お知らせ

1.校  訓      敬 ・ 愛 ・ 信


2.教育目標

 豊かでおおらかな人間性を育み,自他の人権や生命を大切にし,誇りと団結力をもって主体的に活動する生徒の育成。

 [目指す学校像]                                                                

      ○ 人を大切にできる学校   ○ ルールが守れる学校    ○ 美しい学校
      ○ あいさつができる学校           ○ 地域に開かれた学校
      
  [目指す生徒像]

   ○ 自律的な強い意志と,温かい人間愛の精神をもった生徒
   ○ 進んで課題を発見し,自主的に学ぶ生徒
   ○ 豊かな心をもち,心身ともに健全な生徒

 [目指す教師像]                                                          

    ○教育に対する情熱と使命感をもつ教職員               
    ○自己をみがく教職員                                
    ○協働する教職員 

                                                  3.基本方針
 これまで鴨島第一中学校の教育活動において重視してきた普遍的理念を大切にしつつ,「徳島県教育振興計画(第3期)」及び吉野川市教育振興計画(後期基本計画)の趣旨に鑑み,来年度から完全実施となる新学習指導要領に示される方向性や内容を踏まえ,「未知の世界に果敢に挑戦する、夢と志あふれる人財の育成」という未来志向の学校教育を積極的に推進する。
 生徒一人一人の個性や能力を最大限に伸ばすとともに、困難にあっても起き上がり、夢に向かって努力し続け未来を切り拓いていく力を育成するとともに、すべての教育活動において、情熱と使命感をもって臨む教職員集団となり、教育目標の具現化に努める。


4.重点目標  
 令和元年度の取組を踏まえ,今年度は,人間力の基礎を培い生徒の主体的活動を促進し,目標達成の成就感を実感させる指導方法を工夫する。具体的な取組として、生徒の自己実現の喜びを味わわせる望ましい行動を増やすポジィティブな行動支援を行う。生徒は、自分が認められる環境か否かや、学級での安心感・所属感を敏感に感じ取る。そこで、生徒を承認したり、称賛したりする評価や励ましにより、次の適切な行動を引き出す指導に取り組む。
 生徒各自が自己の課題に向き合えるよう適切で具体的な行動目標の設定を助言するとともに,共働できる場の設定を工夫する。それが,教師による種を蒔く教育活動である。PDCAサイクルで効果を検証し,意欲喚起しながら継続した取組を行う。
  
 令和2年度教育スローガン
   「Try for dreams 2020 ~踏み出す一歩 僕らの力は無限大~」

(1)「確かな学力」「健やかな体」「豊かな心」を総合的にとらえた教育の推進             
    心身ともに健康で,真の知性となる深い学びを実現し,豊かな情操や道徳心をバランスよく習得し,総合的な人間力を高める教育を推進する。

  ○  確かな学力の育成
・生徒が主体的に学習する意欲を喚起し,基礎的・基本的な知識・技能の定着を図るとともに,思考力,表現力を高め「確かな学力」を育成する。         
・個々の教育的ニーズを把握し,ティームティーチング,ICTを効果的活用等により,何を学ぶか・何ができるようになるか」が実感できるよう指導力の向上や指導方法の改善に取り組む。
・めまぐるしく変化する社会情勢に対応し課題を解決できる新たな視点や発想を持ち,行動する力を育成するため,体験的活動やアクティブラーニングなど,「主体的・対話的で深い学び」を工夫する。
・総合的な学習の時間や体験的学習をとおして,自ら学び,考え,解決する問題解決能力や活用力を育成し,社会生活を営む上で必要な「生きる力」を育む。

○  健やかな体づくり

・意識して,生活行動様式を点検・改善させる。家庭と連携し健康管理とその送信に努める。また,食の重要性を自らの課題として考える健康教育を推進する。
・運動の楽しさや喜びを味わわせ,体力の向上や心身の調和のとれた生徒の育成をめざし,生涯にわたって運動に親しむ資質や能力を育てる。
  
○  豊かな心と人権感覚の育成
・自然や美しいものに感動する心や正義や公正さを重んじる心,規範意識などを育むとともに,自他のかけがえのない生命を尊重する心とお互いを認め合い育ちあう仲間づくりを進める。
・身の回りにある差別に気付き,人権問題を自分の問題と捉えて解消に向けた意欲と実践力を養う。具体的実践として「人権教育の指導方法等の在り方について[第三次とりまとめ]」,人権教育指導者用手引書「“あわ”人権学習ハンドブック」を積極的に活用する。
・「部落差別解消推進法」第5条(教育及び啓発)に基づき,同和問題の認識や差別解消の意識を高める学習を行う。人権学習会の活動,地域の有志会等との交流を推進する。
・道徳の時間の指導を要とし,全教育活動を通じて指導内容を明確にするとともに,「特別の教科である道徳」への取組みを推進する。

・豊かな感性を育む芸術文化活動に取り組むことのできる環境を整え,伝統文化の継承と芸術文化の創造を推進する。

○ 特別支援教育の充実
・特別な支援を要する生徒が通常学級,特別支援学級を問わず,多様な学びの場が保障されるようチーム力を強化する。特別支援教育コーディネーターを中心に、生徒一人一人の障がいに応じた個別の教育指導計画を立て,「ポジティブな行動支援」を軸として指導を充実させるとともに、関係機関と連携を図りながら、自立を支援する教育を推進する。

 (2)郷土愛を育み,人と人とのつながりを大切にする教育の推進
 ・地域の宝である子どもたちが郷土への誇りを胸に社会における一員として自立し,協働できる人材となるよう指導する。
  ・「ふるさと徳島」への誇りを胸に,多様な価値観への理解と世界に羽ばたく「グローカル」の視点をもち,ふるさとの魅力が語れるようになるために,地域資源や人材を活用する指導方法を研究する。


 (3)社会参画と次代を見据えた学びの推進
・社会における自らの役割や将来の生き方・働き方について考えさせ,望ましい職業観・勤労観の育成を図る。共働して課題解決に臨む人間関係形成能力や必要に応じて情報収集・発信する情報活用能力の育成,ふるさとのまちづくり参画意識を醸成する。
・総合的な学習の時間や職場体験等の体験的学習,キャリアパスポートの作成をとおして,発達段階に応じた系統的なキャリア教育の推進を図る。 
・自ら考え判断する主権者教育,持続可能な社会実現のための環境学習,消費者教育,グローバル化に対応した教育など喫緊の課題に主体的に取り組む。 ○