地域の様子

 城山のふもとに広がる沖積平野の中,那賀川南岸に位置する農業地帯です。上大野町・中大野町・下大野町を合わせ,世帯数926戸,住民人口2,375人(男1,140名,女1,235名 平成31年4月現在 )の校区です。農業の主要作物は米作の他に洋にんじん,みかん等があります。
 地域の住民は勤勉で,教育やスポーツに関心が深く,PTA活動にも非常に協力的です。児童は純朴で,真面目に学習に取り組み,確実に学力を高めています。今後の課題として創造性・表現力等の育成や,自主的な行動力,根気力の伸長が考えられます。

  


【令和2年度 大野小学校児童数】 
1年生 2年生 3年生4年生 5年生  6年生合計 
13名  17名 16名19名 17名 17名 99名 

※2020年5月1日現在 ※特別支援学級(ひまわり学級)を含む。

                 【 教職員数 】

校長1名 教頭1名 指導教諭1名 教諭8名 養護教諭1名 学校事務主事1名 学校用務補助員1名 フレンドサークル指導員1名 計15名

 

特色ある取り組み

 本校の特色ある取り組みの一つは学力の向上です。
学習指導では,毎日の授業の充実が一番であると考え,授業のはじまりや終わりの時刻を守ること,子どもたちが楽しく活動し,そしてよく分かる授業の実践に努めています。特に,今年は学習習慣の定着による学力の向上をめざし、研究授業による教師の指導力の向上や基礎学習の時間の設定,読書の生活化などを推進しています。(詳細は,学力向上の項参照)また,家庭と協力して「よい子のくらし」による早寝・早起き・朝ごはん・家庭学習の習慣化を図っています。
 また,生活科や理科,社会,総合的な学習の時間には,体験学習を取り入れ,思考力・判断力・表現力等の育成をめざしています。

  


  二つ目は阿南支援学校との交流学習です。
学年ごとに年間2~3回実施しています。西部公園で一緒に遊んだり,一緒に何かを作ったりして,子どもの考えを聞き,それをもとに担任が相談して一緒にできることを計画し、交流しています。支援学校の子と交流することで相手を思う優しい心や豊かな気持ちが育ってきています。
 学年の終わりには,「交流新聞」を作り,保護者に配布しています。

 三つ目は環境教育です。
総合的な学習の時間を「あじさいタイム」と名付け,人との出会いや自然を大切にする心を求めてさまざまな学習を展開しています。また,県教育委員会の「学校版環境ISO」研究指定を受け環境教育にも力をいれています。
 学校林を生かした学習では,過去、特別非常勤講師の奥谷さんにご指導いただき,5・6年生が桃やさくら,かしの植樹をしたり,森のステージ作り,森の手入れとして枝打ち,下草刈り,竹の伐採,しいたけ栽培などの活動をしたりしました。この学習を通して,森林環境の大切さや地域の人とのふれ合い,力を合わせて働くことの大切さを学んでいます。
 3・4年は森の生物や植物の観察,図工の素材探しなどを行いました。
 1・2年も学校林へ出かけ,自然の観察や素材探しをする予定です。


            

 

校歌




 

 

年間行事

主  要  行  事
始業式、入学式、全国学力学習状況調査(6年)、県学力ステップアップテスト(4・5年)、身体計測、尿検査、新入生をむかえる会、授業参観・学級懇談・PTA総会、家庭訪問、読み聞かせ
PTA役員会、尿検査、内科検診、心電図検査、耳鼻科検診、全町体育祭、読み聞かせ
牟岐自然の家宿泊学習、歯科・眼科検診、5年センター学習、読み聞かせ、楽焼き
市PTA連球技大会、読み聞かせ、個人懇談、地域懇談会、前期前半がんばったこと発表会、市水泳検定会
県水泳検定会、登校日、資源物資回収
授業参観日、夏休み作品展、楽焼、読み聞かせ、3年センター学習
10前期後半がんばったこと発表会、終業式、始業式 市陸上記録会、市音楽祭、校区内オリエンテーリング、交流学習、就学時健康診断、読み聞かせ、4年センター学習、6年センター学習、県陸上記録会、修学旅行、遠足
11町文化祭、学校ダンス発表会、オリエンテーリング、市体操検定会、一中校区人権教育研究大会
12校内持久走大会、授業参観日、後期前半がんばったこと発表会、個人懇談
新年の決意作文発表会授業参観日、学校保健委員会
児童会新役員紹介、入学説明会、新入生1日入学、読み聞かせ、PTA役員会、6年生を送る会、交流学習
読み聞かせ、卒業証書授与式、修了式・離任式


