平成31年(令和元年)度学校経営方針

Ⅰ学校教育目標
  校  訓  「至誠」
  教育目標  「誠実で創造的に実践できる生徒」の育成
  ①高い知性を持ち,意欲的・創造的に実践する生徒の育成
  ②勤労を愛し,強い責任感と人権尊重の精神を持って社会に貢献する
   誠実な生徒の育成
  ③強い身体と強固な意志、豊かな心情を持つ人間性豊かな生徒の育成
        
Ⅱ教育重点目標
     三気五校(行)の定着
    三気  やる気・負けん気・根気

    五校  ○進んで学び合う学校
        ○人権を尊重し楽しい学校
        ○体を鍛え元気な学校
        ○礼儀正しく美しい学校
        ○規則を守り安心安全な学校

 ①自他の生命を大切にし,明るく生き生き元気に学ぶ生徒を育成する。
 ②人間尊重の精神と他者を思いやる豊かな心を持った生徒を育成する。
 ③規律のある温かいなかまづくりに努め,生徒の自治能力を育成する。
 ④基礎・基本の徹底に努め,確かな学力を身につけた生徒を育成する。 


Ⅲ学校経営方針
 1 今年のテーマ     「認める 鍛える とことん続ける」
                    ~目標を掲げ,自己を高め,共に伸びる教育~

  (1)めざす生徒像
   キーワード:《認める・鍛える・続ける》
    三気「やる気・負けん気・根気」の精神を受けて,校訓「至誠」
    のもと,夢や希望,展望,目標を持ち,自己の可能性に向かって
    挑戦し,仲間と共に,粘り強く,誠実に努力する生徒
 
   ○認め合う生徒  ・他者のよいところを探し,認める生徒
             ・夢や希望に向かって努力する生徒
             ・自分の思いや考えを誠実に伝える生徒 
   
   ○鍛え合う生徒  ・命,仲間,自分を大切にする生徒
             ・あいさつ,言葉を大切にする生徒
             ・感謝の心や奉仕の精神を大切にする生徒
                                          ・日常生活と行事をつなげ,自立的に成長する
               生徒
             ・自ら心身を鍛える生徒
                                          ・困難に立ち向かい,克服しようと努力する生
                                              徒
   
   ○とことん続ける生徒 ・何事にも前向きにとらえ挑戦する生徒
                                          ・けじめ,きりかえ,めりはりを大切にする生
                                              徒
                                          ・結果だけでなく,過程を大切にする生徒
                                          ・続けられる自分を好きになる生徒

  (2)めざす教職員像
           キーワード:《自信と誇り・情熱と愛情・人間力》

   ○自信と誇りと使命感に燃える教職員
      ○教育の専門家[教えるプロ]としての確かな力量のある教職員
             ・学習指導の力
        ・子どもをより深く理解する力
      ○教職に対する強い情熱のある教職員
     ・教職員としての誇り
     ・子どもに対する愛情
        ・常に学び続ける向上心
     ○総合的な人間力のある教職員
     ・豊かな人間性や社会性
     ・人間関係調整能力・コミュニケーション能力
   ○保護者・地域の期待と信頼に応える教職員

  (3)めざす学校像
           ○一人一人が輝く学校
   ○生徒と教職員が共に学ぶ学校
   ○開かれた学校

 

     

 
2 本年度の目標と方策
 (1) 安全・安心な活力ある学校づくりの推進
  ① 心の教育の推進と教育相談体制の確立を図る。
        ・人権教育,特別支援教育,道徳教育を核にした自分や他人を大切に 
   する教育の推進
        ・適切なチーム編成による生徒支援及び教育相談の充実       
   ・保護者と連携した不登校生徒への支援
  ② 生徒相互,教職員と生徒の信頼関係の確立と体験活動の充実を図
   る。
        ・子どもの良さを認め,積極的な生徒指導の推進(厳しさと温かさ,
   気にかけ・声かけ・手間をかける),全員での統一した指導
        ・体験活動等の充実
        ・生徒会活動の充実
  ③ 学校安全対策と危機管理体制の充実を図る。
        ・地震発生時における危機管理マニュアルの改善と機能の充実
        ・保護者や地域からの相談や苦情等への対応(初期対応の重要性)
        ・安全指導の徹底と事故防止

