お知らせ

教育長メッセージ ~とくしまアラート 感染警戒・前期 レベル2に引き上げ~(11月22日)

保護者、市民の皆様へ

 日頃は、本市の教育推進にご理解、ご協力を賜り、ありがとうございます。

 日本全国で新型コロナウイルス感染者数が増え、感染再拡大防止に向け、本県も11月14日(月曜日)からとくしまアラートのレベルが上がりました。

 現在、園・学校では「基本的な感染防止対策」に加え、28日月曜日までを目途に、教職員は集中的に任意で週3回の「抗原定性検査」を実施しています。社会経済活動の大幅な緩和で、学校教育も地域の状況に応じて活動し、地区文化祭の再開や県中学校総合文化祭の舞台発表などが実施されています。これから修学旅行を実施する学校もあります。継続して、園児児童生徒・教職員に十分な感染症対策を講じた上で、学習活動や学校行事、部活動などに取り組んでまいります。

 さて、8日(火曜日)の天体ショー(「皆既月食+惑星食」)について、たくさんの学校が児童生徒に紹介したこともあり、この自然現象を楽しめた人が多かったと聞いています。これを機に自然科学に興味を持つ人が増えれば嬉しい限りです。

 また、16日(水曜日)には「アルテミス計画(約半世紀ぶりに人類を月面に送る月探査計画)」の初号機打ち上げ成功のニュースが届きました。宇宙船「オリオン」に搭載された皆さんの名前は、月を周回して約25日後に太平洋に着水する予定だそうです。想像を膨らませながら、自分が搭乗したつもりで宇宙旅行を楽しんでほしいと思います。

 機会があれば、タブレット端末でNASA(米航空宇宙局)やJAXA(宇宙航空研究開発機構)のホームページ、「アルテミス計画」を検索してみてください。宇宙への興味や月への関心がわいてくるかもしれません。

 紅葉の深まりは、我が国の四季の移ろいを感じさせてくれます。今学期もあと1ヶ月少々を残すのみとなりました。ご家庭では、お子様の新型コロナウイルス感染防止のため、基本的な感染予防を心がけた生活をされていることと拝察いたします。今後、新型コロナウイルス感染症及び季節性インフルエンザの同時流行や風邪も心配されています。今一度、新型コロナウイルス感染症については、厚生労働省の「基本的対処方針に基づく対応」をご覧いただければ幸いです。

             徳島市教育委員会 教育長 松本賢治


教育長メッセージ 基本的な感染症対策の徹底を~(9月24日)

保護者、市民の皆様へ

 新型コロナウイルス感染症拡大が教育活動に大きな影響を与えている中、「とくしまアラート」ステージ4「特定警戒」の発動期間においては、様々な取り組みや多くの制限があった教育活動へのご理解、ご協力を賜りありがとうございました。
 本市におきまして、8月下旬から現在まで、多くの方の新型コロナウイルス感染が確認されております。感染された児童生徒やそのご家族の方々には、一日も早い回復をお祈りいたします。
 
 現在、ステージが下がりましたが、今週の連休や祝日、週末における「人流増加」を心配しています。再拡大により「第6波」を迎えることがないよう、私たち一人一人の行動が2週間後の未来を創り、その後の生活を安定させることを肝に銘じておきたいものです。
 このために、私たち大人が子どもたちに感染拡大防止の模範を示していかなければなりません。今一度、マスクの正しい着用、手洗い、うがいの励行、換気、密をさけるなど、基本的な対策の徹底をお願いします。
 園・学校におきましては、引き続き保護者や地域の方々のご協力を得て、「ウイルスを持ち込まない、持ち込ませない。他の人にうつさない。罹らないよう対策を怠らない。」という原点に立ち返りながら、この難局に対峙してまいります。
 
 最後になりますが、これまでも皆様のおかげで感染された方々の個人情報が保護され、風評被害が生じることはありませんでした。地域の方々をはじめ、皆様が適切に行動されておりますことに深く感謝申し上げます。今後とも「もし自分が感染すれば」「もし家族が感染すれば」と自分事としてとらえていただき、偏見や差別、風評被害が生じないよう、人権に配慮した対応をしていただけますよう、どうぞよろしくお願いします。
                                                                                                      徳島市教育委員会 教育長 松本賢治



教育長メッセージ 
~第2学期を迎えるにあたり~(8月29日)

保護者、市民の皆様へ

 日頃は、本市の教育推進にご理解、ご協力を賜り、ありがとうございます。
 長期にわたった夏季休業も終わりが近づき、保護者の皆様やお子様は9月1日(木曜日)の始業式を迎える準備に余念のないことと拝察いたします。

