徳島中学校人権の歌『青空』

ここ をクリックしてください。

徳島市徳島中学校の卒業生が在学時に作詞作曲した、人権をテーマにした歌です。
この『青空』は心の中に有る雲の様な悩みが有っても、その曇り空の上には青空が広がっている。その青空に向けて涙を翼に変え、皆で協力して心の中に青空を増やそうと言う思いで作詞作曲されました。皆様もこの素晴らしい歌を是非一度お聴きになって、もう一度人権について考え直してみて下さい。

 

生徒 作詞作曲

一人で悩まないですべて背負い込むなんて
理由も責任も必要もないのだから
同じところを目指しともにつくってきたから
支えたい力になりたい一人で頑張りすぎないで
どこにいてもきこえるこの歌が導く
正しく生きることを忘れそうになったら


耳を澄まして心の声きいて


君だけじゃないんだ僕らは誰かを
傷つけながらさまよってる
でも涙流す人の痛みをわかる心がある
いつの日にか涙は翼へと変わるはず

今見上げてる空はいつでも
灰色に染まるくもりぞら
でも翼広げはばたき飛べば雲はなくなるから
そして果てしなく広がる青空が見えるだろう


その日を信じている