学校経営の概要


絵文字:虫眼鏡以下のリンクからも、同じ内容がPDF形式でご覧いただけます。

      平成30年度 学校経営の概要.pdf

                     
                                     平成30年度 学校経営の概要

(1)教育目標
      知・徳・体の調和がとれ,心豊かにたくましく生きる子どもを育成する。

(2)めざす学校像・子ども像・教職員像
   <めざす学校像>
        ○ 一人ひとりのよさと力を伸ばす学校
       ○ 活力のある生き生きとした学校
       ○ 地域とともにある学校
  <めざす子ども像>                            
          ○ 思いやりのある子
          ○ 何事にも進んで取り組む子
          ○ 明るく元気な子
 <めざす教職員像>
          ○  課題をもち,前向きに取り組む実践力のある教職員
          ○ 主体性と創造性をもち,組織の一員として協働する教職員                                     
          ○ 保護者・地域から信頼される教職員           

(3)学校経営方針
    ①めざす学校づくりに向けて,全教職員が組織的に取り組む。
    ②一人ひとりの子どもを大切に,教育活動の全領域において人権教育を徹底する。
    ③全校体制のもと,特別支援教育・生徒指導の充実を図る。
    ④教職員研修の充実・活性化を図り,子どもの「生きる力」を育む。
    ⑤保護者・地域との連携を深め,地域の教育力を生かした学校づくりを進める。

(4)本年度の主な取組と方策
    ①人権教育の推進
      ・一人ひとりの子どもを生かし,大切にする学級・学校づくりをする。
   ・互いのよさを認め合う仲間づくりを進める。
   ・学校全体であいさつ運動をさらに推進する。
   ・やさしい言葉と思いやりのある行動ができるよう,全校で取り組む。
   ・生活の中の差別を見抜き,主体的に解決する力を育成する。
    ②特別支援教育の充実
      ・個々の子どもについて全教職員の共通理解のもと,校内委員会と支援体制の充実を
        図る。
      ・個別の指導計画に基づき,特別支援学級の教育内容と支援の充実を図る。
      ・学校生活や授業のユニバーサル化をさらに進める。
   ・保護者,関係機関との連携を深め,将来への見通しをもった支援を進める。
 ③生徒指導の充実
      ・コミュニケーション力や豊かな人間関係を作る力を育てる。
      ・生活規律の定着及び望ましい集団行動の形成と定着を図る。
      ・いじめの予防に取り組むとともに,問題行動への迅速な対応を徹底する。
      ・個々の子どもについて理解を深め,家庭や関係機関との連携による指導・支援に取り組
        む。
 ④確かな学力の育成
      ・「どの子にもよく分かる授業」を実践し,基礎基本の確実な定着を図る。
      ・話合いや表現活動を取り入れた授業を工夫実践し,思考力・判断力・表現力を育成す
        る。
      ・多様な意見や考えが生まれる学習課題を設定し,主体的に学ぶ態度を育成する。
   ・毎朝10分間,新聞や短文を活用した学習を全校で実施し,読解力・思考力・書く力の向 
       上を図る。
     ・家庭との連携によって,家庭学習や1日10分以上の読書習慣を定着させる。
  ⑤体力の向上と健康づくり
      ・体育の授業を中心に,運動の楽しさや喜びを体験させるとともに,生活の中で進んで運
       動をする意欲の向上や運動習慣の確立に取り組む。
      ・異学年班で遊ぶ時間や内容を工夫するなど,外遊びを推進するとともに,発達段階に応
        じて体力づくりの時間を設定する。
      ・食育全体計画に基づき,家庭や栄養教諭と連携し,給食の時間や各教科,特別活動等
        の時間において子どもの望ましい食習慣の形成や食に関する理解を促進する。
      ・学校保健年間計画に基づき,子どもが自主的に健康を保持・増進できるよう指導する。
      ・家庭や地域,関係機関と連携し,保健室の相談機能の充実に努める。
   ⑥キャリア教育の推進
      ・「徳島県キャリア教育推進方針」を活用し、キャリア教育についての教職員研修を行う。   
      ・キャリア教育で身に付けたい力を明確にし,キャリア教育全体計画を見直すとともに年
       間指導計画を作成する。
      ・地域の教育力(人・もの・取組)を積極的に教育活動に取り入れ,他者やさまざまな集
        団, 社会とかかわる力を育む。
   ⑦安全・安心な学校づくり
     ・子どもの命を守る教職員の危機管理意識を高め,学校の危機管理体制を確立する。
     ・大地震等,災害発生時の対応と体制の整備を進める。
  ・子どもの目線に立ち,施設・設備の安全点検や校内・校外での安全指導を徹底する。 
       ・家庭や地域,関係諸機関と連携し,登下校時の交通安全および子どもの安全確保に努
         める。
 ⑧基本的生活習慣の育成
      ・元気にあいさつができるよう,教職員が率先垂範し,全校で取り組む。
      ・場に応じた適切な言葉遣いや正しい言葉遣いが身につくよう,機会を捉え,丁寧な指導
        をする。
   ・家庭と連携し,「早寝」「早起き」「朝ご飯」「月曜日はノーゲームデー」の習慣が定着す    
         るよう取り組む。
  ⑨道徳教育の充実
      ・道徳の時間を要として,全教育活動において,道徳的心情を養い,道徳的実践力を高め
        る。
      ・地域のさまざまな人とのかかわりや体験活動を通して,感謝や思いやりの心・豊かな感
        性を育む。
      ・生活のきまりを守ること等を通して子どもの規範意識を醸成する。
 ⑩環境教育の推進
      ・全校で校舎内外の環境美化に取り組み,掃除の行き届いた美しい学校づくりに努める。
      ・「学校版環境ISO」に取り組み,学校全体でごみの減量やリサイクル,省エネルギーな    
        どの活動や環境問題についての学習を推進する。
      ・アドプト活動や花づくりに継続して取り組み,美しい環境づくりに努めるとともに,ふるさと
        のすばらしい自然を守り,育てようとする心や態度を育成する。
     ・家庭との連携によって,家庭学習や1日10分以上の読書習慣を定着させる。
  ⑪体力の向上と健康づくり
      ・体育の授業を中心に,運動の楽しさや喜びを体験させるとともに,生活の中で進んで運
        動をする意欲の向上や運動習慣の確立に取り組む。
      ・異学年班で遊ぶ時間や内容を工夫するなど,外遊びを推進するとともに,発達段階に応
        じて体力づくりの時間を設定する。
      ・食育全体計画に基づき,家庭や栄養教諭と連携し,給食の時間や各教科,特別活動等
        の時間において子どもの望ましい食習慣の形成や食に関する理解を促進する。