校 内 研 修 計 画

<研修主題>
 思いを伝え合い、互いを大切にできる児童の育成
 
<めざす子どもの姿> 
 ○ 友達や周りの人々と,豊かにかかわり合うことができる子。(思いやり)
 ○ 苦手なこと,新たなことにもチャレンジすることができる子。(自信)
 ○ 相手の話を受けとめられ,人前でもしっかりと自分の意見を伝え,
   仲間とともに,よりよいものをつくりだすことができる子。(伝え合う力)

<研究の柱とその内容>
 ○ 研究開発学校の取組
   ・ 理論研究
   ・ 研究授業の実施,授業力向上
   ・ カリキュラム開発,教材開発

 ○ 今日的課題に関する研修の充実
   ・ 特別支援教育
   ・ 人権教育
   ・ いじめ防止に関する研修  

 ○ 授業改善と授業研究会
   ・ 子ども自身が見通しをもち,意欲的に学ぶ授業
   ・ 授業のめあてを明確にし,目的意識のある授業
   ・ 体験,問題解決学習を取り入れた授業
   ・ 教師相互の学び合いができ,子どもにいきる授業研究会
 
 ○ 豊かな学級経営
   ・ 工夫や悩みを出し合い,指導の手立てや豊かな学級経営につながる
     グループトークの開催
   ・ 互いの実践を広げる,学級経営のポイントの共有化
   ・ 系統的な「聞く・話すスキル」の定着
 
 ○ 家庭との連携
   ・ 家庭訪問,個人懇談,電話連絡等きめ細かな連携
   ・ 各種たより,HP等での発信
   ・ 校内・教室掲示の工夫
   ・ 家庭学習の手引き