学校長より

10月8日 前期終業式

今日,無事に前期終業式を迎えられました。
子どもたちには,次のようなお話をしました。

まずは,皆さんに感謝します。
今年度は,新学年が始まってすぐに休校になりましたね。1年生は在校生が参加しない入学式をしましたが,学校に登校する間もなく休校でした。
皆さんが学校に来られるようになったのは5月21日でした。登校できるようなっても休み時間は,感染を防ぐためにしてはいけないことがたくさんありましたよね。普通じゃない前期を皆さんは過ごしました。
私が何よりも残念だったのは,見能林小学校の素晴らしい伝統である縦割り班活動が何もできなかったことです。1年生の皆さんは,見小の楽しい素敵な行事が何も経験できませんでした。それは1年生だけではありません。2年から5年までの皆さんも同じですし,何よりも6年生が活躍する場がなかったことを残念に,そして悲しく思います。
でもみんな毎日元気に勉強しに学校に来てくれました。そして,ちゃんと感染症対策をとってくれたので,今日,こうして無事に終業式を迎えられました。だから,皆さんに感謝です。ありがとうございます。
これからもお互いにしっかり感染症対策をとって,元気に過ごせるようにしましょう。
もう一つの感謝は,皆さんがいつもしている感謝です。毎朝,スポーツ店の前には高井さん,学校の前には岡さんが皆さんの安全のために立ってくださっています。その人たちに対して,きちんと「ありがとうございます」と言えるのは,皆さんの素晴らしいところです。皆さんは普通に当たり前にそれができているのだけど,それが普通ではなくて,とても素晴らしいところなんだと分かってくださいね。そして,それをなくさないでくださいね。

保護者の皆さん,感染症対策,イレギュラーな行事の8月の海水浴と本当にお世話になりました。ありがとうございました。
後期もよろしくお願いいたします。