訪問者数240706



 

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

お知らせ

                              校長室から(令和元年7月)      

 一日も早い梅雨明けが待たれます。早いもので7月。1学期も残すところわずかとなりました。7月20日より子どもたちの待ちに待った夏休みが始まります。
 3年生。いよいよ受検のスタートを切らなければならない時期になってきました。学校では,勉強会も開催しますが,やはり鍵となるのは『家庭学習』です。自分自身としっかり向き合い,まずは,得意な教科や苦手な教科,自信のある分野や自信のない分野をしっかりと確認することが大切です。課題に漠然と取り組むだけでは,本当の力は身につきません。明確な課題をもって学習に取り組みましょう。
  また,高校体験学習があります。志望する高校や興味のある高校の様子をしっかりと体験してきてください。そして,今後の進路決定に役立ててください。
  2年生・1年生。まずは部活動にしっかり取り組み,自分自身の体力や技術,そしてチームメイトとの絆を深めていきましょう。そうすることが,2学期以降の大会に大きく影響してきます。そして,次は学習。学校からの課題を計画的に進めていきましょう。
  また,8月31日(土)には,吉中祭があります。思い出と多き吉中祭となるよう,夏休みを有効に活用して計画や準備を進めてください。
                            
                    
                                 校長室から(令和元年6月)      

 すっきりしない空模様の日が続いています。しばらく更新が出来ていませんでしたが,早6月も中旬です。6月といえば,市総合体育大会の季節です。各郡市では県大会出場をかけた予選が行われます。阿波市では,6月15日のサッカーをかわきりに,6月22・23日に市内各地で開催されます。
 「総体」は運動部活動に取り組んできた生徒にとっては,中学校部活動のまとめの大会であり,中学校の大きな行事の一つです。3年生は,この大会で予選を勝ち抜くことが出来なければ,そこで終わってしまいます。ですから,普段の大会よりも当然意気込みが違ってきます。この3年間,厳しい練習に耐え抜き培ってきた力と技で,この大会に挑んでください。悔いが残らぬよう,全力で大会に挑んでください。


                        校長室から(平成31年4月)

 満開の桜の中,平成31年度がスタートしました。登校してくる子どもたちは,どこかウキウキした気分なのでしょうか,自転車をこぐ姿が軽やかに見えました。きっと新学年を迎えた喜びと「新しい担任の先生は誰だろう」「誰と同じクラスだろう」といった期待が殻なのでしょう。
  着任式では6名の新しい先生を迎えました。そして,始業式では,「これまで頑張ってきた自分に自信を持つこと。そして,現在の殻を破る勇気を持つこと」を話しました。
  そして,いよいよ担任とクラス発表。このメンバーでより充実した学校生活を送り,自らの目標を達成するための努力を重ねていきましょう。

  吉野中学校教職員一同,子どもたちが掲げた目標を達成できるよう精一杯取り組んでまいります。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

                           校長室から(平成31年3月)

 3月8日(金),本校第60回卒業証書授与式が行われました。今年は56名の3年生が,本校を巣立っていきました。4月からの新生活では,今までとは生活環境がガラッと変わってしまいます。それでも,本校で身につけた力をもとに,自分自身を成長させていってください。卒業生の益々のご発展とご活躍を祈っています。
 卒業と同時に,2年生は最高学年に,1年生は中堅学年へと一つ階段を上ります。自らの行動に自覚と責任を持って学校生活を送ってほしいと思います。


                              校長室から(平成31年2月)

 2月19・20日は,高校入試の出願ありました。これまで自分の進路について一生懸命考え,この高校で頑張りたいという気持ちをもって,最終的な答えを出しました。
出願を終えてホッとしている人もいるかもしれませんが,まだ終わったわけではありません。最後の追い込みにかかりましょう。
 それとともに大切なのは健康管理です。ここで怪我や病気になってしまったのでは,自分の力を十分に発揮できません。3月5・6日の試験には,心も体もベストコンディションで挑めるよう,体調管理にも十分気をつけてください。
 そして,全員が「合格通知」をもらえるようにしましょう。吉野中学校の先生方全員で祈っています。


                  校長室から(平成31年2月)