 今夏は新型コロナウイルス・熱中症・気候変動などの対策を講じたり警戒を高めたりしながら、日々の生活に例年以上に気を配られたことでしょう。こうした中、課外活動等では四国・全国大会が終わり、参加者すべてが思い出に残る大会になりました。選手の皆さんの健闘を心から讃えたいと思います。

 本日、8月29日(月曜日)の夜に、アメリカ合衆国が出資する「アルテミス計画」の第1弾、新型ロケットの打ち上げが行われます。この計画には、「宇宙船に自分の名前を乗せて月を周回した後、地球に帰還する。」という子どもたちにとって夢があるものもあり、この計画に、今年度初めの4月から5月にかけて多くの児童生徒・教職員が参加いたしました。打ち上げ映像やその後の宇宙船「オリオン」の様子も報道されると思います。ご家庭でお子様と科学の会話の一つとして、お子様の興味や関心が深まれば幸いです。

 さて、幼稚園・小中学校・徳島市立高等学校は、第2学期も新型コロナウイルス感染予防を徹底させながら行事を実施していきます。運動会・文化祭・修学旅行など大きな行事が予定されている園・学校が多々あります。状況により規模の縮小や延長等があるかもしれません。また、学級・学年閉鎖や学校閉鎖になった場合は紙媒体等だけでなく、GIGA端末を活用したオンラインでの授業やオンデマンドの配信を準備しております。保護者や市民の皆様には、引き続き、ご理解、ご協力いただけますようお願いします。

 今後、新型コロナウイルス感染症対策のほか予期せぬ大雨や台風など、ご家庭におかれましては、様々な予防対策や非常変災の備えに対し、これまで同様、一層の対策をお願いします。

 
 徳島市教育委員会 教育長 松本賢治


教育長メッセージ ~県・四国・全国総体や夏季休業を控えて~(7月7日)

保護者、市民の皆様へ

 日頃は、本市の教育推進にご理解、ご協力を賜り、ありがとうございます。
 令和4年度第1学期は、ウィズコロナの中、各校(園)の保護者・地域の皆様のおかげで、様々な教育活動を実施でき、子どもたち一人一人が新たなチャレンジや成長する姿を見ることができました。

 各校(園)では、新型コロナウイルス感染症対策に加え、熱中症予防にも配慮しながら教育活動に取り組んでまいりました。運動部活動に励む生徒の皆さんは、中学校県総体ブロック大会や高等学校県総体等で、日頃の練習成果を発揮されたことでしょう。これから中学校では、県・四国・全国総体が、また高等学校では、四国四県で全国総体が開催される予定です。生徒の皆さんが各個人・団体で健闘し、栄冠を掴むことを大いに期待しています。

 さて、全国的に新型コロナウイルスの新規感染者が増加しています。専門家によると、行動制限の緩和や暑さによる換気のしにくさなどが、急増の要因として指摘されていました。第7波への懸念の声も聞こえてきます。各校(園)におきましては、今一度、基本的な予防対策を徹底し、感染拡大防止に取り組んでまいります。

 また、7月21日(木曜日)から夏季休業に入ります。人との交流や行動範囲も広がるかと思います。感染力が強いオミクロン株の新たな派生型「BA・5」の割合が増えてきていることも、感染が急増している1つの要因ではあると専門家がコメントしております。どうか、ご家庭におかれましても、一層の予防対策とともに熱中症対策や自然災害等に対する備えも再確認していただき、安全で安心した夏季休業期間を過ごしてください。

 最後になりますが、新型コロナウイルス感染で治療中の方や罹患された方のことを思い、「自分が感染したら」「自分の家族が感染したら」と、これまで以上に「自分事」ととらえていただき、人権に配慮した行動をとっていただけますようお願いします。

 徳島市教育委員会 教育長 松本賢治



教育長メッセージ ~ゴールデンウィークを控えて~(4月27日)

希望あふれる新年度のスタートから早3週間が経ち、明後日からゴールデンウィークを迎えようとしています。新しい学年・学級という環境の変化の中で、子どもたちは新たな出会いに期待と不安を抱え、緊張感を感じながら過ごしてきたことと思います。

 ゴールデンウィーク前後のこの時期には、これまでのストレスや疲れが様々な形で表れてくる時期でもあります。どうかご家庭におかれましても、一緒に身体を動かしたり、ゆっくり話を聴いたりなどの団らんやリフレッシュを通して、お子様の心身の安定を図っていただけたらと思います。

