警報発表時の対応
 
1 登校前(6:30の時点)で警報が発表されているとき
  
※特別警報→休校→ただちに命を守る行動をとって下さい!
  
○暴風警報 → 休校

○津波警報 → 休校

○大雨・洪水警報 → 自宅待機

○大雪警報 → 自宅待機

警報が解除され、登校が安全と確認しだい、町内放送や連絡網によって連絡します。ただし、ご家庭で危険と判断された場合は、学校へ連絡して自宅待機させてください。

2 在校中に警報が発表された場合

状況に応じて、教師が引率して集団下校します。または、保護者に迎えをお願いします。 緊急時に必ず連絡がつくようにしておいてください。
 

3 登下校中に警報が発表された場合

状況に応じて、自宅や学校へ引き返したり、近くの友人や親戚の家などに避難し、自宅・学校へ連絡してください。

4 登下校中に危険が予想される場合

警報が発表されていなくても、気象状況が悪く、登下校に危険が予想される場合は、保護者の判断で、学校へ連絡し、登校を見合わせてください。
 ※この場合は欠席にはなりません。

5 在校中の地震・津波警報について

大津波警報・津波警報が発表された場合、
一次避難場所が本校2階各教室になっているので、避難します。その後、情報と状況に応じて教師引率による集団下校か、保護者の迎えをお願いすることになります。

  • 地震の揺れが大きく、大津波・津波が予想される場合
  • より高い場所を目指して避難します。 情報と状況に応じて、より安全であろうと思われる経路を通り、避難します。

    最終避難場所としては、阿南支援学校ひわさ分校の高台を目指しますが、津波の到達時間によって、途中にもいくつかの避難場所を設定しています。
     


    (クリックすると,気象庁ホームページが開きます)