訪問者数148850
校章

平成30年度 
全児童数 101名

1年 男子  5名 女子  7名 計12名
2年 男子11名 女子10名 計21名
3年 男子  9名 女子  7名 計16名
4年 男子10名 女子  9名 計19名
5年 男子  2名 女子12名 計14名
6年 男子10名 女子  9名 計19名

2018年11月5日現在

購買値段表2018.pdf
 
携帯サイト

地域の特色

 

 大俣小学校は、阿讃山脈のふもとに位置し、日開谷川がつくった扇状地上にあります。校区北部には城王山(630m)や伊笠山(704.8m)がそびえ、北端は香川県東かがわ市五名に接しています。南側は阿波町久勝に接し、そのさらに南には吉野川が流れています。東は土成町や市場町市場に、西は阿波町に接しています。また、校区を東西に横断する形で徳島自動車道が通り、北に向かっては県道2号線が伸び、四国八十八番札所大窪寺へとつながっています。古より東西と南北の交通の要衝として重要な位置を占めた地域であり、校区内には関所跡などの史跡も残されています。
 現在の大俣小学校は、大影小学校・日開谷小学校と統合されています。3校分の歴史と伝統を受け継いで、子どもたちは地域の方に見守られ、ふるさとを愛する心をもち、豊かな自然の中で学業に勤しみ、のびのびと健やかに成長しています。

 

学校の沿革

  明治 7年 9月  創立 協力校として西原に創立
   〃 11年 4月  公立大俣小学校と校名変更
   〃 19年 9月  大俣尋常小学校と校名変更
   〃 25年 9月  大俣上喜来尋常小学校と校名変更
   〃 43年 9月  大俣尋常高等小学校と校名変更
  昭和12年 9月  講堂落成
   〃 16年 4月  阿波郡大俣村大俣国民学校と校名変更
   〃 22年 4月  阿波郡大俣村大俣小学校と校名変更
   〃 31年 3月  双葉園建設
   〃 34年 3月  体育指導優秀校として文部大臣表彰
   〃 36年 9月  県下彫塑コンクール第1位入賞
   〃 39年 3月  学校安全優秀校として県表彰
   〃 39年 7月  プール新設
   〃 41年 2月  完全給食優秀校として県教育委員会表彰
   〃 43年10月  岩石園構築
   〃 43年11月  子ども協同組合 農林中央金庫表彰
   〃 46年 6月  文部省指定研究(国語教科書協力校)
   〃 49年 5月  大俣小学校創立百周年記念祭協賛会結成
   〃 49年11月   大俣小学校創立百周年記念式典・諸行事・事業施工
   〃 51年 9月  自然飼育観察園造成
   〃 52年 3月  花いっぱい運動特別賞受賞(連続3か年奨励賞受賞)
   〃 52年11月  全国水泳連盟より水泳優秀校として全国表彰
   〃 53年 3月  全国水泳優秀校表彰記念大時計台建設竣工
   〃 54年 6月  鉄筋3階建校舎竣工・授業開始
   〃 54年11月  校舎落成記念式典
   〃 56年 4月  造形砂場造成
   〃 57年 5月  トランペット鼓隊新設
   〃 58年11月  文部省指定研究発表会(道徳教育協同推進校)
   〃 63年 3月  体育館落成・井内勝重氏胸像竣工
  平成 元年 3月  プール竣工
   〃  2年 4月  学童・生徒のボランティア活動普及事業協力校指定
   〃  3年 3月  運動場周辺フェンス完成
   〃  5年 7月  玄関北側スロープ設置
   〃  8年 9月  体育倉庫竣工
   〃  9年11月  県小教研特別活動部会郡市大会
   〃 10年11月  四国・県小教研特別活動研究大会
   〃 12年 4月  大影小・日開谷小を統合
   〃 13年 3月  校舎照明設備全面交換工事完了
   〃 15年10月  校舎増築(3教室)
   〃 17年 2月  運動場夜間照明設置
   〃 17年 4月  阿波市合併により阿波市立大俣小学校と校名変更
   〃 18年 4月  豊かな体験活動推進事業指定,人権教育総合推進事業指定
   〃 19年 4月  小学校における英語活動等国際理解活動推進事業指定
   〃 24年 7月       校舎耐震・改修工事
   〃 26年11月  県小教研生徒指導研究大会
   〃 26年 2月  徳島県新学校版環境ISO認定
   〃 28年 8月  体育館内装外装改修工事
   〃 29年 2月  全日本小学校管楽器合奏フェスティバル出場