校長室だより

校長室より >> 記事詳細

2021/01/25

人権に配慮した冷静な行動について(お願い)

Tweet ThisSend to Facebook | by 高志小学校
 先週は町内で新型コロナウイルス感染症の陽性者が発生したということで,本校でも,大事をとって,急きょ多くの予定を変更させていただきました。直前の変更ということで,大変ご迷惑をおかけしたことと拝察いたします。

 国も県も町も示しているように,新型コロナウイルス感染症は,いつ誰がどのような状況で発症してもおかしくないくらい,その感染を防ぐことは難しい感染症です。そのため,予防という意味で,感染した方が、どこに住んでいて,どの会社や学校に所属しているかなど,調べたくなると思われます。また,その方の家族の関係などについても,いろいろなうわさ話や,憶測によるデマなども起こりやすくなります。
 これまで,4月のトイレットペーパー不足のデマに限らず,日本では,○○が健康によいというテレビ番組により,スーパーからその品物がなくなるなど,不確かな情報に振り回された社会現象を度々おこしてきました。緊急事態宣言の出されている地域では,営業自粛を行っていない店舗に,そのことを誹謗する張り紙がされたり,感染者の家に落書きをしたりするなどの問題も至るところで起こっていることは周知の事実であります。

 実はこれらのようなうわさなどの広がりにおいては,コロナ関連の話だけでなく,ふだんの生活でも,「あの子は,学校でこんなことをして,いつも叱られている」とか,「こういう意地悪をして困らせている」などと,事実と異なる話が,本人とは関係のないところで広まり,誤解を生むような場面も起こり得ます。

 高志小学校では,子供達に人権問題に敏感で,互いに思いやりのある心をもつ人間に育ってほしいと願い,人権教育を大切にしております。保護者の皆様におかれましても,これら人権問題のことについて,子供達と一緒に考える機会としていただきたく,お願い申し上げます。

高志小学校 校長 中川斉史

11:53