明神小学校について
はじめに
 
 鳴門市明神小学校は,1875(明治8)年に創立されました。平成27年度より北灘東小学校,北灘西小学校の休校に伴い,校区が北灘地区まで広がり,平成30年度より瀬戸小学校の休校に伴い,校区が瀬戸・島田地区まで広がり,新しい明神小学校としての歴史が刻まれています。

校区の概要1(明神地区)
 小鳴門海峡に臨み,古くはのどかな田園地帯として栄え,かつては製塩業が盛んな地域でありましたが,製塩業の衰退に伴い,広大な塩田の跡地が大規模な住宅地へと大きく変容し,現在に至っています。そのため,児童数は大きく増加しましたが,最近は減少傾向にあります。

校区の概要2(北灘東地区)
 北には 播磨灘(北灘の海),南に桜ヶ丘から阿讃山脈に連なる山々に囲まれ,青と緑の豊かな自然に恵まれた環境で,東西に櫛木,粟田,大浦,宿毛谷,鳥ケ丸地域があり,延べ8kmにわたっています。

校区の概要3(北灘西地区)
 南方に大麻山を背負い,北方に瀬戸内海,播磨灘が開けた美しい自然環境に恵まれた地域です。海岸沿いに国道11号線が縦断し,徳島県と香川県を結ぶ陸上交通の大動脈として,多くの車両等が行き交っています。 農耕・漁業とも盛んな地域でしたが,近年漁業への従事者は減少しています。

校区の概要4(瀬戸・島田地区)
 瀬戸地区は海と山に囲まれた自然豊かな地域です。小鳴門海峡が広がり、鳴門わかめの栽培や沿岸漁業が盛んです。堂浦漁港は以前、関西からの船の往来があり鳴門の玄関口でした。現在では、新興住宅が増え、第3次産業に従事する家庭も増加しています。
 また、島田地区は北は播磨灘、東は鳴門海峡、南はウチノ海、西は小鳴門海峡とそれぞれ違った海に面した島で、鳴門スカイラインにより四国、大毛島と陸続きになっています。神戸淡路鳴門自動車道鳴門北インターより、車で数分でアクセスできる環境にありながら、手つかずの自然と昔ながらの農村、漁村風景をそのまま残した情景があります。

 本校の教育目標は,「人間尊重の精神に立ち,心身ともに健康で創造性豊かなたくましい児童の育成」です。
 本年度の学校づくりのスローガンは,「みんなで育む 未来を拓く 明神っ子」です。このスローガンは,変化の激しい先の読めない現代において,「これからの未来は,自分たちで切り拓いていくのだ」という自覚を子どもたちに持たせ,学校・家庭・地域及び関係諸機関が連携して,未来を担う子どもたちを育んでいこうという趣旨のもと設定しています。