学校の沿革

明治 6.10公立宍喰小学校設立 願行寺を借りて授業
明治18.校舎新築
明治19.10. 1宍喰尋常小学校と改称
明治27. 4. 1宍喰尋常高等小学校と改称{尋常科157名 高専科38名在籍}
大正 3.11.17竹ケ島分教場改築
大正12.10.31校地移転改築 旧校舎古材使用(宇久保51番地)
昭和 7. 8. 1徳島県海部郡宍喰尋常高等小学校と改称{465名在籍}
昭和16. 4. 1徳島県海部郡宍喰町宍喰国民学校と改称
昭和19. 4. 1併設宍喰青年学校独立
昭和22. 4. 1六三制施行徳島県海部都宍喰町宍喰小学校として改篇{592名在籍}
昭和25. 2. 7竹ケ島分教場増築落戌
昭和25. 3.25天皇陛下行幸教育状況視察
昭和25.11. 6宍喰中学校校舎竣工移転 海南高等学校宍喰分校併置(2教室貸与)
昭和27. 9. 1校歌制定,宍喰幼稚園設立(本綾に併設)
昭和35. 3.12学校給食開始{654名在籍}
昭和41. 旧体育館完成 旧特別教室(音.家)管理棟併設{480名在籍}
昭和44. 4. 1すぎのこ学級設置
昭和47. 8. 6プール新設(25m 7コース)
昭和50. 2.16竹ケ島分校校舎鉄筋コンクリート新築(集会室併設){340名在籍}
昭和58. 4. 1角坂小学校を統合(317名在籍)杭瀬小学校を統合
昭和62. 4. 1新校舎(鉄筋コンクリート3階建)竣工移転(字松本88番地)
昭和63. 3.25新給食棟完成
平成 1. 3.10新体育館落成
平成 1. 4.24竹ケ島分校完全給食実施{336名在籍}
平成 2. 6. 7文部省「体力つくり推進校」の指定
平成 2. 9. 1新校庭完成
平成 9. 3.25校訓石碑設置
平成 9. 4.12町民プール落成{231名在籍}
平成15.11.20文科省指定「安全かつ安心な学校給食推進事業」の発表
平成16.11.19第1回徳島県「総合的な学習の時間」研究大会会場{177名在籍}
平成18. 3.31宍喰・海部・海南3町合併により,海陽町立宍喰小学校と改称
平成19. 4. 1竹ケ島分校休校,のびっこ教室設置
 

歴代校長

(初代)由 木 重 蔵(明27. 4)

( 2代)佐 藤 重太郎(明31. 4)

( 3代)西 田 秀 三(明33. 4)

( 4代)久 米 芳 衛(明43. 1)

( 5代)近 藤 小八郎(大 7. 3)

( 6代)沼 田 幸二郎(大 8. 9)

( 7代)池 内 豊太郎(大15. 3)

( 8代)谷   玉 樹(昭 6. 3)

( 9代)菊 谷 勢 吉(昭11. 3)

(10代)山 本 才 次(昭12. 3)

(11代)近 藤 一 雄(昭18. 7)

(12代)湯 浅 勇 喜(昭22. 4)

(13代)北 川   茂(昭26. 4)

(14代)池 田 良 隆(昭36. 4)

(15代)日 浦 芳 蔵(昭41. 4)

(16代)山 口 正 一(昭45. 4)

(17代)池 内 清 浩(昭48. 4)

(18代)山 口   修(昭52. 4)

(19代)川 内 清 明(昭58. 4)

(20代)佐 藤 良太郎(昭59. 4)

(21代)池 田 孝 司(昭63. 4)

(22代)大 田 充 治(平 3. 4)

(23代)金 本 正 幸(平 7. 4)

(24代)岡 澤 祖 一(平 9. 4)

(25代)福 本 吉 宏(平13. 4)

(26代)新 田 雄 三(平15. 4)

(27代)外 礒 やよひ(平18. 4)

(28代)皆 津 隆 一(平22. 4)

(29代)吉 田 忠 司(平25.4)
(30代)吉 成 高 志(平27.4)
(31代)矢 野 典 浩(平29.4)