    (2) 確かな学力の向上 
  ① 子どもにとって「わかった」「できた」という学ぶ喜びと達成感を
   味わうことができる授業を構築・推進する。
       ・校内研究体制の確立と研修の充実
  ・対話的・主体的で深い学びの指導方法の研鑽
       ・個に応じた指導の充実を図るため,少人数指導・ティームティーチ
   ングなど指導方法・指導形態等の積極的な改善
  ② 評価基準を明確にし,指導と評価の一体化と工夫・改善を図る。
        ・評価の観点の明確化,生徒や保護者から信頼される評価の実施と説
    明責任
  ③ 教育計画の整備・充実を図り,計画的な指導を展開する。
        ・教育課程完全実施へ向けた授業の充実
  ④ 家庭との連携による生活・学習習慣の育成を図る。
        ・「家庭学習の手引き」等を活用し家庭学習・生活習慣の確立

    (3) 豊かな心と健やかな体の育成 
  ① 明るいあいさつを交わす雰囲気づくりに努める。
        ・言語環境を整え,生徒相互,教職員と生徒の心の交流を深める等
  ② 基本的生活習慣の確立に努める。
        ・時間を守る,あいさつをする,掃除をする等
  ③ 教育相談の充実を図り,生徒一人一人の課題に応える。
       ・定期的な相談活動の実施と教育相談の内容・方法の工夫等
  ・いじめの根絶と不登校生徒への支援   
  ④ 学校行事への真剣な取組と活性化を図る。
        ・トライングワンセルフ,文化祭,生徒会活動等の充実
  ⑤ 食育指導の取組を推進する。
 
   (4) 組織的・機能的な学校運営及び意識改革の推進
  ① 「報告・連絡・相談・記録」の徹底を図る。
        ・迅速かつ的確な対応及び情報交換と共有化等「内にも開いた学校づ
   くり」
  ② 学校評価システムの確立を図る。
        ・評価結果の考察と改善策の検討,評価結果を生かした教育活動の推
   進
  ③ 教職員の資質の向上を図る。(学び続ける教師)
        ・教育法規等の理解,諸改革の趣旨や意義の周知,啓発資料の配付等
  ④ 服務の厳正を徹底する。
        ・研修の充実
 
   (5) 信頼される学校づくり,開かれた学校づくりの推進
  ① 学校を公開する機会を大切にする。
        ・参観日,文化祭の行事等
  ② 保護者,地域との信頼関係の確立を図り,「地域に応援される学
    校」「地域を元気にする学校」をめざした活動を推進する。
        ・学級だより等による広報活動や懇談会等による積極的な情報発信
  ③ 地域の産業に根ざしたキャリア教育を推進する。
  ④ 小中連携教育(チェーンスクール)を推進する。
        ・中1ギャップ解消のための様々な交流活動の推進と連携

 

 

平成31年度学校経営構想図

  
  

 

生徒数・学級数・主な年間行事

生徒数・学級数(平成31年4月1日現在)   
  学年  1年  2年  3年   計
   女   28   13   22   63
   男   17   24   22   63
   計   45   37   44  126
 学級 2 2 2 6(2)
              *( )内の数は特別支援学級数   
主な年間行事
  
主要行事
 
1学期
着任式,始業式,入学式,対面式,交通安全教室,健康診断,家庭訪問,スポーツテスト,PTA総会,授業参観,部活参観,トライングワンセルフ,2年生修学旅行,人権学習講演会,1年生宿泊学習,校内陸上大会,家庭人権問題学習週間,市総体,期末テスト,携帯電話安全教室,水泳教室,薬物乱用防止教室,人権問題意見発表会,三者面談,終業式,市陸上競技大会
 
2学期
始業式,防災・避難訓練,川中祭,防犯弁論大会,市新人大会,授業参観,生徒会役員改選,高校進学説明会,中間テスト,3年生遠足,進路相談,合唱コンクール,市音楽会,市駅伝大会,市中学校人権教育大会,人権学習講演会,家庭人権問題学習週間,期末テスト,終業式,三者面談 
 
