本年度の重点目標及び具体的方策

 (1)確かな学力を身につけた子どもの育成

       ① 学習規律を徹底し,基礎学力の定着を図るとともに,指導方法の工夫改善により,主体的に学ぼうとする
    態度を育成する。

       ② 発達段階に応じた基本的学習習慣・スキルを身につけさせるとともに,家庭での学習習慣の定着を図る。   

       ③ 読書活動と話し合い学び合う活動を推進し,言語活動の充実を図る。
       ④教師の授業力向上を図り,一人ひとりの学習課題を十分に把握した楽しくよく分かる授業を目指す。
 (2)思いやりと感謝の心をもって人と関わる子どもの育成

       ① 道徳教育,人権教育,特別支援教育,生徒指導充実の視点に立ち,自尊感情や規範意識を高めるとともに
           思いやりと感謝の心を育む。        
       ② 気持ちのよいあいさつができる習慣と場に応じた言葉遣いを身につけさせ,人と関わりつながる力の基盤
    をつくる。

       ③ 委員会活動,なかよし班活動等の充実により,学年を超えて仲間とともに活動する楽しさを味わわせると
    ともに,責任感・達成感・所属感を育む。
 
 (3)健康でたくましい心身をもった子どもの育成

       ① 健康・安全教育の充実により,心身ともに健康でたくましい子どもを育成する。
       ② 体力づくりの工夫と運動の習慣化を進め,運動能力の向上を図る。 

  ③ 家庭と連携し,発達段階に応じた食育を推進する。

 (4)開かれた学校・信頼される学校づくり

       ① 学校教育活動の公開と適切な情報提供に努める。
        ② 家庭・地域社会との連携・交流を図る。

       ③ 学校評価を生かして教育活動の改善を図る。
(5)業務改善やワークライフバランスの推進
  ①業務内容の見直しを図り,子どもたちと向き合う時間の確保を図る。
  ②教職員の在校時間管理の適正化に努め,ワークライフバランスの推進を図る。

 

地域

    阿讃山脈の南,宮川内谷川の扇状地に広がる農村地帯で,ハウス園芸や果樹・洋ラン栽培に加え,四国霊場の札所や「御所のたらいうどん」でも知られている。
 徳島自動車道の土成ICや東かがわ市に通じる国道318号線も通っており,近年交通量が増加しつつある。
 校区は桜,緑,旭,自彊,神藤,同志,共愛の7地区からなっている。
 

学校の歴史

明 5・ 6 宮川内村に宮川小学校創設
明29・ 4 御所尋常小学校設立
昭16・ 4 御所村国民学校と改称
昭22・ 4 板野郡御所小学校と改称
昭38・ 2 校歌制定
昭43・ 4 校舎完成(鉄筋4,950万円)
昭45・ 3 平間分校休校
昭53・    7 プール新設
平 4・11 第22回徳島県小学校同和教育研究大会開催
平10・11 第4回徳島県小学校教育研究会生活科部会研究大会開催
平13・ 3 平間分校廃校
平13・ 4 英語活動開始
平17・ 4 阿波市立御所小学校と改称(4月,土成・吉野・市場・阿波の4町合併)
平18・11 新築校舎・体育館完成  落成式
平19・ 4 英語教育の在り方に関する調査研究協力校事業指定
平19・10 平成19年度学力向上拠点形成事業研究指定 研究発表会
平19・11 旧校舎跡に新しい運動場完成
平22・11 第57回徳島県小学校理科教育研究会阿波市大会開催
平23・11 第58回徳島県小学校理科教育研究会開催
平25.    2   新学校版環境ISO認証校となる
平25.    3   プール本体防水工事完了
平28.    3   防災倉庫設置
平29.    8   普通教室にエアコン設置完了
平30. 4 道徳教育実践研究事業
 

児童数

 
ひまわり
学級
なのはな
学級
たんぽぽ
学級
こすもす
学級
1年
2年
3年
4年
5年
6年
合計
男子
4
4
0
0
11
14
8
10
8
17
76
女子
1
2
1
1
13
15
8
12
11
14
78
合計
5
6
1
1
24
29
16
22
19
31
154
                                       (H30.4.1 現在)          
 

日課

 

児童活動組織

 

PTA組織

 
       校訓 「つよく やさしく」