あいにしNEWS

令和元年度
12345
2020/03/17

卒業証書授与式

Tweet ThisSend to Facebook | by 藍住西小学校
 3月17日に第38回卒業証書授与式が挙行されました。
 今年度の卒業式は,新型コロナウイルスによる臨時休校が実施された中での卒業式になりました。そのため,毎年行っていた卒業式の練習もなく,児童も教職員も緊張した中でこの日を迎えました。
 9時30分に卒業生が胸を張って式場に入場し,卒業式が始まりました。6か年の小学校生活の間に心も体も大きく成長した児童一人一人に学校長から卒業証書が手渡されました。
  その後,学校長の祝辞や卒業記念品贈呈のあと,6年生担任が制作した思い出のスライドを上映しました。一つ一つが懐かしく心の中によみがえってきました。今年の卒業式は,厳粛な中にも温かい思いが通い合う卒業式になりました。
 また,当たり前だと思っていたことが,実は多くの偶然が重なり合って成立していて,感謝すべきことだと学んだ卒業式でした。
  卒業する77名の児童が心豊かにたくましく,成長し,健康で,ひたむきに努力して自分の夢をかなえることを願っています。
  卒業生の皆さん,ご卒業おめでとうございます。
  
  
17:23
2020/02/19

新1年生体験入学

Tweet ThisSend to Facebook | by 藍住西小学校
 令和2年4月に,藍住西小学校に入学する予定の子供たちを迎え,2月14日に現在の1年生の児童と交流する体験入学が実施されました。1年生児童は,久しぶりに学校内で自分たちより年下の子をお迎えするということで,今日の体験入学を楽しみにしていました。
  幼稚園児と一緒に工作などをしましたが,園児も児童も笑顔で活動したり作業をしたりしていました。教室の中が温かい空気に包まれていました。
  その後,幼稚園児は,集団登校でお世話になった6年生児童にお礼を言いに行きました。6年生も照れたような笑顔をしていましたが,嬉しそうに幼稚園児と接していました。
  もうすぐ小学生,元気に入学してくる日を現在の1年生をはじめ,みんなで待っています。
     
  
19:59
2020/02/13

長縄集会

Tweet ThisSend to Facebook | by 藍住西小学校
2月13日に全校で長縄集会を行いました。3学期始めから各学級ごとに,休み時間などを通じてみんなで練習を重ねてきました。
  本番では,その成果を発揮してみんなで心を一つにして長縄を跳び越しました。全員が「はい,はい」と声をかけ合い,失敗しても励まし合って,一つの目標に向かって跳び続けました。跳び終えて結果を聞くたびに大きな歓声が上がりました。その結果,校内新記録や学級新記録を出すことができました。
  広い体育館ですが,全員の熱気と歓声と互いに支え合う絆でだんだんと温まってきました。長縄で培った絆をこれからの学級や学校生活に生かして,助け合い支え合う仲間として3学期を終えてほしいと思います。
         
12:51
2020/02/06

スマホ・ケータイ安全教室

Tweet ThisSend to Facebook | by 藍住西小学校

 2月5日に5・6年生児童を対象に「スマホ・ケータイ安全教室」を行いました。 
 講師としてお越しいただいた板野東小学校の校長先生は,多くの危険な事例を挙げながら,これらの便利な機器とうまくつきあうことや,今していることで良くないことはすぐにやめることなどを児童にわかりやすく教えてくださいました。
  携帯電話,スマートフォン,ネットにつながるゲーム機などを所持する児童が多い今,マスコミでSNSなどの危険性が言われ,大きな事件やネット依存,ゲーム依存の問題も起こっている現在の状況は児童も知っており,一生懸命にお話を聞いていました。この教室の後で,「使い方を家の人と話す。」「使い方や時間など,自分で気を付けていこう。」「機械は使うけれど,使われないようにしよう。」などと話す児童の声が聞かれました。
 


09:24
2020/01/22

狂言ワークショップ

Tweet ThisSend to Facebook | by 藍住西小学校
 1月20日に,本校卒業生の狂言師の方にお越しいただき,6年生児童を対象に,狂言ワークショップを行いました。
   講師から,狂言についてのクイズを何問か出していただき児童が考えたり,立ちりすわりの所作,歩き方,水などを飲むときの音など,具体的に手本を示しながら体験させていただきました。
   子供たちは,6年生の国語で,狂言「柿山伏」を学習していますが,今回,本物の狂言師から生の言葉で狂言について聞いたり,狂言の動きや所作を教わることで,室町時代から伝わる伝統芸能,伝統文化により親しむことができました。
 講師先生の分かり易い話し方や,和やかな雰囲気,また,本校の先輩であるという親しみ易さから,児童には狂言がより身近なものに感じられたようです。
 最後に講師が語った,声を出す大切さについては,児童も深く共感していました。 児童の感想にも,「楽しかった。」「昔からのものが今でも残っている理由がわかったような気がする。」「楽しい中だったが,何か大切なことがわかった。」等のことが書かれていました。
    
    
13:16
12345