教育目標

望ましい教育環境を整え,豊かな生活経験を通して,健康でいきいきした子どもに育てる。
 

めざす幼児像

 明るく元気でたくましい子ども


 やさしさと思いやりのある子ども


 自分で考え創りだす子ども


 自然に親しみ地域を愛する子ども

 
 

経営方針

○ 幼児や地域の実態に即した教育に努める。
○ 心身ともに健康で,いきいきと豊かに育つ幼児教育の実現えお目指す。
○ 小規模園の特色を生かし,混合保育の指導法を工夫する。
○ 環境を通して行う教育の充実を図る。
○ 安全教育・人権教育・特別支援教育の充実に努める。
○ 小学校及び家庭・地域との連携を図る。
 
 

指導の重点

○ 園の特色を生かし,実態に即した教育課程の編成と実践を行う。 
  ・小規模園の特性を生かし,遊びや生活の中で適切な個人指導を行い,
      心身共に健康で調和のとれた幼児の育成に努める。
  ・異年齢集団の中での育ち合いを促す工夫をし,好ましい人間関係づくりに努める。


○ 少人数における保育の効果的な指導法を工夫する。
  ・幼児一人ひとりを理解し,その特性や発達の過大に即した工夫を行う。
  ・混合保育の効果的な指導法を工夫する。


○ 実体験に基づく人権教育に努める。
  ・人権尊重を基本として,教師が人権問題に対する正しい認識をもつ。
  ・家庭や地域と連携し,生活の中で生きた人権教育を徹底する。


○ 地域や近隣園との交流保育を推進する。
  ・小学校や近隣園との連携を密にし,相互理解と協力関係を深めると共に,教育の一貫性を図る。

 
 

本年度の研究主題

「未来を拓く幼稚園教育の創造」

教育要領の趣旨をふまえた保育内容の創造と指導の在り方を追及しよう。


  ― 一人ひとりが自己発揮し,互いのよさを認め,
            育ち合う仲間づくりをするためにはどのような環境の構成や教師のかかわりが必要か。 ―