学校経営概要


令和2年度 学校経営の概要   

1 校訓   
  「自律・創造」       
    自律: 自分の気ままをおさえ,自分で立てた規則に従って、自分のことは自分で
        やっていく力をつけること
    創造: ねばり強く取り組み、それまでなかったものをはじめて作り出すこと

2 教育目標
 
『学校教育目標』
  夢や目標を持ち、その実現に向かって主体的に行動でき、心豊かでたくましく生きる生徒を育てる 

 (1) めざす学校像
   「安心して学べ、確かな学力をつける学校」 
   ア いっしょに頑張る仲間がいる学校  
   イ わかるまで教えてくれる先生のいる学校                    

 (2) めざす生徒像
   ア 何事にも主体的に取り組み、ねばり強く活動できる生徒
   イ 他の人の心情を理解し、自分の立場を自覚して行動できる生徒
   ウ 将来への展望を持ち、集団や社会の中で自己を生かせる生徒

 (3) めざす教師像
   ア 教育への情熱と使命感にあふれる教師
   イ 鋭い人権感覚を持ち、自ら行動できる教師
   ウ 豊かな人間性を具え、いつも生徒のために生徒と共にある教師

3 経営の方針      
 ① 生徒のことを第一に考えた学校運営を行う
 ② 目的達成のため、全教職員が意図的・組織的・計画的に取り組む
 ③ 「報告・連絡・相談・確認」を日々心がけ、全教職員の共通理解のもと一致協力して動ける
   教職員集団を実現する
 ④ 学校・家庭・地域の連携を深め、開かれた学校づくりをめざす
 

4 本年度の重点目標
 「自律から自立へ,協働から創造への人づくりに取り組む。」
  人づくりの基盤として,命の大切さを教え,習慣や規範を育てる。
  他者との関係性から人間性を築き,将来の展望を獲得させる。

 ① 心の教育の推進(命の尊重・自他の尊重の精神の育成)
  ・授業(道徳・人権)の充実
  ・行事・体験活動・常時指導と授業の関連付けの深化
  ・いじめを許さない指導の徹底
  
 ② 生徒指導の充実(基本的生活習慣・規範意識の育成)
  ・生徒理解の深化と常時指導の徹底
  ・一貫性のある指導の徹底と組織対応の充実
  ・生徒会活動の充実

 ③ キャリア教育の推進(自己客観視力・人間関係形成力の育成
  ・多様な交流や地域に根ざした体験活動の充実
  ・振り返りや内省の機会を設定し,広い視野から関係性に気づかせる指導の充実
  ・将来の展望を獲得させ,実現への努力を育成する指導の充実
 
 ④
 学力の向上(学習習慣・主体的な学習意欲の育成)
  ・授業規律の徹底
  ・分かる授業の工夫改善
  ・個に応じた指導の充実