撫養小学校PTA

子どものための教育活動を支える「会員一人一役」をかかげたPTA
 
  渦潮のある町、鳴門市の中心部にある撫養小学校は、明治6年に創立で昭和24年にPTAが発足した長い歴史のある学校です。そして、撫養小学校PTAでは「会員一人一役」をかかげ、全会員が学年別に1年「ベルマーク部会」2年「健康・家庭教育部会」3年「広報部会」4年「交通安全部会」5年「体育部会」6年「生活安全部会」と全学年で取り組む「子ども支援委員会」の6部会・1委員会体制で活動しております。また「子どものための教育活動を支えるPTA」を基本理念とし、保護者と教職員が地域の方々と親睦を深めながら子どもたち一人一人の健全育成に力を注いでおります。

撫養小学校PTAは、徳島県PTA研究大会において先駆的な取り組みを発表し、県下から注目を集めました。そして、校舎内外のペンキ塗りや靴箱製作、花壇作りなど教育環境の整備にPTA会員と地域の方々が一体となって愛校作業に取り組んでおります。また、人権意識向上を目指し、親子人権学習や講演会の開催などの取り組みを積極的に実施しております。さらに、平日や休日の子どもの居場所作りの活動を行い「地域の宝」である子どもの育成支援として「地域子ども教室」の実施に取り組み、現在も地域の社会教育力を高め、子どもたちを健やかに地域ぐるみで育てる社会教育事業である「放課後子ども教室」を、地域に広げる子育ての輪「撫養クラブ子ども教室」として実施しております。この活動は、少子化による小学校の空き教室や体育館を活用し、放課後や週末に様々な体験・交流活動を行政やPTA会員および地域の方々の協力を得て実施しております。このような実績のもと、平成19年には、日本PTA全国協議会より団体表彰を受賞しました。

  子どもたちに関わる重大事件の続発や青少年の問題行動の深刻化、地域・家庭での教育力の低下などの緊急的課題に対応し、子どもたちを社会全体で育むため、学校・家庭・地域の三者で連携を深め、PTA活動を積極的に推進して参ります。
    
1 2 
 資源ゴミ回収                 お神輿担ぎ              花植え     4 5 6
スマホ・ケータイ安全教室       愛校作業(ペンキ塗り)          バザー
 

日誌

PTA
一件も該当記事はありません。