 現在、新型コロナウイルス感染者数は減少してきておりますが、ゴールデンウィーク中は人々の移動の機会が多くなり、県内外からの「人流増加」が予測されます。この状況から、感染リスクが高まることを念頭に置き、感染の再拡大を防ぐため、これまで以上に感染防止対策の徹底に取り組む必要があります。

 そのために、私たち大人が子どもたちに、感染拡大防止の模範を示していかなければなりません。今一度、マスクの適切な着用やこまめな換気、手洗い、うがいの励行、密を避けるなど、基本的な対策の再確認と徹底をお願いいたします。今こそ、私たち一人一人の行動が2週間後の未来を創り、その後の生活を安定させることを肝に銘じておきたいものです。

 最後になりましたが、ゴールデンウィーク明けも引き続き、子どもたちが生き生きと学びに向かうことができるよう、学校・園や関係機関と連携を深め、安心・安全の教育環境づくりに努めてまいります。
今後より一層、感染防止対策の徹底をはじめ、学校・園の教育活動にご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

教育委員会 教育長 松本賢治



教育長メッセージ ~「感染防止対策集中取組期間」にかかる協力要請を受けて~(2月21日)


幼稚園及び小学校等の保護者、市民の皆様へ

 日頃は、本市の教育推進にご理解、ご協力を賜り、ありがとうございます。とりわけ、新型コロナウイルス感染症予防対策への多大なご協力に、重ねましてお礼申し上げます。
 現在、幼稚園及び小学校等において、新型コロナウイルスの感染が急増し、減少の兆しが見えておりません。オミクロン株は感染拡大のスピードが速く、子どもが感染しやすくなっています。本日、徳島県教育委員会から、感染の拡大防止を図るため、次のような依頼がありました。
 
1 感染防止対策集中取組期間 令和4年2月21日(月曜日)から3月5日(土曜日)まで
 
2 幼稚園における取組の協力要請について
 〇 家庭内に風邪・発熱等の症状があるなど体調が悪い人がいる場合は、登園を控えてください。
 〇 各園においては、室内での運動を伴う活動等、感染リスクの高い行事は原則禁止します。
 〇 外部講師等の出入りは原則禁止とし、必要な場合はリモート(非対面型)で対応します。
 〇 感染防止チラシを園内で掲示して、園児への周知に努めます。
 〇 感染状況を踏まえ、家庭での保育が可能な方は、登園を控えていただいたり、預ける時間を短くしていただいたりしても構いません。
 
3 小学校等における取組の協力要請について
 〇 家庭内に風邪・発熱等の症状があるなど体調が悪い人がいる場合は、登校を控えてください。
 〇 各校においては、感染リスクの高い教育活動は避けるとともに、1人1台タブレット端末を活用したオンライン授業等の充実により、学びの保障に努めます。
 〇 感染状況等により、学年・学級閉鎖や分散登校を実施します。
 〇 感染防止チラシを校内で掲示して、児童への周知に努めます。
 〇 感染状況を踏まえ、放課後子供教室等についても、実施の可否や活動内容について慎重に判断していきます。
 
 以上の取組につきまして、ご理解、ご協力をいただきますよう宜しくお願いします。
 

徳島市教育委員会 教育長 松本賢治



(2月1日)家庭でできる新型コロナウイルス対策動画視聴について
 県内学校においても感染者が急増しておりますが、家庭内での感染が原因となっている場合も多い状況です。つきましては、家庭での感染予防対策に役立つ動画(徳島保健所作成)を案内させていただきますので、各家庭においても感染拡大を食い止めるために、動画を視聴し、基本的な感染対策が徹底されますよう御協力をお願いします。

1 動画タイトル
「家庭でできる新型コロナウイルス対策〔基本編〕」
(感染防止に役立てて動画〔徳島保健所作成動画〕3分35秒)

2 動画URL
https://www.youtube.com/watch?v=UFOS-5u5MqE


(1月25日)徳島市松本教育長からメッセージ「誰が感染してもおかしくないオミクロン株」があります。

保護者、市民の皆様へ

 日頃は、本市の教育推進にご理解、ご協力を賜り、ありがとうございます。年が明け、県内の新型コロナウイルス感染症の感染拡大が止まらない状況です。罹患された方々とご家族等の関係者の皆様に、心からお見舞いを申しあげますとともに、一日も早いご回復を願っています。また、各地で懸命に感染防止にご尽力されている方々をはじめ、医療行為等に従事されている皆様に改めて敬意を表し、深く感謝申しあげます。
  
