本校の人権教育

○地域と藍住東中学校の概要
    
    藍住町は,徳島県の中央を流れる吉野川の下流に広がる徳島平野の北部に位置し,この吉野川のたゆみない沖積によって造成された肥沃にして平坦な地域である。藩政時代には,阿波藍の栽培が盛んで,経済資本も豊かな農村地帯として発展してきたが,藍の斜陽化とともに,野菜類の栽培が増加し,純農村として安定した繁栄を続けてきた。1955年4月,旧藍園村と旧住吉村が合併して,新しく藍住町として発足した。合併当時,人口10,544人,世帯数1,913戸だったのが,2012年5月では,人口33,783人,世帯数12,420戸となっている。それは,いくつかの工場が立地し,徳島市に隣接して,交通が便利であるという好条件から,宅地開発も急激に進み,それらに伴って人口の急激な増加等による都市化現象が進んでいるからである。こうした現象から必然的に,かつての農村特有の人情味や素朴さが次第に薄れ,都市的な隣人関係に変わりつつある。

    本校は,過大規模校を解消すべく,1988年4月に新設された。全校生徒は415名,これまでの人権教育の取組みの中で,自分の人間としての生き方を求めていこうとする姿勢が育ちつつあり,同和問題をはじめ,さまざまな人権問題に対する認識も深まってきている。

○本校の人権教育目標              

 基本的人権尊重の精神を基盤とし,同和問題をはじめとする,人間社会におけるさまざまな因習・偏見による差別問題を科学的に究め,偏見や不合理あるいは矛盾に気づき,差別を許さない人間の育成とこれらを解消しようとする人間形成に努める。


○本年度の研修目標
                               
   「人権尊重社会の実現を図るために,差別の現実から深く学び,    

       すべての子どもの自己実現と共生・共存をめざす教育を確立しよう」
  ― 人権意識の高揚を図り,同和問題をはじめ様々な人権問題解決への
       意欲と実践力をもった生徒を育てるための教育を実践しよう。 ―

○学年人権教育目標

 
第一学年
1.互いのよさを認め合い,支え合う仲間づくりを進める。
2.自他を理解し,認め合う学びをとおして,互いに尊重しながら生活しようとする態度を養う。
3.身のまわりにある人権問題に気づき,自分の問題として捉えるとともに,その解決に向けた意欲と実践力を養う。
4.生命の尊さを理解し,自他の生命を尊重する態度を育てる。

 第二学年  
1.互いのちがいを認め合い,共に生きる仲間づくりに取り組む。
2.社会とのかかわりを自覚し,自分とともに他の人も大切にしようとする態度を養う。
3.同和問題をはじめ様々な人権問題についての理解と認識を深め,自らの課題として偏見や差別を解消する意欲と実践力を養う。
4.国際社会の中を生きるための人権意識を育て,平和を尊び,共に生きようとする意欲と実践力を養う。


 第三学年
1.自他を尊重し,同和問題をはじめ様々な人権問題を解決する仲間づくりに取り組む。
2.社会の中にある人権問題を自分の問題として捉え,人権尊重社会の実現に向けて行動する意欲と実践力を養う。
3.自分の人権とともに他者の人権も正しく理解し,その権利の行使に伴う責任を自覚して,人権を相互に尊重し,仲間とともに人権問題を解決しようとする意欲と実践力を養う。
4.社会とのかかわりの中で,自分の生き方や将来のあり方を考えようとする意欲と態度を育て,仲間とともに自らの進路をきりひらく生徒を育てる。