3学期
始業式,公立高校特色選抜,卒業テスト,学年末テスト,公立高校一般選抜,卒業式,修了式,離任式 
 

校歌

作詞  三木  就
作曲  近藤 良三

1 水清き 吉野のほとり
  燃ゆる血潮を たぎらす我等
  至誠の道を 求めつつ
  ゆるぐことなき 平和の基
  ともに築かん 川島中学

2 名も薫る 川島城趾
  忌部の偉業 受け継ぐ我等
  真理の光 求めつつ
  生命こもれる 文化の華を
  ともに咲かさん 川島中学

3 誇りある 校舎燦たり
  躍る希望に 燃え立つ我等
  自由の世界 求めつつ
  伸びやかに 若き世代を
  ともに創造らん 川島中学
 

沿革

  昭40.  4.  1 徳島県麻植郡川島町川島東中学校と徳島県麻植郡川島町川島西中学校を
             統合し,徳島県麻植郡川島町川島中学校として発足
  昭40.  4.  8 川島中学校東校舎と川島中学校西校舎に分かれて授業開始
  昭42.  4.  8 実質統合により新校舎で授業開始
  昭42.  5.30 昭和42年度道徳教育研究校として文部省より指定を受ける
  昭43.  3.18 第四期工事竣工(体育館1,007㎡)
  昭43.  5.13 庭園完成
  昭43.  5.15 川島中学校新築落成式挙行
  昭43.11.  6 文部省指定の道徳教育研究発表会を開く(研究主題:自立化をめざす
             道徳教育-基本的行動様式の育成を中心として-)
  昭44.  3.10 野球バックネット,および蹴球用防球ネット竣工
  昭44.  9.  5 プール竣工
  昭46.  3.17 洋式庭園完成
  昭46.  6.20 武道館完成
  昭51.  4.  8 県教委より同和教育学習会のあり方の指定を受ける
  昭52.  1.18 同上研究(同和対象地区の学習会を育てる父母の会の歩み)が康楽会賞を受ける
  昭52.  4.  7 昭和52,53年度中学生徒指導研究推進校の指定を文部省より受ける
  昭52.  5.  9  昭和52年度愛鳥モデル校に徳島県より指定される
  昭53.10.16 文部省指定生徒指導研究発表会(研究主題~誠実でやる気を高める生徒指導)
  昭56.12.  5 県教委より技術クラブ藍青賞を受ける
  昭57.  7.  5 体育倉庫の改築
  昭57.11.19 本校PTA,日本PTA全国協議会より全国表彰
  昭58.  3.  5 生徒会,県花いっぱいコンクール優良賞を受ける
  昭58.  4.  1 昭和58年度交通安全教育モデル校に県知事より指定される
  昭58.11.20  サーキットトレーニング施設設置,町教委指定体力づくり研究発表
  昭59.  4.  2 徳島県知事より交通安全教育指定を受ける
  昭59.11.21 全国花いっぱい運動コンクール地方優良賞を受ける
  昭59.11.25 人づくり研究発表会,20周年記念式挙行
  昭59.12.  1 昭和59年度第6回藍青賞(総合的学習活動)を受ける
  昭60.  1.21 全県花いっぱい運動コンクール奨励賞を受ける
  昭60.  6.22 昭和60,61年度道徳教育研究指定を県教育会より受ける
  昭61.  6.  8 日本赤十字社より「銀色の有功章」を受ける
  昭61.  6.14 第30回県中学校教育研究大会で発表「豊かな人間性の育成をはかる
                     中学校教育の創造」
  昭61.11.13 県中学校教育研究大会道徳部会場及び県教育会指定道徳教育研究発表
           「豊かな心を育て自ら実践する力を養う人づくり」
  昭62.  4.  1 昭和62,63年度小中高・家庭地域連携推進校指定を県教委より受ける
  昭62.  7.15 昭和62,63年度同和教育研究校として文部省,県教委より指定を受ける
  昭63.11.10 文部省指定(昭和62,63年度)同和教育研究発表会
  平 1.  5.21 「環境緑化」県知事より感謝状を受ける
  平 2.11.16 更衣室・部室・体育倉庫新築
  平 3.  3.16 北中庭改修工事26回卒業生一同寄贈
  平 3.  4.  1 文部省教育課程研究指定
  平 4.  3.  2 読書感想画全国優秀賞受賞
  平15. 8.29 国の構造改革特区「ふれあい教育特区」に認定
  平15.10.28 川島中学校校舎改築事業計画競技(コンペ)開催
  平16.10.  1 吉野川市立川島中学校(置市記念日)
  平17.  7.23 川島中学校改築工事起工式
  平18.  9.  1 新校舎で授業開始
  平18.12.27 運動場拡張工事完成
  平19.  1.14 校舎落成式
  平21.  3.20 体育館落成式
  平23.  4.  1  平成23年度新学習指導要領の趣旨を踏まえた学力向上等の方策に関す
       る調査研究推進校の指定を文科省より受ける
  平24.12.27 日本学生科学賞徳島県最優秀賞受賞
  平24. 7. 9  青少年育成徳島県民会議「はばたき賞」受賞