教育研究

今日の活動
12345
2020/04/28

臨時休業期間中の学習支援コンテンツ

Tweet ThisSend to Facebook | by 阿波市教職員

阿波市各教科書会社の学習支援コンテンツ

 <学習教材がたくさん提供されています。ご利用ください>

小学校  国語  算数  社会  理科  英語

     音楽  図工  保健  家庭

中学校  国語  数学  社会  理科  英語

     音楽  美術  保健  技術  家庭 
09:12 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | トラックバック(0)
2017/02/01

学力向上推進事業による学校訪問久勝小0126

Tweet ThisSend to Facebook | by 阿波市教職員
 
 学力向上推進事業による学校訪問の第9校目は久勝小学校でした。今回は,その中でキラリと光るICT活用事例の報告をします。
 久勝小学校の子どもたちは,先生や友達の話をしっかりと聞き,落ち着いた学習ができていました。
 5年生は,国語「事例と意見の関係をおさえて,自分の考えをまとめましょう」の学習でした。黒板のスクリーン上には,デジタル教科書の画面が映っており,導入で子どもたちの興味関心を高め,めあてを明確につかませるために使われていました(左上の写真)。重要キーワードである「想像力のスイッチ」という表現を大きく映し出したことがよかったと思います。
 3年生は,国語「カンジーはかせの音訓かるた」の学習でした。子どもたちは,音訓のプリントをする中で漢字の音読み訓読みを理解した後,デジタル教科書のカンジーはかせが作った歌を音読しました(右上の写真)。スクリーンには,デジタル教科書の必要な部分ができるだけ大きく映されていたので,分かりやすいと思いました。

 阿波市教育研究所のホームページから学習コンテンツを紹介します。コンテンツは,小学校用と中学校用に分かれ(左下),さらに各教科ごとに分類されています。その中でも,今回は中学校数学から「自学自習力をはぐくむワークブック(右下)」を紹介します。このワークブック問題は,「生徒が、放課後学習や家庭学習において自主的に学習することができる教材」で「各学校の生徒の実態に応じてシートを加工して活用することも可能」であること。「『「知識・技能」の定着をはかる問題』とともに、『「知識」の意味理解を問う問題』や『考え方を問う問題』などを段階的に取り組むことにより、数学的な見方・考え方の基礎を養うこと」をねらいとしています。(大阪府教育委員会「ワークブックのねらいと解説」より)なお,ワークブックは,この他小学校(国語・算数),中学校(国語・英語)があり,それぞれ学習コンテンツのリンク集内にあります。
 

18:44 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2017/01/30

学力向上推進事業による学校訪問林小0127

Tweet ThisSend to Facebook | by 阿波市教職員
 
 学力向上推進事業による学校訪問の第10校目は林小学校でした。今回は,その中でキラリと光るICT活用事例の報告をします。
 林小学校では,どのクラスでも,めあてをきちんと示し,子どもたちが,人の話をしっかりと聞き,落ち着いた学習ができていました。
 3年松組は,国語「コンピュータのローマ字入力」の学習でした。キーボードが書かれたプリントを実物投影機を通してテレビに映し,ローマ字で表された文字をどのキーで打ち込んだらよいかを赤でぬって示していました。その後,ローマ字のカードを使って子どもたちが単語を黒板に貼っていました(左上の写真)。机の上には,キーボードが置かれ,実際にキーを確かめたり,打ち込んだりしていました。
 4年松組は,国語「熟語の意味を考えよう」の学習でした。スクリーンにはデジタル教科書の中の関係ページが映されていて,次々と順番に出てくる熟語を全員で声をそろえて読んでいました。(右上の写真)。大画面に子どもたちの視線が集中しており,意識が散漫にならず子どもたちの関心・意欲が持続していました。また,子どもたちの目線が上がることから,反応を把握しやすくなり,映された漢字を本当に見ているか容易に確認することができていました。 
 6年竹組は,算数「まとめ~量のたしかめ~」の学習でした。先生はテレビの画面に,デジタル教科書の面積の単位をまとめたページを映し,これまでの学習の振り返りをしました。その後,単位を換算する問題を解き,一人ずつ黒板に書いたり説明をしたりしました(左下の写真)。
  6年松組は,外国語「自分の行きたい国について調べよう」の学習でした。子どもたちは,1人1台ずつタブレットPCや電子辞書を使って行きたい国の衣食住等の情報を調べ,ワークシートに書き出していました。(右下の写真)。電子辞書の百科事典を使えば,外国の世界遺産等がすぐに調べられて便利だと思いました。
 