 さて、徳島市内の幼稚園、小・中学校、市立高等学校においては、感染拡大防止のため、一層感染症対策に時間をかけるとともに、とりわけ、小・中学校では、学校の実情に応じて、分散登校等の予防的な対応をしております。また、臨休対応等に備え、タブレット端末を利用し、「Zoom(ズーム)」「Teams(ティームズ)」で健康観察をしたり、「Meta Moji Class Room(メタモジ クラスルーム)」や「ミライシード」の「ドリルパーク」で学習したり、家庭で個別学習ができるよう、タブレット端末を持ち帰るようにしています。
  
 中学校・高等学校3年生の受験生の皆さんは、これまで積み上げてきた力を発揮できるよう、基本的な感染対策の徹底をして受験に臨んでください。幼稚園、小中学校、市立高等学校においては、安全安心な環境の中で園児児童生徒が教育活動に勤しむことができるよう、感染拡大防止対策を徹底してまいります。なお、お子様の体調に変化が見られる場合には、早めに休養をとり、かかりつけ医の判断を仰いでください。学校は欠席ではなく、出席停止(インフルエンザと同じ対応)となります。
  
 最後に、感染力が強い「オミクロン株」は、いつ、どこで、誰が感染してもおかしくない状況です。罹患された方々のことを思い、「自分が感染したら」「自分の家族が感染したら」と「自分事」ととらえていただき、引き続き、人権に配慮した行動をとっていただけますようお願いします。
  
 

徳島市教育委員会 教育長 松本賢治


(1/6) 徳島市の松本教育長から~「オミクロン株」感染拡大に備えて~のメッセージがあります。


明けまして おめでとうございます。
 保護者の皆様、市民の皆様には、新しい年を清々しくお迎えのことと、心よりお喜び申しあげます。
 旧年中は、本市の教育推進及び長期化する新型コロナウイルス感染症対策にご理解、ご協力を賜り、誠にありがとうございました。本年も引き続き、各学校(園)、関係諸機関と連携し、よりよい教育の推進、新型コロナウイルス感染症拡大防止に努めて参りますので、より一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申しあげます。
 
 さて、第5波以降、県内の新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は、落ち着きを見せていたところですが、年末年始の人流の増加、冬季の気温低下による換気不足等により、感染リスクの高まりが心配されていた中、新変異株「オミクロン株」の感染者が、昨日県内においても確認され、今後の感染の拡大が懸念される状況になっております。
 このような中、学校(園)においては、1月11日(火曜日)より第3学期が始まります。第3学期は1年間のまとめの学期であるとともに、受験生にとっては、自分の将来を左右する「受験シーズン」を迎えることになります。
 新型コロナウイルス感染症や季節性インフルエンザによる感染拡大を防ぐために、また、受験において、平時の実力を出すことができるよう、今一度、ご家庭の感染症対策を再確認していただき、マスクの適切な着用、手洗い・手指消毒・うがいの励行、こまめな換気、「密閉」「密集」「密接」の回避等、基本的な感染対策の徹底をお願いいたします。
 併せて、引き続き、お子様の健康観察を継続していただき、お子様が、もし、新型コロナウイルス感染症が疑われる症状を有する場合には、無理をせず自宅での療養をお願いいたします。
 各学校(園)においては、今後の感染状況を踏まえつつ、感染拡大防止対策を徹底し、安全安心な環境の中で、教育活動の充実に努めて参ります。
 
 最後に、「デルタ株」と比較しても、さらに感染力が強いといわれる「オミクロン株」は、いつ、どこで、誰が感染してもおかしくない状況です。つらい思い、苦しい気持ちを持つ罹患された方々のことを「自分事」としてとらえ、人として思いやりや寛容の心を醸成していけることも強く願っています。引き続き、偏見や差別、風評被害が生じないよう、人権に配慮した対応をとっていただきますよう、お願いいたします。徳島市教育委員会並びに各校(園)の感染症対策につきまして、ご理解、ご協力を賜りますようお願い申しあげます。 
 

徳島市教育委員会 教育長 松本 賢治




 
本HPの画像及びすべての情報について,無断で転載・頒布することを禁じます。
Copyright © 徳島市福島小学校 All Rights Reserved
 

■ 学校連絡先

〒770-0868
徳島県徳島市福島1丁目7番28号
TEL:088-622-8197 
FAX:088-622-8296
e-mail : fukushima_es●tgn.tcn.ne.jp
(●を@に変換してください)