教育目標


幼児の実態に即した望ましい環境の中で、豊かな生活経験を通して、心身ともに健やかな調和のとれた人間形成の基礎を培う。

  • 元気に遊ぶたくましい子
  • やさしく思いやりのある子
  • 自分で考え、行動できる子
 

幼稚園経営の方針

  • 全職員の和と協力により、総意総力を結集した運営を図る。
  • 一人一人を生かした保育に努め、教育効果の向上を図る。
  • 教師としての責任感・使命感を自覚し、研修に励む。
  • 教育環境の整備、充実とその活用を図る。
  • 安全教育と人権教育の徹底を図る。
  • 幼稚園・小学校・中学校・家庭・地域との連携を深める。
  • 未就園児園開放事業などで子育て支援をすすめていく。
 

本年度の努力事項

 

  • 積極的・計画的な研修により、教職員の専門性の向上を図る。
  • 環境を通して行う教育を推進する。
  • 基本的生活習慣の指導の徹底を図り、「生きる力」を育む。
  • 人権教育・道徳教育(心の教育)の推進に努める。
  • 幼児の安全確保と園の安全管理に努め、健康安全教育を推進する。
  • 豊かな感性や表現する力を養い、創造性を育てる。
  • 幼、小、中、家庭、地域との連携を深め、教育効果の向上を図る。
  • 預かり保育を進める中で、変革期の幼稚園のあり方を考える。