学校の沿革

・明治6年9月10日   牟岐小学校を創立し,法覚寺を借り上げ校舎とする。 (児童数不明)
・明治19年10月1日  中村15番地に校舎を新築する。 (児童数130人) 
・明治26年10月1日  高等科を併設し,中村尋常高等小学校と改称する。
・明治44年8月31日  牟岐尋常高等小学校と改称し本村14番地に新築移転する。
・大正15年8月13日  牟岐町立牟岐尋常高等小学校と改称する。 (児童数806人)
・昭和16年4月1日   牟岐町牟岐国民学校と改称する。 (児童数1098人)
・昭和21年12月21日  南海大地震により南校舎東半分倒壊する。
・昭和22年4月1日   新学制の実施により6教室を中学校に貸与する。 (児童数1039人)
・昭和23年4月1日   牟岐町牟岐小学校に改称する。
・昭和33年3月9日   火災により東校舎と中棟東半分を焼失する。 (児童数1349人)
・昭和43年5月10日  体育館を新築する。 (児童数607人)
・昭和44年5月8日   鉄筋3階校舎新築 (児童数619人)
・昭和47年7月31日  プール新設 (児童数611人)
・昭和53年11月1日  文部省 体力づくり研究発表会
・昭和53年11月24日 文部省指定道徳教育推進校研究発表会
・昭和56年1月20日  学校保健体育優良校全国表彰授賞 (児童数590人)
・昭和58年11月18日 文部省指定同和教育研究発表 (児童数572人)
・昭和63年11月7日  文部省指定小学校教育課程(家庭科)研究発表会 (児童数463人)
・平成6年10月17日  優良子ども銀行として大蔵大臣・日銀総裁表彰授賞 (児童数322人)
・平成11年3月13日  体育館改築
・平成11年11月11日 文部省指定「豊な心を育む教育推進実践研究協力校」研究発表会 (児童数268人)
・平成15年11月14日 文部科学省指定「人権教育総合推進地域事業」研究発表会 (児童数225人)
・平成20年6月28日  第27回県小学校国語教壇研修大会研究発表会
・平成21年2月17日  平成20年度「防災教育モデル校指定事業」研究発表 (児童数195人)
・平成21年4月1日  平成21・22年度文部科学省指定「コミュニティスクール推進事業」研究校(児童数172名)
・平成25年4月1日  河内小学校と統合し,川長字市宇谷100番地に新築移転(児童数149名)
・平成25年9月13日  平成25・26年度文部科学省指定「小中一貫教育校による多様な教育システムの調査研究事業」研究校
・平成27年4月1日  平成27・28・29年度県指定「小中一貫教育(徳島モデル)推進事業(パッケージスクール)」