top-banner

 
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

学校紹介



 

「桑野小学校」といえば「大イチョウ」。
何と樹齢130年を超え、幹周り3m弱の大イチョウが運動場の真ん中に、堂々とそびえ立っているのです。

初めて本校を訪れた人は皆、この大イチョウに驚きの声を上げます。


大イチョウの名前は「元気くん」。
樹勢が衰えた平成17年度に、願いを込めて子ども達が命名しました。
「元気くん」は学校のシンボルとして子ども達に親しまれ、我が校の自慢の一つとなっています。


春は爽やかな黄緑、夏は枝いっぱいの深緑、秋は耀く黄金色、冬は葉をすっかり落とした枝と
四季折々の姿が、季節の移ろいを感じさせてくれます。

 

  本校は阿南市のほぼ中央に位置し、東西3.5㎞ 南北.7㎞の低い山に囲まれた盆地の形をとっている。
  桑野川による肥沃な土壌と水利に恵まれ、稲の早期栽培を中心に、近年はイチゴやミカンのハウス栽培や
 コチョウランの栽培も盛んになり、農村地帯として発展している。

 JR牟岐線桑野駅がほぼ中央にあり、丹宇谷への玄関口ともなっているので、交通量が多く、
 児童の登校時には毎日、教職員や保護者、地域の方が交通指導にあたっている。

 町民は穏健で、教育に熱心であり学校教育に協力的である。児童は明るく素直で学習に熱心に取り組む。
 近年、児童数の減少が著しいが、小規模校のよさを生かした教育活動を工夫し、
 地域の方々との触れあいを目的にした地域学習も盛んである。

 

ふれあいハウス


 地域の方々が自由に運動場で休憩ができる
 「ふれあいハウス」があります。

 大きなイチョウを眺めながら、木の香漂う
 ふれあいハウスで子ども達の元気な様子
 をご覧になりませんか ?
 
  皆様のお越しをお待ちしています。