教育目標

健康な身体と根気づよくやりぬく習慣を養うとともに、人間性豊かな幼児の育成を図る。


めざす幼児像

  • 健康で明るい子ども
  • 友達と仲よく遊ぶ子ども
  • 進んで取り組みがんばる子ども
  • 心豊かで創造性のある子ども

重点目標

  • 自ら進んで遊び、仲間と共に生活する中で、じょうぶな身体とやりぬく力を育てる。
  • 友達を大切にする温かい心や、自ら考え判断し、正しいものの見方・考え方ができる基盤となる心を育てる。
  • 豊かな情緒的体験を通して、豊かな感性や自己を表現する意欲を高める。
  • 生活に必要な習慣・態度を身につけ、健康で安全な生活をつくり出す力を養う。
 
経営方針
  1. 教職員の和と協力により、総意、総力を結集した運営を図る。
  2. 豊かな人間形成の基礎づくりをめざし、調和と統一のとれた特色のある教育課程を編成し、一人一人を生かす保育の実践に努める。
  3. 教育環境の設備充実とその活用を図る。
  4. 教職員の人権感覚を磨き、一人一人を尊重する人権教育を推進する。
  5. 健康・安全教育の深化徹底を図る。
  6. 家庭・地域・教育関係諸機関との連携を密にし、相互の理解と協力関係を深め教育の一貫性を図る。
 
本年度の努力事項
  1. 幼児期にふさわしい教育環境の整備・充実と活用に努める。
  2. 教育活動の充実のため、教育内容及び教育方法の改善を目指す。
    • 幼児一人一人の理解を深め、一人一人に「生きる力」の基礎を培う。
    • 自然に触れて園外保育に行ったり、積極的に体験活動に取り組む。
    • 幼・小の連携を図り、小学校教育との連続性を重視した教育内容を想像する。
  3. 専門職としての資質の向上に努める。
  4. 家庭・地域との連携を一層深め、地域に開かれた幼稚園づくりに努める。
    • 子育てのあり方を理解し合うための工夫と実践を重ねる。
    • 地域の幼児教育センター的な役割を担うための工夫に努める。
  5. 人権教育の推進に努める。
    • 教職員の人権意識を高め、基本的人権を尊重する人権教育を推進する。
    • 日常生活の中で自己の力を発揮し、友達同士互いに認め合い、仲間を大切にすることのできる幼児を育てる。
    • 一人一人の子どもの全面発達を図るため、家庭や地域との連携を密にし、PTA活動などを通して、人権教育への理解と関心を共に深めていく。
  6. 危機管理への対応を明確にし、計画・実践への組織作りを行う。