学校紹介

〇学校教育目標・本年度の重点目標

学校教育目標

人間尊重の精神を基盤にして,知・徳・体の調和のとれた心豊かな児童を育てるとともに,自主的・自律的・創造的能力に富んだたくましい児童の育成

《 校 訓 》 和親 ・ 健康 ・ 創造

《めざす子ども像》

あいさつ ・・・ 気持ちのよいあいさつができる子
なかよく ・・・ だれとでもなかよくできる子
最後まで    ・・・ 最後まであきらめずに努力する子


かしこく,やさしく,たくましく笑顔あふれる第一の子ども


《めざす学校像》

○ 心あたたかな楽しい学校
○ 楽しい学校
○ 元気な学校
○ 地域とつながる学校


《めざす教職員像》

○ 子どもにとって最もよいことを考え,行動する教職員
○ 豊かな人間性と高い人権意識を身につけた教職員
○ 支え合い,学び合い,高め合う教職員
○ 子ども,保護者,地域から信頼される教職員


学校経営方針

  1. 人権尊重の精神に立つ学校づくりを推進する。
  2. 全教職員の総意を結集し,教育の今日的課題と児童・学校・地域の実態を踏まえ,常に子どもにとって最もよいことを考え,生きる力を高める教育の充実を図る。
  3. 教職員一人ひとりがその力量を十分に発揮して充実した教育活動に取り組み,主体的に学校教育目標実現に向けた教育実践を積み上げるように努める。
  4. 地域の「人・文化・自然」などのふれ合いを深めることにより,地域とともに歩む学校づくりを推進し,地域に誇りをもつ子どもを育てる。                         
  5. 授業の工夫改善に努め,個に応じた分かる授業の推進に取り組むとともに,指導と評価の一体化を図り,常に改善と充実の視点をもち,教育実践を進める。
  6. 学校・家庭・地域・関係機関等との連携を深め,信頼される学校づくりを推進する。
  7. 教育公務員としての自覚をもち,日々の研修に努め,コンプライアンス意識を高め,教職員としての資質を高める。
  8. 地域の実態に応じた安全・防災教育を推進する。
  9. 幼・小・中の連携を密にした連続性のある教育活動を推進する。

本年度の重点努力事項  

  1. 魅力ある学校運営の推進とその充実
    ・ 学校の教育目標が,すべての教育活動の中で具現化するように努める。
    ・ 一人ひとりを生かす教育活動を基盤にした経営計画を立て,実践,評価に努める。
    ・ 温かい人間関係をはぐくみ,規律とやる気をもった活力ある学校づくりに努める。
    ・ 地域の特性を生かし,地域に開かれた魅力ある学校づくりに努める。
  2. 学習指導の質的な改善と充実
    ・ わかる授業を工夫し,学習の充実を図る。
    ・ 総合的な学習の時間の計画や体制づくり,授業実践に取り組み,児童が意欲的に自ら学び,共に伸びる楽しい学習を創りだすことに努める。
    ・ コンピュータ等の教育機器を活用し,学習指導の充実を図る。
    ・ 児童のよい点や進歩の状況などを評価するとともに,指導の過程や成果を評価し,指導の改善に努める。
  3. 人権教育の推進とその充実
    ・ 教育活動全体を通じて人権教育を進め,部落差別をはじめとするさまざまな差別を解消する意欲と実践力をもつ児童の育成に努める。
  4. 道徳教育の充実
    ・ 体験活動等を生かした心に響く道徳教育の実施に努める。
    ・ 家庭や地域の人々の協力による開かれた道徳教育の推進。
  5. 生徒指導の徹底
    ・ 全教職員による指導体制を確立し,学校全体の中で,人間的なふれあいを密にし,信頼感にみちた生徒指導の推進に努める。
    ・ 地域ネットワークづくりの推進を図り,家庭,関係諸機関,地域社会との連携を密にするとともに,その教育的機能を高め,児童の望ましい生活態度の育成に努める。
  6. 特別活動の充実
    ・ 目標や内容について全教職員の共通理解を図り,自発的・自治的活動を重視した特別活動の充実を図る。
  7. 健康・安全教育の推進とその充実
    ・ 健康の増進と体力の向上を図り,心身の調和的発達に努める。
    ・ 学校給食指導と衛生管理の徹底に努める。
    ・ 安全教育計画と指導体制を確立し,交通環境に即応できる行動能力の育成を図る。
  8. 特別支援教育の推進と充実
    ・ 交流学習の実践をとおし,障害児に対する正しい認識と理解を深め,共に生きる実践に努める。
    ・ 一人ひとりのニーズにあった教育を推進する。
  9. 環境教育の推進と充実
    ・ 身近な自然体験活動や生活体験活動を通して,人間と環境とのかかわりについての認識を深め,豊かな感受性を育てる。
    ・ 身近な環境にはたらきかけて,問題を見つけ,自分とのかかわりとして考え,行動できる実践力を育てる。
  10. 福祉・ボランティア教育の推進
    ・ 奉仕活動やボランティア活動などの体験的活動の意欲を育て,自発的に実践しようとする「福祉の心」の育成に努める。
  11. 情報教育の推進
    ・ 児童が高度情報化社会に対応していくことができるよう,コンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段を活用する学習活動を充実し,情報活用能力の育成に努める。
  12. 国際理解教育の推進
    ・ 異文化を理解し,それを尊重する態度や異なる文化を持つ人々と共に生きていく資質や能力の育成を図る。
  13. 図書館教育の推進
    ・ 図書館教育を教育活動全体に位置づけ,幅広い読書活動を計画的に進め,読書の好きな児童の育成に努め,また,学習情報センターとして機能するように努める。