top-banner

 
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

平成22年度学力向上への取り組み

平成22年度

 重点課題 1

  日本語のもつおもしろさや漢字を使うよさを味わい,児童の言語に関する意欲を高める。

現状と課題

  • 筆圧の弱い子や字形を整えて書けない子がいる。

  • 漢字の読み書きが苦手な子が多い。

  • 授業中「聞く・書く・読む」の時間を設定して取り組んできた結果,少しずつではあるが,児童に国語の力がついてきている。

重点目標

1.     国語辞典や漢字辞典を使って,自分で進んで言葉や漢字を調べ,活用することができる。

2.     発達段階に応じた速度で,正しく視写することができる。 (1年=10/分,23年=15/分)

3.     声を出して読むことで,日本語の楽しさやよさを味わい,国語学習への意欲を高める。

4.     学習した漢字(1年生はひらがな)を正しく,読み書きできる。(ミニ漢字(ひらがな)テスト 正答率90%

5.     本に親しみ,日本語を大切にできる。(年間150冊以上 全校で8000冊)

具体的な方策

  • 辞書を引く活動を積極的に取り入れ,進んで調べる機会を積極的に設ける。

  • 授業中に,視写や聴写の時間を設け,継続的に取り組む。

  • 親しみやすい詩文や銘文を音読したり,暗唱したりする。

  • ミニ漢字テストの継続的な実施など,毎日漢字(1年生では,ひらがなやカタカナ)の書き取り練習に取り組む。

  • 学級文庫や学校図書館の充実を図る。読書カードなどの工夫をし,図書室に足を運ぶ機会や本に親しむ機会を増やす。

重点課題 2

 計算する力を高め,算数のおもしろさを味わい,算数嫌いをなくす。

現状と課題

  • 低学年の中に簡単なひき算や位取りが十分身についていない児童がいる。

  • わり算の筆算のしかたがしっかりと定着していない児童がいる。

  • コンパスや定規を使って,正確に作図できない児童がいる。

  • 表やグラフなどの読み取りなど,資料活用の場面で,設定された時間内に回答できない児童が多い。

重点目標

1.     計算する力を高める。

具体的方策

  • 百マス計算やミニ計算テストを継続して実施する。(1年:加減25マス/3分,2年:加百マス/3分,3年:九九百マス/3分,46年:5分間ミニテスト)

  • 朝の活動,授業中,帰りの会の後などに取り入れる。

重点課題 3

 自分の考えをしっかりともち,わかりやすく伝えることができる。

現状と課題

  • 人の話していることがじゅうぶんに聴き取れていない。

  • 文章の要点をまとめたり,聴き取った事柄をメモする力が十分育っていない。

  • 自分の意見の要旨や中心点をわかりやすく話したり,伝えたりすることが苦手な児童が多い。

重点目標

1.     自分の考えをしっかりと相手(聴き手)に伝える。

具体的方策

  • 1分間スピーチなど,人前で話す機会を設ける。

  • ディベートの時間を設けるなど,話し合い,聴き合う場を設ける。

(2)学習状況について

重点課題 

 自ら進んで,時間いっぱい学習に取り組む子を育てる。

現状と課題

  • 集中力が続かず,姿勢が崩れやすい児童が多い。

  • 一斉指導での指示が通りにくい。

  • 課題に対してまじめに取り組もうとするが,人前で意見を表明するのが苦手だったり,設定時間内に作業が終えられなかったりする児童が多い。

重点目標

1.     人の話をしっかりと聞く態度を身につけることができるようにする。

2.     次時の学習準備をきちんとする習慣の定着を図る。

3.     自分で目標を立て,進んで学習する習慣をつけることができるようにする。

具体的方策

  • 朝会や朝の会,読み語りの時間などの機会を捉えて指導する。自己評価カード等を活用して,自らを振り返ることができるようにする。

  • 毎時間ごとに言葉がけをする。

  • 「親子読書の日」の推進

  • 自主学習ノートの推進(家庭学習時間の目安は,「学年×10分」以上