道徳的価値や,人間の生き方について自覚を深め,内面に根ざした道徳性の育成を図る。

(5)特別支援教育の充実
○ ひかり学級の運営を核として,学校全体で推進する体制を確立する。
○ 一人一人の教育的ニーズを把握し,適切な指導や支援を行うことにより,確かな学力の向上や豊かな心の育成に努める。

(6)キャリア教育(進路指導)の充実
○ 自己の個性の理解や伸張に努め,目的意識を持って主体的に進路を選択でき, 自らのめざす進路に向けて計画的に進路学習に取り組もうとする生徒を育成する。
○ 職場体験学習等の活動を通して,将来に向けた勤労観・職業観を育成する。

(7)健康安全教育の充実
○ 健康や安全に対する意識を高め,自他の生命を尊重しようとする態度を育成する。
○ 生徒及び教職員のメンタルヘルスの充実を図る。

(8)「総合的な学習の時間」の推進
○ 体験的活動を積極的に取り入れ,主体的に判断し,よりよく問題を解決しようとする能力や態度を育成する。
○ 主体的・意欲的に課題の解決や探究活動に取り組み,事故の生き方を考えることができる生徒を育成する。

(9)特別活動の充実
○ 望ましい集団活動を通して,存在感や自己実現の喜びを味わわせ,よりよい生活や人間関係を築こうとする自主性や実践的な態度を育てる。
○ 豊かで潤いのある学校生活を工夫し,人間としての生き方についての自覚を深め,自己を生かす能力を養う。

(10)環境教育と福祉ボランティア活動の推進
○ 環境問題への理解を深め,環境を保全し,共生をめざす意欲と態度を養う。
○ 福祉・ボランティア活動への取り組みを通して,互いの人権を尊重し,思いやりの心で共に生きる社会の実現をめざす生徒を育成する。


(11)国際理解教育の推進
○ 広い視野とともに,異文化に対する理解や,異なる文化を持つ人々とともに協調して生きていくことのできる生徒を育成する。
○ 海外から帰国した生徒や外国の生徒との国際理解相互啓発を通して,互いに尊重し合う態度を育成する。

(12)ICT教育の推進
○ 生徒自身にICTを活用させる機会を増やし,発展する情報社会の中で,ICTを問題解決に的確に活用し,情報を収集・編集・判断・発信できる生徒を育てる。
○ ICTの利活用を通してコミュニケーション能力の向上を図ると共に,情報モラルの考え方や態度の育成を図り,情報社会における正しい判断や望ましい態度を育てる。

(13)開かれた学校づくり
○ 保護者や地域の方々の意見に耳を傾けながら,地域に開かれ,信頼される学校づくりを進める。
○ 学校ホームページを活用するなど,子どもや保護者,地域社会への情報提供を積極的に行う。