 

沿革


学 校 の 歴 史
●沿 革 の 概 要

 明治   6. 8. 1 下大野村字柴根の近藤五郎氏宅を借り,小学校として開設する。
     9.  学校移転,下大野村楠木神応院内を借りて充用する。
    10.  学校移転,下大野村字太平の西岡周太郎氏旧宅を充用する。
    14. 3 中大野村字姉前の沢田愛蔵氏宅を買い上げ,初めて学校舎に改築する。
    17.  下大野村九の坪に篠壺分校を設置する。
    18. 3  下大野村字太平182番地,清原儀内氏の旧宅を再築し,
         当時役場と一棟内にて授業をする。
    28.    就学児童増加に伴い建物全部を学校として使用する。
    32. 6. 1 高等科を併置する。
    33. 4. 5下大野三条5番地現在地に校舎を移転改築する。
    36. 6. 2尋常科に唱歌科を加設する。
    37. 7. 6高等科に農業科を加設する。
    42.   尋常科に手工科を加設する。 

 大正  元.11.25大野農業補習学校を併置する。   
     6. 5  大野実業補習学校を併置する。
     3. 3  東二階建講堂を増築する。

 昭和  3. 6  東校舎5教室を増築する。
     9. 1  北校舎5教室を増築する。
    10. 4  青年学校を併置する。
    16. 4  大野村国民学校と改称する。
    22. 2  体育館並びに北校舎に一教室を増築する。
    22.   大野小学校と改称する。
    29. 3.30町村合併により,富岡町大野小学校と改称する。
    30.   西二階建を平屋(教室3,特別教室1,中庭)に改築する。現在の本館となる。
    31. 5. 5 創立80周年記念式挙行,板東幸平翁碑建立。併せて中庭を整備する。
    33. 5. 1 市政実施に伴い阿南市大野小学校と改称する。
    33. 9  給食室落成する。
    38. 3.20 鉄骨講堂落成する。
    45. 3.20 鉄筋コンクリート二階建6教室落成する。
    47. 1.22 鉄筋コンクリート二階建4教室及び中校舎増改築する。
    47.11.23 創立百周年記念式典を挙行する。
    48. 7.20 小学校プール落成する。
    49. 4.23 バックネット落成する。
    51.11.13 阿南市教育委員会指定自主学習研究発表
    52.10.20 学校給食文部大臣表彰を受ける。
    54. 7.15 校庭南側に金属製防球ネット完成する。
    56. 4. 6 プレハブ校舎(保健室)を増築する。
    57. 4.10 プレハブ校舎(音楽室)を増築する。
    57.11.11 阿南市教育委員会指定同和教育研究発表
    60.12.13 ポンプ室を改築する。
    61. 3. 1プレハブ校舎(図工室)を増築する。
    61. 9. 5 渡り廊下を増築する。
    63.10.29 阿南市教育委員会指定自主学習研究発表
 平成  2. 3.12 体育館落成する。
     2. 9.20体育倉庫を増築する。
     5. 2.23 県教育委員会指定金銭教育研究発表
     6.11. 7 県小学校生活科教育研究大会会場校
    11. 5.30 新校舎(北側3階建)落成式
    12.11. 6県小学校放送・視聴覚教育研究大会会場校
    13. 4. 1 県環境教育研究指定を受ける。
     15. 4. 7 体育館スロープ設置
    15. 7.22 プールトイレ水洗式に改築
    15.11.18 徳島県民会議「親と子のふれあいフォーラム」開催              
    16. 4. 1 文科省「児童生徒の心に響く道徳教育推進事業」の指定を受ける。(~18.3.31)
    16. 6.14 青少年育成県民会議「はばたき賞」受賞
    16.10.22「空き缶リサイクル表彰」受賞
    18. 4. 1 阿南市教育委員会「学力向上」研究指定を受ける。
    19.11.22 「学力向上」研究発表。
    22. 4.20 新型パソコン・新型テレビを設置する。
    23. 3.21 学級園東側に防球ネットを完成する。
    24. 8.28 校舎耐震工事を行う。
    25. 2.28 プールを改修する。
    25. 3.21 体育館外壁を改修する。 
    28.11.17 生活科・総合的学習の時間研究大会会場校(徳島大会)
    29.11.17 四国小学校生活科・総合的な学習教育研究協議会研究大会会場校
    30.10    普通教室にエアコンを設置する。
 令和  1.10    特別教室にエアコンを設置する。

 

PTA活動