校区の様子

津乃峰スカイラインから 見能林方面を望む  (平成22年5月)
 

沿革

明治 5.8    賀島小学校設置(千福寺境内)
明治10.1   答島小学校設置
明治11       才見村・中林村の併合により賀島小学校を廃止し,才見小学校を設置(最初の
                 統合小学校)
明治12.1   答島小学校大潟分教場を設置し,答島東小学校と称す
明治20       答島東小学校見能方分教場を廃止し,見能方分校を置く
明治21       小学校令改正により見能方分校を答島尋常小学校見能方分教場とする
明治23       見能方分教場が独立して見能方尋常小学校となり,南林分校を置く
明治32.6   見能林高等小学校設置
明治32.8   見能方尋常小学校を廃止し,林崎尋常小学校・才見尋常小学校・中林尋常小  
        学校を設置
明治42.4  大正 2.4 見能林高等小学校・林崎尋常小学校・才見尋常小学校を廃止し,見      
         能林尋常小学校を設置 才見・林崎・大潟に分教場を置く  
大正 2.4    林崎分教場を廃止
大正 3.4    大潟分教場を廃止し,大潟尋常小学校を設置
昭和 3.3    答島尋常小学校・大潟尋常小学校・中林尋常小学校を廃止し,見能林尋常高
                   等小学校に併合 答島・大潟・中林に分教場を置く
昭和 6.6    講堂兼体育館落成
昭和16.4   見能林国民学校と改称
昭和22.4   見能林小学校と改称 見能林中学校を併設
昭和30        富岡町見能林小学校と改称
昭和33        阿南市見能林小学校と改称   創立80周年記念事業として施設・設備を充実
                   (明治11年・才見小学校を起点として)
昭和37        特殊学級設置
昭和43        創立90周年記念事業として施設・設備を充実(明治11年・才見小学校を起点と
                    して)
昭和44.1    講堂二階を撤去し,体育館として整備
昭和45.3    阿南中学校の開校により中学校の併設を解除
昭和46        旧見能林中学校を改造し,阿南市見能林幼稚園を併設
昭和47        プール完成(25m・8コース)
昭和49        情緒障害児学級設置
昭和53        校舎改築第一期工事開始
昭和54.8    管理棟完成
昭和55.1    旧見能林中学校校舎撤去
昭和58.3     国旗掲揚台設置
昭和59.3     給食調理場建設(南部給食センター)    考える像建立(卒業記念)
昭和60.3     校歌碑建立    
昭和60.4   津乃峰分校を廃止し,津乃峰小学校設置(見能林小学校より分離独立)
昭和61.3     時計台建立(卒業記念)    
昭和61.6  正面玄関へ蘇鉄移植
昭和62.3     二宮金次郎像再建    肋木設置(卒業記念)
平成元.  2     創立110周年記念行事実施(明治11年・才見小学校を起点として)
平成 2          国旗掲揚台増設(卒業記念)
平成 4          飼育小屋増設
平成 6.2      運動場土盛り(100㎥)
平成 7.9      校舎改築第二期工事開始(木造北校舎解体)
平成 8.4      中林分校・大潟分校を廃止し,本校に統合
平成 8.5   校舎改築第二期工事完成(木造西校舎解体)
平成 9.3     体育館完成
平成10.6     日時計設置,門扉(西門・南門)設置
平成14.4     通級指導教室開設
平成17          新校舎北側に駐車場設置
平成23.8      校舎耐震工事完了
平成24.1      防災倉庫設置
 

児 童 数    ( )は学級数 平成30年4月25日現在

 1年 72名(2) 2年 74名(3) 3年 83名(3) 4年 56名(2)
 5年 82名(3) 6年 69名(2) 特別支援学級 22名(4)                  
          
           計 436名  19学級
 

経営方針

 1 基本理念

        教育基本法・学校教育法及び県・市教育委員会の指導方
         針に基づき,家庭・地域の実態を踏まえ,全教職員の共通理
         解と協力体制のもと,活力溢れる学校づくりに努める


   ◯ 学校の主人公は児童である。そのために,子どもの個性を尊重し,よさを伸ばすよう
          に努める。
   ◯ 教師の生命は授業実践である。そのために,研修に励み指導力の向上に努める。
   ◯ 教育は信頼なくして成立しない。そのために,使命感,教育愛,豊かな識見を持つよう
         に努める。


