教育目標・重点目標


                
     平成31年度 川内中学校 学校経営方針

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 校  訓  よりよき社会をつくるため 正しく 強く 朗らかに    │
└──────────────────────────────────────────┘


1.学校教育目標
 
  

   『 人権を尊重し,正しく 強く 朗らかに生きる生徒の育成 』

2.めざす学校像 
 
   『 語りあい,学びあい,支えあうチーム川内  』 

3.めざす生徒像

(1)自他を大切にし,共によりよく生きようとする生徒

(2)主体的に学び正しく判断し,課題解決のために行動できる生徒

(3)困難にもくじけない粘り強さとしなやかさ・優しさをもった生徒

(4)志を高く持ち,夢の実現に向け前向きに努力する生徒

       『  みんなで学ぶ みんなが育つ  』(スローガン)

4.重点目標
    

(1)自己有用感を育てる
    ・自他の命と人権を尊重し,「自分は誰かの役にたっている」という自己有用感をはぐくむ。
(2)自律の精神を育てる
    ・学級での生活をベースとして、自分にとって、また集団にとってよりよい判断と自己決定ができる
                  力を伸ばす。
(3)チャレンジ精神を育てる
    ・未来に夢を描き、自分の可能性にチャレンジし、粘り強く取り組む姿勢を育てる。
(4)失敗から学ぶ姿勢を育てる
    ・失敗を「大切な学びの機会」ととらえ,成長の糧となるよう生徒を支援する。

  
5.教育計画


(1)安全で安心できる学校生活
 

 ① 生徒会による「自転車運転免許制度」を活用し,生徒の交通マナーの向上に努める。
 ② 幼・小・中及び地域との連携を大切にしながら,防災教育の推進に継続的に取り組む。
 ③ 保護者・校区内二小二園・徳島板野警察署との連携を密にし,携帯電話緊急連絡システムにより
    迅速に不審者対応に努める。
 ④ 規範意識を高め,主体的にルールを守る生徒を育てる。
 ⑤ 不登校等の兆しのある生徒に対して,生徒の不安や苦しい気持ちを理解すると共に,保護者や
   関係機関と連携し,早期対応に努める。
 ⑥ 安全で美しい教室・学校環境をつくる。(環境が人をつくる。その環境は人がつくる。)

(2)確かな学力の育成  ( 徳島市「未来を拓く」学力サポート事業の成果を踏まえ )

 ① 学習規律の確立に全教職員で取り組む。
       (授業に臨む基本姿勢を身につけた生徒の育成)
   ・「授業はチャイムでスタートする」「準備物を忘れない」「授業に集中する」の徹底。
   ・教科担当者と学級担任及び部活動顧問との連携。
   ・「川中学習ハンドブック」の活用。

 ② 課題解決のために,学びあう授業を展開する。
  「押さえる」(目標の明示)→「仕掛ける」(効果的な学びあい)→「確かめる」(振り返り)

 ③ 研究授業や「オープンクラスウィーク」での授業公開を積極的に行い,授業力を高める。

 ④ ICTの活用等により,「わかる授業」のために工夫する。

 ⑤ 各教科において言語活動を充実させ,相手の立場や気持ちを理解しようと努めると 共に,
   ホワイトボード等を活用し自分の気持ちを相手に伝えるたり考えを説明したりする力を育てる。

 ⑥ 朝のセミナーや家庭学習の充実により,主体的に学習する習慣を身につけさせる。
    
(3)豊かな心の育成  

 ① 人権教育に全教職員で取り組み,自他の人権を尊重しようとする人権感覚を育成し,いじめや差別を
    許さない行動力につなげる。

 ② 「特別の教科 道徳」の時間を確保するとともに授業の充実を図り,自他の命を大切にし,自分の
   人生をよりよく生きようとする態度を育成する。

 ③ 特別活動・総合的な学習の時間を活性化し,人の役に立つことができることによろこびを感じ,
   人のために行動しようとする心を育てる。

 ④ 読書の習慣化を図り,想像力や豊かな心を育てる。

 ⑤ 生徒会活動を活性化し,主体的にあいさつができる生徒を育てる。

(4)健やかな体の育成 

 ① 食育を推進し,食事や睡眠等の基本的生活習慣が身についた生徒を育てる。

 ② 健康の保持増進,体力向上のために,運動習慣の必要性を自覚し継続的に運動ができる生徒を育てる。
 
 ③ 保健体育授業の充実を図り,運動の量と質を確保した授業を行う。
 

(5)特別支援教育の充実 

 ① 全教職員の共通理解のもと,学校全体で計画的・組織的に特別支援教育を推進する。
  (特別支援教育の視点を踏まえた授業づくりや生徒指導)

 ② 生徒一人一人のよさや能力を引き出し伸ばす教育を進める。

 ③ 豊かな体験活動や社会体験を通して自立への基礎を培う。

 ④ 保護者との連携を密にし,共通理解のもと特別支援教育をすすめる。

(6)生徒指導の徹底  ( 育てる生徒指導 ) 

 ① 全教職員の継続的な指導により,「時間を守る」「物を大切にする」「他者を尊重する」 等の
   習慣が身についた生徒を育てる。

 ② 常に自分の心と向き合い,自分で正しく判断できる生徒を育てる。 

 ③ いじめを許さない学校・学級づくりを行うとともに,日頃から生徒が発する危険信号を
    見逃さずいじめの早期発見に努め,兆候があった時には迅速に組織として対応する。

 ④ 暴力行為を未然に防ぐため,自己抑制力や自己有用感を育む。

 ⑤ スクールカウンセラーや関係機関と連携を図り,教育相談体制を充実させる。
   
 ⑥ 「報告・連絡・相談」を徹底し,学校全体で情報を共有し問題解決に取り組む。

 ⑦ 問題発生時には,初期対応を迅速・適切に行う。 

 ⑧ 指導後の生徒へのフォローを十分に行う。

 ⑨ 保護者との連絡を密にし,学校・保護者・関係機関等が連携しながら生徒指導を行う。

(7)キャリア教育の充実
 

 ① 発達段階に応じた組織的・系統的なキャリア教育を推進し、社会的自立にむけて必要な資質や
   能力を育てる。

 ② 体験的な活動を通して「働くこと」の意義を理解し,自分の将来の夢の実現のために,計画的・
    継続的に努力する生徒を育てる。

 ⑤ 計画的な進路指導により,自分に適する進路を選ぶことができる力を育成する。

(8)部活動の充実 


 ① 学校教育活動の一環として,部活動が生徒の心身の成長に果たす基本的な意義を踏まえ、生徒の
   主体性や個性を尊重した取り組みを進める。

 ② 本校の部活動の活動方針に則って、適切な活動時間と休養日を設定し、バランスのとれた生活や
   生徒の心身共に健全な成長に配慮して実施する。

(9)開かれた学校づくり 
 ① 学年だより・ホームページ等を充実させ,必要な情報を保護者・地域の方に伝える。

 ② PTA活動や地域行事等に積極的に参加し,地域との信頼関係や協力関係を築いていく。

(10)研修の充実 
 ① 毎月の職員会議後に,全教職員による研修を実施する。(ノー部活動デー)

 ② 「特別支援教育」と「学力向上」、「道徳教育」を中心に,研究授業を計画的に実施する。

 ③ メンター制研修を継続・発展させ,OJTによる主体的な研修を実施するとともに「タートルズ羅針盤
   (コンパス)」を適宜発行する。