3. 学校経営方針

3 学校経営方針

(1)学校教育目標
    互いの命を大切にし志の実現に向けともに歩む生徒の育成

    合い言葉

    あきらめてはいけない。いかなる時も希望は自分の心の中にある。

(2)めざす学校像
        ~「わくわく,生き生き,ニコニコ」できる学校生活~
 ①学校は,学ぶところ。わかりやすい授業展開とつまずきが許される学校
 ②生徒や教職員が安心して,学び,働くことができる学校
 ③生徒同士,教職員同士または,生徒と教職員同士の共感的な人間関係や
  自己存在感が大切にされる学校
 ④保護者や地域に信頼され,地域の誇りとして愛される学校

(3)めざす生徒像
 ①夢に向けて仲間とともに,ねばり強く歩みつづける生徒
 ②豊かな感性と人権感覚を持ち,自他の命や人権を大切にできる生徒
 ③基本的生活習慣を確立し,社会の一員としての自覚を持った心身ともに健
  やかな生徒
 ④互いの「ちがい」を認め合い,支え合いながら活動できる心豊かな生徒


(4)めざす教職員像
 ①生徒の生活の背景や悩みや夢をしっかりと受けとめ,寄り添い,ともに歩
  める教職員
 ②「教えることは学ぶこと」を忘れず,絶えず職務能力の向上に取り組む教
  職員
 ③教育の根幹は信頼であること自覚し,家庭や地域と連携する教職員
 ④教職員チームの一員としての自覚と教育公務員としての責務を忘れない教
  職員


(5)本年度の具体的努力目標
 ①豊かな心の育成 
  ○道徳教育の充実
    ・道徳の時間の確保と実施
    ・道徳の時間の授業力向上
  ○人権教育の充実・いじめのない学校
    ・自尊感情を高め,互いに支え合う生徒の育成
    ・家庭や地域と一体となった人権教育の推進
    ・いじめをしない・させない・許さない学校づくり
  ○生徒指導の充実
    ・素直に挨拶ができ,挨拶を返すことができる生徒の育成
    ・基本的生活習慣の定着
  ○生徒会活動・学級会活動の充実
         ・各委員会の具体的な月間目標の達成
         ・朝の挨拶運動などによる挨拶の定着
       ○環境・福祉ボランティア教育の充実
       ・ペットボトルのキャップやプルタブ集めの推進
       ・花を増やす,清掃活動の充実など環境整備

 ②確かな学力の育成,進路指導,総合的な学習の時間,特別支援教育の充実 
  ○主体的な学びを育む授業の実践
    ・アクティブ・ラーニングなどについての校内研修の実施
    ・授業研究会の実施
  ○表現力(コミュニケーション力)の育成
    ・メモや原稿に頼らず,スピーチや発表のできる生徒の育成
    ・根拠を明らかにして,積極的に自分の意見を述べることのできる生徒の
    育成
  ○進路指導の充実
    ・系統的なキャリア教育の推進
    ・職場体験・体験学習等への積極的な参加
  ○総合的な学習の時間の充実
         ・ふるさとを再発見する地域学習や職業体験及び高校の体験学習等,豊か
    な体験
     活動の推進
         ・学習成果の共有とプレゼンテーション能力の育成
  ○特別支援教育の充実
    ・特別支援学級在籍生徒が,学習に集中できる教室環境の充実
    ・「個別の指導計画」を見直し,教科学習や自立活動を充実する
    ・通常学級に在籍する支援の必要な生徒が,学習に集中できる教室環境の充実

 ③健康・安全教育,食育の推進  
  ○健康でたくましい体力の育成
    ・積極的に運動に参加し,親しむ態度を育てる。
    ・自分の体に興味を持ち,健康づくりのための知識を養う。
         ・心身の健康に関心をもたせ,自らの健康生活の実践力を養う。
    ・命の大切さと自他を大切にする生き方を考えさせる。
  ○安全教育の充実
    ・交通ルール・マナーを守る生徒の育成
    ・日常生活に即した様々な事象に対して安全に行動する態度を育てる。
  ○食育の充実
    ・食事の重要性や楽しさを理解する。
    ・食物を大切にし,食物の生産に関わる人々へ感謝の心を育てる。

 ⑥研修の充実
  ○校内研修の工夫改善と計画的な実施
    ・課題を明確にした校内研修の実施
    ・協同的な校内研修の工夫
  ○OJTの充実
   ・教師同士の学び合いの機会を増やす。

 ⑦開かれた学校教育の推進
     ○家庭・地域社会,関係機関との連携
          ・学校からの積極的な情報発信と学校公開の推進 
          ・各種関係機関や小学校との連携 
       ○学校評価の充実
         ・主体的な学校評価の実践と学校関係者評価委員会の実施 
         ・PDCAマネージメントサイクルによる改善充実