お知らせ

 平成30年度貞光中学校「学校評価結果」について

1 自己評価について
 学校教育目標を達成するために,平成30年度は,次の3点を重点目標に掲げ取り組んできました。
(1) 生徒の学力を向上させる。 (確かな学力の育成)
 ① 「貞中学習スタンダード」を確立する。
 ② 「貞中授業スタンダード」を確立する。
 ③ 学習規律を確立する。
 ④ 「学習の手引」の内容を充実させる。
 ⑤ 外部人材の活用を促進する。(コミュニティ・スクール事業の促進)
 ⑥ 図書室の利用を促進する。
(2) 生徒の規範意識を向上させる。 (豊かな心の育成)
 ① 道徳(人権)教育の校内研修を充実する。
 ② 道徳(人権)に関するアンケートを実施し,生活を振り返る機会をつくる。
 ③ 道徳(人権)に関する広報活動を充実させる。
 ④ 生徒理解に努める。
 ⑤ 校内規則・違反者の取扱についてのきまりを生徒・保護者と共有する。
(3) 生徒に,社会性を身に付けさせる。(キャリア教育の充実)
 ①  これまで行ってきた体験的な学習活動の内容を充実させる。
 ②  礼節をもった言葉づかいや行動がとれるようにする。
 ③ 大きな声で「いつでも」「誰にでも」気持ちよくあいさつのできる生徒 を育てる。
 ④ 時間を守ることの大切さを理解させる。
 ⑤ 学校行事等に地域の方々をお招きし,生徒が進んで交流できる場を設定する。
 ⑥ 自己有用感や自己肯定感を育むためのボランティア活動を充実させ地域に貢献する生徒・学校をめざす。
 ⑦ 苦しいことや時間がかかることに辛抱強く取り組む生徒を育てる。
【自己評価の結果】
重点目標(1)
 概ね達成できた。
重点目標(2)
 規範意識は向上したが,保護者との連携等に課題が残った。
重点目標(3)
 体験的な活動以外は,十分ではなかった。

2 学校関係者評価について
 平成31年2月27日(水),第4回貞光中学校運営協議会を開催し,11名の委員の皆様に,自己評価の結果を評価していただきました。その結果,3つの重点目標に対する自己評価は妥当であるとの評価をいただきました。

3 平成31年度重点目標について
 平成30年度の重点目標(案)につきましては,これまでの取組を継続するとともに,新たな課題である働き方改革も加えて,4項目とすることにしました。
 
この重点目標(案)につきましては,平成31年度当初に開催される,貞光中学校第1回運営協議会でご協議いただき,承認していただいたうえで,実行に移していきたいと考えております。

 平成31年度の重点目標(案)
 ○ 生徒の学力を向上させること。
 ○ 生徒の規範意識を向上させること。
 ○ 生徒に社会性を身に付けさせること。
 ○ 業務改善を進め,職場環境を改善させること。