本校の教育目標

1 教育目標

 社会の一員として,自立して・社会に役立ち・幸せに生きるための基盤づくり (習慣をつける)


2 めざす学校像
 エンパワメントな学校 
   ・その人の中にある,可能性に気づかせ・可能性を引き出す挑戦をし続ける学校
    ・信頼ベースでつながる学校
    ・修正しながら進んでいく学校
    ・幸せな子ども時代・幸せな教職員時代・幸せな子育て時代のステージである学校 

3 めざす生徒像

  •   「自分には生きている価値がある」「自分が好き」「自分には可能性がある」と信じられる生徒(自己肯定感)
  •  「自分も相手も同じように大切に感じる人権感覚」をもった生徒   
  • 責任を果たす生徒「目の前で起こっている問題を人のせいにせず」対応する生徒
  • 自分の役割に気づき,人の役に立つ喜びを実感できる生徒
  • 考え合い・聴き合い・学び合う生徒
  • まわりをエンパワー(勇気づける・認める)する生徒

4 経営方針

 ① 気持ちの揃った教職員チーム~信頼ベースの職員室・教室~
 ② ビジョン(めざす姿)と目標の共有~対話と可視化~
 ③ 考え合い・聴き合い・学び合う授業づくり
     ~新しい学習指導要領の実施に向けて手立てを考え実践する~
 ④ 自己肯定感を育てる教育活動・生徒理解
 ⑤ ともに育つ地域・校種間連携~子どもたちのために共に協力・連携できるしくみづくり~
 ⑥ 家庭とのパートナーシップ~信頼関係・習慣づけのパートナーとして~
 ⑦ 安心して学べる学校環境づくり~安全・規律・学習環境~


5 本年度の重点目標

 
  ① エンパワメントなチームづくり
   ~「承認」し合える教室・職員室・家庭・地域の関係づくり~
  ② 新学習指導要領の実施にむけて,考え合い・聴き合い・学び合う授業改革
    ~ティーチングとファシリテーションのバランスのとれた手立てのある授業づくり~
  ③自己肯定感を育てる教育活動
    ・自分も相手も同じように大切に感じる人権感覚を身につける人権教育づくり
    ・道徳性を育むために,自分ごととして「考え,議論する」特別の教科道徳の授業づく      り
    ・一人ひとりのニーズにあった特別支援教育の実践
  ④ 幸せになるための「働き方改革」
    ・「見通しと段取り」「集中と選択」で心のゆとりを生み出す生き方の習得
  ⑤ 家庭や地域との連携の推進
    ・学校や子どもたちが,家庭や地域のために役立てる体験づくり