当ページ上部左に『新着情報』,上部右に現在見ていただきたい『お知らせ』を掲示しています。
 
令和4年度 151年目
引き続き、川島小学校教育にご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

川島小学校創立150周年記念航空写真   

 

 秋風が心地よく感じられる季節となりました。
 
勉強にスポーツに集中できる絶好の時季を迎えています。
 
学校では、引き続き、マスクの適切な着用、こまめな換気、手指消毒、人との距離を確保するなど基本的な感染症拡大防止対策の徹底を行い教育活動を進めてまいります。
 
各ご家庭におかれましても、引き続き、基本的な感染症拡大防止対策の徹底をよろしくお願いします。涼しくなってきましたが、日中はきびしい陽射しが予想されます。熱中症の予防にも努めてください。
 

↓↓マスクの着用については,厚生労働省ならびに文部科学省から出されているリーフレットを参考にしてください。↓↓
リーフレット1(屋外・屋内のマスク着用について) (1).pdf
リーフレット2(子どものマスク着用について) (2).pdf
リーフレット3(マスク着用の考え方及び就学前児の取り扱いについて).pdf

*児童や同居の家族の方がPCR検査等を受けられる場合には、受ける時刻と結果の出る時刻を連絡いただけますようお願いいたします。
第1連絡先:学校  第2連絡先:吉野川市役所 0883-22-2273 



新型コロナウィルス感染症関連はもとより、あらゆる偏見・差別は絶対にやめましょう! 


 
 
学校スローガン  
 笑顔いっぱい
   夢いっぱい
     学びいっぱい

志高く 未知の世界に挑戦
 

にんにくちゃん
 
 
1192691since 2012.06.25
オンラインユーザー4人
川島小学校の数字
●児童数:168名(2022/04/09)
(男子 86名,  女子 82 名)  
●学級数10

昨年(2021年)は
   学校創立150周年
   (1871年~2021年)
 
川島小のちょっとした話題

これは何だろうと気になったことはありませんか。
           答えはここ
ここの履歴へ
 
AED設置場所 
   来客用玄関
   入ってすぐ右
     詳細はここ
 

このコーナーについて

このページは,給食や食生活など幅広い話題を取り上げ,食育の推進を図るために本校の栄養職員が担当しています。
 
食育トピックス
2012/12/21

ノロウイルスによる感染症予防について

Tweet ThisSend to Facebook | by 給食C
 この冬は,ノロウイルスのよる感染性胃腸炎が全国的に流行しています。手洗いは感染症予防の基本なので,外から帰ったら,必ずうがい・手洗いをするようにしましょう。

 嘔吐物の粒子を口から吸い込むことで感染することがあります。予防のために,マスクを着用することも大切です。

 家族の誰かが嘔吐したときは,他の人が感染しないように処理をすることが重要です。
①使い捨て手袋などを着用し,嘔吐物をペーパータオルなどで外側から内側に,
 ウイルスを飛ばさないように静かに拭き取ります。
②拭き取った汚物は,すぐにビニール袋の中に入れ,0.1%の次亜塩素酸ナトリウム
 (ハイターなど)
を染み込む程入れ,口をきちんと縛って捨てます。
③汚染された場所は,0.02%の次亜塩素酸ナトリウムを浸した布などで拭き,
 10分程度たったら,水拭きします。

台所用塩素系漂白剤で消毒液を作ることができます。
漂白剤の濃度が5%の時の作り方です。
 
0.1%次亜塩素酸ナトリウム
 500mlのペットボトルに水を入れて,ペットボトルのキャップ2杯(10ml)の 
 漂白剤を入れると作れます。

0.02%次亜塩素酸ナトリウム
 1Lのペットボトルに水を入れて,ペットボトルのキャップ1杯(5ml)の
 漂白剤を入れると作れます。
 (調理に使う器具やドアノブなど,通常のお掃除に使ってもいいです。
  必ず水拭きすることを忘れないようにしてください。)


12:41
2012/10/03

阿波ギュー混ぜごはん

Tweet ThisSend to Facebook | by 給食C

 「阿波ギューまぜごはん」は,徳島の特産物をたくさんギューッと詰め込んだ料理です。
10月の給食だよりに,作り方を載せてあります。
子どもたちの好きな甘辛い味付けで,手軽に作れるレシピです。
写真は,れんこんを使っていないので,牛肉とわかめを多めに使っています。
ご家庭でいろいろアレンジして,作っていただきたいです。


14:27
2012/08/01

台所でのお手伝い

Tweet ThisSend to Facebook | by 給食C

子どもが台所のお手伝いをしたがるのは,1才から9才までだそうです。
一番,興味のある年齢のピークは5才!
この頃に,時間と手間はかかるかもしれませんが,
一緒に台所にたって料理をすることは大切です。

①人の役に立ちたいと思う気持ちが育つ
②模倣と模範の時なので,見よう見真似で習得しようとする
③味覚が発達する
3つの利点があります。

お手伝いを始める時期は,早ければ早いほど良いそうです。
夏休みに,お子さんと一緒に料理を作ってみませんか?

(「弁当の日」を提案された竹下和男先生の講演を聴いて)

14:14
6859