八万かわら版 >> 記事詳細

2019/10/29

箱廻し体験をしました。(5・6年生)

Tweet ThisSend to Facebook | by 八万小学校
人権学習の一環として、箱廻し体験をしました。
 郷土に根付いてきた伝統的な芸能や生活文化にふれ、
 それらを継承・発展しようとする態度をやしなうこと」と
 「身近な人権問題に着目し、あらゆる人権問題の解決に
 取り組もうとする実践力を養うこと」が目的です。


 
講師は「阿波木偶箱まわし保存会」のみなさんです。
 
はじめに、箱廻しの概略などをお話いただき、三番叟まわし(注1)の実演がありました。
校長先生が代表で“御幣”をいただきます。
   




 えべっさんから“福わけ”(^_^)


 もらった福をみんなにもわけました。



 「傾城阿波の鳴門」や「絵本太功記」、「道成寺」
 などの外題(げだい)も披露していただき、
 子どもたちは終始、興味いっぱいの表情で
 阿波文化に親しみました。



 
最後に、子どもたちに向けて、平和・人権・環境についてのお話をいただきました。
答えを限定するのではなく、みんなで知恵を出し合って、よりよい未来を創造していくことの
大切さを教えてくださいました。

本日は、大変ご多用の中、八万小学校児童のためにお話いただいた「阿波木偶箱まわし保存
会」のみなさん、ありがとうございました!

これを契機として、教職員も人権問題についての意識を改革し、子どもたちとともに、差別のない社会の実現に向けて実践を積み重ねていきたいと考えています。


(注1)三番叟まわし
祝福芸といえば、「太神楽(獅子舞)」「萬歳」「春駒」「鳥追」など多彩ですが、四国の代表的な祝福芸は「三番叟まわし」です。ふたつの木箱に三番叟(千歳・翁・三番叟)とえびすの四体の木偶を入れ、木偶遣いと鼓打ちの二人が家々を門付けしました。
三番叟とえびすが「五穀豊穣」「無病息災」「家内安全」や「商売繁盛」を予祝し、新年を迎えた人びとに明るい展望と生きる勇気を運びました。
※「阿波木偶箱まわし保存会」HPから抜粋

10:29
本HPの画像及びすべての情報について,無断で転載・頒布することを禁じます。

Copyright © 八万小学校 All Rights Reserved

 

お知らせ



~下校時刻の変更~9月

9月  1日(火) 始業式のため 全学年15:00ごろ下校
9月  2日(水) 委員会活動のため
          1~4年 15:00ごろ下校
          5~6年 15:50ごろ下校
9月  8日(火) 人権教育研究大会事前研究会のため
          全学年 14:40ごろ下校
9月15日(火)    委員会活動のため
          1~3年 15:00ごろ下校
          4~6年 15:50ごろ下校
9月18日(金)    愛好作業のため
          全学年 14:40ごろ下校
9月29日(火)    運動会運営委員会のため
          1~5年 15:00ごろ下校
          6年生     
15:50ごろ下校

 

予定



9月 1日(火) 始業式
9月 2日(水) 委員会活動
9月 4日(金) 避難訓練 ベルマーク収集日
9月 7日(月) 教育実習開始
                5年出前授業
9月 8日(火) 5年出前授業
9月15日(火) クラブ活動 校納金引き落とし
9月16日(水) 代表委員会
9月18日(金) 愛好作業 学校安全の日
9月21日(月) 敬老の日
9月18日(金) 秋分の日
9月29日(火) 運動会運営委員会