警報発令時の対応

                                                                                                                                                       
                                                                                       
                                                                                       
       非常災害発生時の登校について
                                           
 各種警報発令時の登校について,次のようにさせていただきたいと思いますので,よろしくお願いいたします。

1 午前7時の時点で「暴風警報」「暴風雪警報」「大雪警報」又は何らかの「特別警報」(大雨特別警報など)が発令中の場合は,臨時休校とします。

    午前10時以降に警報が解除になっても,その日は臨時休校とします。また,暴風警報等が発令されていなくても,学校長の判断で登校を遅らせたり,臨時休校とする場合があります。その場合,マチコミメールでお知らせします。
 

2 大雨警報・洪水警報等は原則として休校にはなりません。

    ただし,生徒の安全を第一と考えていますので,各家庭で地域の状況に応じて対応し,欠席や自宅待機の場合は,学校にご連絡ください。


3 午前7時の時点で「津波警報」や「大津波警報」が出ている場合は,臨時休校とし,翌日は原則自宅待機とします。
 
 
    登校後に地震が発生し「津波警報」や「避難命令」などが発令され避難する必要がある時は学校東の高台(トムソーヤの丘)または鳴門教育大学に避難することにしています。
    ご家庭でも避難場所等について話し合っておいてください。


4 登校前に震度5弱以上の地震が発生した場合は,臨時休校とし,翌日は原則自宅待機とします。
    登校中の場合は,通学路の安全に留意しつつ中学校に登校しますが,発生時,自宅が近い場合や,適切な避難場所が近くにある場合には,無理に学校へは向かわず,自宅及び避難所に向かうこととします。その場合,できるだけ早く所在を学校に連絡してください。