11:40 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2017/01/26

学力向上推進事業による学校訪問大俣小0125

Tweet ThisSend to Facebook | by 阿波市教職員
 
 学力向上推進事業による学校訪問の第8校目は大俣小学校でした。今回は,その中でキラリと光るICT活用事例の報告をします。
 大俣小学校では,どのクラスも児童は授業に集中して取り組み,落ち着いた学習ができていました。
 3年生は,理科「じしゃくのふしぎ」の学習でした。先生が実物投影機で教科書をスクリーンに映して説明をしました(左上の写真)。特にめあてを確認する場面では,教科書のめあてが書かれた部分をMAXズームしてはっきりと映し出して全員が読み,課題を明確化させることができました。
 1年生は,国語「たぬきの糸車」の学習でした。先生が登場人物をたずねる時,どこで分かったのか根拠を示すよう求めました。その時,子どもが実物投影機でスクリーンに拡大投射した教科書の本文を指示棒で指し示しながら答えていました(右上の写真)。低学年では,言葉だけで答えるより,実物(に近い物)を見ながらの方がよく分かると思います。さらに,子どもたちは自ら進んで指示棒を取りに行き,説明を始めた点もすばらしいと思いました。
 6年生は,社会「内閣のはたらき」の学習でした。子どもたちは,一人一台ずつタブレットPCを使って内閣の各省について調べ,分かったことをノートにまとめていました(左下の写真)。
内閣の各省庁には子ども向けキッズページが用意されており,そこを見て調べるだけでなく,まとめて書くことにチャレンジしていました。大型TVには授業支援ソフトの中のタイマーが用意され,うまく時間配分を行っていました。
  5年生は,算数「見積もりを使って」の学習でした。電子黒板は,先生が実物投影機を通して教科書を拡大して映し説明に使ったり,問題の解き方を書いたノートを映して子どもたちが説明するのに使ったりしていました(右下の写真)。子どものノート等を簡単に大きく見せることができるのは,実物投影機が一番です。大俣小のようにICT専用台にプロジェクターとセットでつなげて置いておけば,いつでも即見せられます。
 

08:13 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2017/01/25

学力向上推進事業による学校訪問御所小0124

Tweet ThisSend to Facebook | by 阿波市教職員
 
 学力向上推進事業による学校訪問の第7校目は御所小学校でした。今回は,その中でキラリと光るICT活用事例の報告をします。
 御所小学校の子どもたちは,先生や友だちの話をよく聞き,よく考え,積極的に発表し,学習に集中していました。

 1年生は,算数「20よりも大きい数」の学習でした。教室前に置かれた電子黒板には1から100までの数が10ずつ並んでいる表が映っており,そこから見つけたことを子どもが前に出て皆に説明していました。(左上の写真)。何人かの子どもが発表した後,自然と子どもたちが本時のめあてを考えていました。「興味関心を高める」「課題を明確につかませる」というICT活用の導入での好事例だと思いました。
 2年生は,国語「詩を作ろう 見たこと感じたこと」の学習でした。まずは,めいめいが詩に書きたい題材についてノートにイメージマップを書き,それを実物投影機からスクリーンに投影しながら,みんなで感じた言葉を考えて,マップを広げていきました(右上の写真)。先生が必要な部分をMAXズームしたので,実際に子どもの発言が書き込まれイメージが広がっていく様子がよく分かりました。
 5年生は,総合「1年間の思い出を発表しよう」の学習でした。子どもたちは,宿泊学習,運動会,米作り等グループごとに分担を決めて調べたことを1人ずつ「はっぴょう名人」を使ってまとめていました(左下の写真)。まとめ方については,各グループで相談しながら協力して進めていくことができていました。
 6年生は,国語「自然に学ぶ暮らし」の学習でした。デジタル教科書の作文のまとめ方とその例文のページをスクリーンに拡大して映して先生が説明した後,原稿用紙にめいめいがこの学習から学んだことを考え,書いていきました(右下の写真)。デジタル教科書の拡大機能を活用し,作文例の優れた表現やよいところを学級で考えることができてよいと思いました。
 

08:12 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
12345

英語教育データベース

阿波市小学校英語教育データベース
検索検索
123456










123456