 
2 教育目標      

        知・徳・体の調和のとれた豊かな人間性と自主性・創造性
          に富むたくましい実践力を持つ心身ともに健全な児童を育
          てる

        <学校像>   楽しい学校   美しい学校   伸びる学校
        <児童像>   よく考える子  助け合う子    がんばりぬく子   じょうぶな子


 3 重点目標と努力点

   

    解決すべき教育課題に対して全教職員が一丸となって取り組
     み,常に組織体として機能する職員集団をめざす。

    

 

   (1) 「確かな学力」の育成とわかる授業の創造
      ① 基礎・基本を重視し,よくわかる授業の展開に努め,新しい学力観に立った学力の向
        上をめざす。
      ② 児童の学ぶ意欲を引き出し,自ら考え,主体的に判断・行動できる力を育てる学習指
         導の充実・改善を図る。
      ③ 相手の意見を確かに聴き取るとともに,自らの意見を的確に相手に伝えるコミュニケー  
         ション能力の育成を図る。
   (2) 自分の大切さとともに他の人の大切さを認める人権教育の推進
      ① 人権や人権問題に関心を持ち,課題の解決に向けて主体的に取り組める児童の育成
        をめざす。
      ② 生命の尊厳や人間の尊さを基盤に据えた人権教育を推進し,学んだことがらを態度・
        行動化につなげる学習展開をめざす。
      ③ いじめや仲間はずれを絶対に許さない学級・学校の土壌づくりに努める。
   (3) 個々の教育的ニーズに応じた特別支援教育の推進
      ①  個々の児童の特性や実態,教育的ニーズに応じた指導計画を作成し,きめ細かな指
        導の徹底に努める。
      ②  必要に応じて個別の支援計画を作成し,家庭や関係機関との連携を図る中で支援の
        充実を図る。
      ③  学校行事や協力学級等における交流学習の充実を図り,障がいや障がい者問題に対
       する理解・認識を深める。
   (4) 規範意識と自己指導能力を育てる生徒指導の充実
      ①  教職員の共通理解のもと,問題行動の早期発見と迅速・的確な対応に努める。
      ②  叱責や説諭のみにとどまることなく,児童の良さを引き出す生徒指導に努める。
      ③  家庭・地域との連携を深める中で,「地域で子どもを育てる」土壌を育み,地域全体で
        生徒指導に取り組む体制の整備を図る。
   (5) 家庭・地域・関係機関との連携の推進
      ①  児童を中心に据え,家庭との緊密な連絡・調整を図り,円滑な連携・協力関係を築く。
      ②  公民館等の社会教育施設や学校支援ボランティア組織との連携を図り,地域社会と
        の幅広い連携・協力関係を築く。
      ③  保・幼・小・中等の校種間の連携や各種の教育関係機関との緊密な連携に努める。

   (6) 主体性を持った安全・防災教育の推進
      ①  一過性に終わらせることなく,計画性を持ちながら危機意識を持続できる防災学習の
        推進に努める。
      ②  いつ,どこにいても,自分の身を自分で守ることのできる主体性を持った児童の育成
        を図る。
      ③  市の防災対策部局や地域の自主防災組織等との連携を図り,地域の避難所としての
        機能を果たせるよう努める。
   (7) 教職員の資質の向上をめざした職員研修の充実
      ①  教職員としての使命を自覚する中で,常に自らの資質や指導力の向上をめざした研
        究・修養に努める。
     ②  教職員が互いに切磋琢磨して研鑽し合える土壌を培い,教職員全体で教育課題に対
        処できる校風を築く。
  ③ 新学習指導要領について全教職員が理解を深め,「主体的・対話的で深い学び」
  の視点に立った授業改善に向けた校内研修体制を整える。
   (8) 社会の変化に対応する国際理解教育・情報教育の推進
     ①  外国語や外国の文化を学ぶことを通して諸外国に対する理解を深め,国際社会に生き
       る日本人としての自覚と責任感を養う。
     ②  急速に進展する情報化社会に対応できるよう,的確な判断力とICT活用能力の育成に
    努め,あわせて情報モラルの育成を図る。