 
   早いもので,平成30年度も残り2カ月足らずとなりました。3年生は,高校入試に向けていよいよ最後の追い込みです。問題集やプリントを持って職員室の先生へ質問にくる姿や放課後遅くまで教室で勉強する姿が多くなりました。吉野中学校のすべての先生が皆さんを応援しています。それぞれの進路の実現に向けてラストスパートです。頑張ろう。  1・2年生は,基礎学力テストを目前に控えており,勉強に打ち込んでいる人も一人,二人と増えてきました。まだまだ高校入試には時間がありますが,今の自分の実力をはかるにはとてもよい機会です。特に2年生の皆さんは,そろそろ具体的に進学校を考えてほしいと思います。単なるあこがれや思いつきでなく,「A高校に進むにはあと○○点」とか「工業について学びたいからB高校」というふうに,今の自分と各高校の特徴を重ね合わせながら,考えていきましょう。
 すべては“明日の自分”のためです。頑張りましょう。

       校長室から(平成30年12月)


 長かった2学期も12月21日(金)をもって終了しました。残暑の中,みんなで協力した吉中祭。体育館に美しい声を響かせた合唱コンクールや趣向を凝らした出し物。そして,大勢の人で賑わったバザー。新チームとなっての力試しともいえる市新人体育大会。歯を食いしばってタスキをつないだ市・県駅伝競走大会。みんなで声を出し,調子を合わせた餅つき。いくつもの行事が行われました。
 そんななか,校舎では改修工事が着々と進んでいきました。引っ越しもすべて完了し,生まれ変わった校舎での生活が始まりました。生徒から「うわあ,きれいになった」「嬉しい」の声が聞かれました。3学期からは,こうした喜びや気持ちを大切に学習・部活動に取り組んでほしいと思います。
 


                                  校長室から(平成30年12月)
 今年のカレンダーも残すところ1枚となりました。
 1日の参観日には,多くの保護者の皆様にご参加いただき大変ありがとうございました。子どもたちの学習の様子はいかがでしたでしょうか。ご意見やご感想があればお寄せください。
 授業参観のあとの餅つきには,地域の有志の方やPTA役員の皆様,そして保護者の皆様のご協力をいただき,無事終えることができました。本当にありがとうございました。子どもたちも楽しく餅つきができたようです。
 夏休みから始まった校舎の改修工事は,間もなく完了となります。冬休み前には,新しくなった校舎での学校生活が始まります。気分も新たに,学習・部活動に励んでほしいと思います。

          校長室から(平成30年11月)

 朝夕の風が身にしみる季節となりました。先日まで,半袖で暮らしていたのに,今では上着が必要となりました。
 前回の「校長室から」でふれたように,10・11月は,まさに「芸術の秋」「スポーツの秋」を思われる行事がありました。市小中高合同音楽祭や中学校音楽会,市駅伝大会や各運動部活動の市・県の新人大会等です。優秀な成績を収めることができた大会,今一つ力及ばず悔し涙を流した試合,それぞれに結果は違いますが,子どもたちにとって大きな収穫と課題になったようです。
「勝っておごらず,敗れてあきらめず」
次回に向けて,練習を積み重ねることで大きな成長につながります。今後の生徒たちの頑張りに期待しています。

                      校長室から(平成30年9月)
 朝夕に秋の気配を感じます。仮設校舎での生活もそろそろ1箇月を迎えます。生徒たちは,特別教室のない不便さを感じながらも,少しずつ生活に慣れてきました。
 秋といえば,「実りの秋」「読書の秋」「スポーツの秋」「勉強の秋」といろいろな秋があります。
 3年生にとっては,いよいよ自分の進路実現に向けて突き進む時期となりました。受検に対して特別な学習はありません。今の自分を見つめながら,コツコツと学習を進めるしかないのです。学習を進める中で,悩みや不安,そしていらだちを感じることがあるかもしれません。そんなときは,先生に相談してみましょう。きっといい解決法を見つけられると思います。
 1・2年生の皆さんは,自分の目標をしっかりと見定め,目標の達成に向けて努力を続けていきましょう。
                                                                   平成30年9月19日 
                                                                      校長 湯浅成昭