学校経営目標

1 校 訓
  「敬和」
  人権尊重の精神を基盤に、だれもがかけがえのない存在として大切にされる社会
 の形成者として、互いを敬い、ともによりよく生きようとする人間を育てる。


2 教 育 目 標
    校訓「敬和」の精神のもと、自他を大切にし、よりよい社会をつくるために協働
 する生徒の育成

  《めざす生徒像》
   ○ 主体的に行動する生徒     
   ○ 思いやりのある生徒
   ○ 自らに自信と誇りをもつ生徒

  《めざす学校像》
   ○ 笑顔あふれる学校      
     ○ 認め合い高め合う学校
   ○ 地域とともに歩む学校

  《めざす教職員像》
   ○ 常に生徒とともに伸びる教職員    
   ○ 生徒・保護者・地域から信頼される教職員
   ○ それぞれの個性を認め、互いに支え合う教職員
 
3 経 営 方 針
 1 人権教育を教育活動の礎とし、生徒一人一人のよさと可能性を伸ばし、生きる
  力をはぐくむ教育を推進する。
 2 特別支援教育の視点を生かした生徒理解、指導に努め、全教職員の連携・協
  働により組織的な運営を図る。

 3 家庭・地域との信頼関係を構築し、連携・協力して教育活動を進める。 

4 重 点 目 標
 1 確かな学力の育成
     ・「わかる授業」の展開:めあての提示と振り返りの実践、ICTの効果的な活
    用より、「わかる」「できる」という実感をもたせ、学びに向かう姿勢を育て
    る。
   ・言語活動の充実:人の話を聴く力、自分の思いを伝える力(話す・書く力)を
    身につけさせる。
   ・特別支援教育の充実:個に応じた支援により、生徒の個性・能力を伸長する。
  2 豊かな心の育成
     ・人権教育の推進:互いに認め合い尊重し合う人間関係づくりを教育活動の基盤
    にする。
   ・道徳の時間の充実:さまざまな価値観に触れながら、自己の生き方を見つめ、
    よりよい生き方を志向する態度を育てる。 
 3 たくましく生きる力の育成
     ・健康教育と食育の推進:ある生活と学校給食を中心とした食育を通じて、将来
    にわたって健康な生活の基盤となる体づくりと体力の向上を図る。
    ・安全教育の推進:交通安全を中心に、自他の命を守る意識と力を高める。
   ・生徒主体の活動の活性化:部活動、生徒会活動等で自主性と粘り強さを育成す
    るとともに、自尊感情を高める。
 4 家庭・地域との連携
     ・積極的な情報発信:地域に「開かれた学校」として「学校の見える化」で信頼
    関係の構築を図る。
   ・体験活動の充実:ふるさと学習を通して、郷土を愛する心を育てる。
   ・地域行事への参加:地域の伝統芸能や歴史遺産に触れ、将来の担い手としての
    意識を高める。     

5.教 育 課 程






 

語 


 

会 


 

学 


 

科 


 



 





 


 


 




140

105

140

105

45

45

105

70

140

50

35

35

1015

140

105

105

140

35

35

105

70

140

70

35

35

1015

105

140

140

140

35

35

105

35

140

70

35

35

1015




6.生徒数 ・ 職員数

(1) 生徒数  令和2年4月1日現在

    学年
   \
 性別  

31

36

20

(3)

86

24

22

24

(0)

67

55

58

44

(3)

153

学級数

2 

2 


(2) 職 員 数

     職名別
    \
 性別


副校長
   教

主幹教諭指導教諭
教 諭
助教諭

養 護
教 諭

事 務

調

 

 

 

 

1 

1 

6 

13

14

22