日誌

新規日誌1 >> 記事詳細

2021/03/01

3月

| by 藍住南小学校1
3月になりました。
それぞれの学年で卒業・進級に向けての準備が本格化します。

思えば去年の今日は全国一斉臨時休校スタートの日でした。
あのときの驚きや不安,戸惑いは一生忘れることがないでしょう。

これからも今まで以上に子どもを「新型コロナウイルス感染拡大から守る」,「偏見,差別や風評被害から守る」ことに職員一丸となって取り組んでいきます。
引き続きご協力をよろしくお願いします。

さらに,子どもを「自然災害から守る」ことも欠かせないことです。
今朝のリモート朝会では次のようなお話をしました。


何があった日か知っていますか。
3年生から下の学年は生まれる前の話です。

東日本大震災と言って,これまで日本が経験したことのない大きな地震が起きた日です。

この地震で大きな津波が発生したため,死者・行方不明者あわせて22000人の人がなくなりました。(関連死を含みます)
日本でこれまで新型コロナウイルスで亡くなった人が8千人弱,交通事故で亡くなる人がここ数年は一年に3千人から4千人。(昨年は2839人)
それと比べてもどれだけ大きな被害だったかわかると思います。

岩手県の鵜住居(うのすまい)小学校と隣接する釜石東中学校も大きな津波被害にあいました。
校舎の3階に津波で流された車が突っ込んでいます。
地震が起きた時,小中あわせて600人が学校にいました。
ところが,なくなった人は0人でした。

命を守る3原則が徹底して守られていたからだと考えられています。

これはその時の実際の様子です。

このあと,その時の様子をまとめた絵本(つなみてんでんこ はしれ,上へ!/指田 和・文 伊藤秀男・絵 ポプラ社)の前半部分を読み聞かせしました。

もうすぐ,あの日から10年がたちます。
3月11日には亡くなった人のご冥福と1日も早い復興をお祈りしましょう。
そして,東日本大震災の何倍もの被害が予想される,南海トラフ巨大地震が30年以内に80%の確立で起きると言われています。
今から地震への備えをしっかりしておきましょう。

09:43
現在公開されている日誌はありません。