教育方針

(1) 基本姿勢

本校の実態を全職員が共通理解し,日本国憲法の精神に基づき,教育基本法に示された教育の目的を達成するため,人権教育を阿南第一中学校教育の基盤にすえ,教育目標の具現化を図る。


(2) 教育目標

  基本的人権を尊重し,心豊かにたくましく生き抜く人間を育てる。

  ① めざす生徒像
   ・相手の立場に立って行動できる思いやりのある生徒
   ・基本的生活習慣を身につけて,自らを律する生徒
   ・自分の進路の実現に向けて,学習に根気強く取り組む生徒
   ・意欲をもって何事にも根気強く取り組む生徒

  ② めざす学校像
   ・明るく楽しい学校
   ・生き生きと活力のある学校
   ・学びあい,共に伸びる学校

  ③ めざす教師像
   ・豊かな人間性をもち,信頼される教師
   ・確かな教育観と使命感をもち,実践する教師
   ・心身共に健康な教師


○ 生徒信条  「時を守り 場を清め 礼を正す」

○ スローガン  「われよし きみよし かれもよし」



(3) 本年度の重点目標

 ① 「確かな学力」の育成のため「学習活動の見える化」を推進する。

 ② 情報発信を通して,家庭・地域から信頼される「地域の学校」を目指す。

 ③ あいさつ日本一の学校作りをする。

 ④ 人権教育の充実を図り,人権文化の花開いた学校作りをする。

 ⑤ 部活動の充実を図り,体育・文化活動両面から生徒を育てる。

 

具体的な活動等

①様々な生徒の学習活動や,取り組みを一目で分かるように掲示を工夫するなど,「学習活動の見える化」に取り組む。
 
② 生徒をみんなで育てる意識のもと,「ふれあい授業」を実践し,指導力の向上を図る。

③授業のめあてや目標の掲示と,授業のまとめの時間の確保を実践する。

④家庭学習の充実のために「家庭学習の友」の活用を一中校区として取り組む。

⑤「全国学力・学習状況調査」の方向性が今求められる学力だと認識し,学校全体で問題について研修する時間と機会を確保する。
 
⑥英検,漢検,数検等に学校を上げて取り組み,たくさんの生徒がチャレンジできるムードをるくる。

⑦ 全教職員が特別支援教育について正しい認識と理解のもと,「個別の指導計画」「個別の教育支援計画」に基づき,個々の生徒の実態に応じた適切な指導を推進する。
 
⑧ 家庭との連絡・連携は,電話や文書だけでなく,直接の面談を常とする。保護者と共に生徒の育成に努める。

⑨ 学校便り,学年便り,ホームページ,メール配信等によって情報発信を行い,保護者や地域と連携を図る。

⑩ 生徒会や委員会活動の活性化を図り,生徒を中心とした活動に積極的に取り組む。生徒のアイデアを積極的に採用する。

⑪ 人権アンケート等をもとに本校の実態を正しくとらえ,いじめのない学校づくりを推進する。

⑫ 不登校等,さまざまな問題に直面している生徒・家庭と真摯に向き合い,欠席が続く場合は,学校長も保護者に面談し解決の糸口を探る。

⑬ 生徒と共に体育活動や文化活動に取り組むことにより,部活動の充実を図る。

⑭ 保幼小中の連携のため,「出前授業」を継続して行う。また,「幼児との触れあい体験」にも取り組む。