校長だより
123
2021/09/01

新型コロナウイルスに注意しよう

| by 加茂名小学校1
9月1日,2学期始業式をリモートで行いました。

まずは,今日,学校に来られたことを大いに褒めました。
夏休み明けというのは来づらいものです。
元気に来ただけですばらしいことです。
校長室から拍手をおくりました。
教室でもお互いに拍手をしました。

その後,本来なら夢のある話をすべきなのかも知れませんが,今回はやはりコロナ対策の話をしないわけにはいけません。


11:26
2021/08/06

原爆の日

| by 加茂名小学校1
8月6日(金)登校日の朝,放送朝会を行いました。
原爆記念日でもある今日は次のような話をしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みなさんは「原爆」という言葉を聞いたことがありますか。
「原爆」正しくは「原子爆弾」と言います。
「原子爆弾」は「核兵器」と言って,それまでの爆弾とは比べものにならない大きな力を持った恐ろしい悪魔のような爆弾で,今まで,地球上で人間をめがけて使われたのはたったの2度だけで,1度目が広島県,2度目が長崎県です。

その1度目が今から76年前のちょうど今日,1945年8月6日月曜日,朝8時15分。(この話をしたときまさしく8時15分でした)
原子爆弾が世界ではじめて広島県広島市に落とされました。

原子爆弾の特徴は難しいかも知れませんが,「熱線」、「爆風」、「放射線」の三つです。
爆発で数十万~数百万度の火の玉ができ、熱線で爆心地(爆発の中心地)付近の温度は3千~4千度にもなりました。
爆心地近くでは、熱線を浴びた人のほとんどがその瞬間か数日のうちに死亡し、爆風で建物がくずれたり吹き飛ばされたりしました。
壊れた家が燃え、逃げ出せずに焼け死んだ人や、割れたガラスが体に突き刺さった人もいっぱいいました。
たった1つの爆弾で14万人の人がなくなりました。
大人も子どももお年寄りも赤ちゃんも,みんなと同じ小学生も,何の罪もない14万人の尊い命が奪われました。
今,1年間に交通事故でなくなる人がおよそ3000人ぐらい。
今までに新型コロナウイルスでなくなった人が日本中でおよそ1万5000人ぐらいです。
14万人という数がどれだけ多いかわかると思います。

原子爆弾の恐ろしいのは一瞬にたくさんの人がなくなるだけでなくて,なんとか生き残った人にも,その後体の異常が現れます。後遺症と言います。
76年たった今も後遺症に苦しむ人がたくさんいます。

どうして同じ人間同士でこんな恐ろしいことをしたのか,
どうすればこんな恐ろしいことを二度としなくていいのか,
ぜひ,考えたり話あったり調べたりしてみてください。

お話を終わります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子どもにとっては難しい内容で理解も不十分だったと思います。
この機会にぜひご家庭で原子爆弾や戦争や平和の大切さについてお話をしてください。

13:05
2021/07/20

1学期をふりかえろう

| by 加茂名小学校1
今日のZOOM終業式では,まず,1学期を簡単に振り返りました。

17:10
2021/07/05

ネパール水泳選手を応援しよう

| by 加茂名小学校1
今日の放送朝会ではネパール水泳選手を応援しようという話をしました。

7月23日に開会式を迎える東京オリンピック。
その東京オリンピックに参加するネパールの水泳選手2人が、練習のために徳島にやってきます。


アレクサンダー・ガデガード・シャアさん(18歳 男子100m自由形出場)


ガウリカ・シンさん(18歳 女子100m自由形出場)

7月7日から7月20日の間,徳島市内のホテルに泊まって、蔵本プールで練習をします。

蔵本プールは近くなので、加茂名小学校の児童が練習を見たり応援をしたりする計画があったのですが、コロナの感染拡大防止のため,できなくなりました。

その代わりに、7月16日金曜日に,蔵本プールと5・6年生の教室をインターネットでつないで,5・6年生と二人の選手がオンラインで交流することになりました。

5,6年生の児童は徳島市の代表として、選手としっかり交流してほしいと思います。

それ以外のみなさんも
、日本選手同様,ネパールの選手も応援してほしいと思います。


10:33
2021/06/07

かしこくなれる耳

| by 加茂名小学校1
今日の放送朝会では「かしこくなれる耳」のお話をしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トンネル耳とおさいふ耳、かしこくなれるのはどちらの耳だと思いますか。
手を挙げます。
トンネル耳だと思う人?
おさいふ耳だと思う人?

トンネル耳というのはお話を聞いても右から左へトンネルみたいにどんどんぬけていっちゃう耳です。
大事なお話も全然頭に残りません。

おさいふ耳というのは,お話が入ってきたらガッとフタをとじてのがしません。
どんどん大事なお話をため込んでいきます。

もう一度聞きます。
トンネル耳とおさいふ耳、かしこくなれるのはどちらの耳だと思いますか。
もちろん,おさいふ耳ですね。

おさいふ耳になる方法を教えます。
お話を聞くときは,ほかに何もしません。
手に何も持ちません。
字を書いていても,書くのをやめてえんぴつを置きます。
お話をしている人の方へおへそを向けて目をじっと見ます。
せすじもピンとのばします。
そうです。今のように。

これから1年間、おさいふ耳でかしこくなりましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たち大人も子どもの話を聞くときはおさいふ耳を意識したいものですね。

12:03
123